駅名末尾のアイコンは、訪問記のカテゴリー等の収納場所を表していて、以下のようになっています。
また特集記事の一部など、1駅1ページでない場合もあります。

  • 無印: 当カテゴリー「古く美しき駅舎」内
  • 他カテゴリー : 他カテゴリー内。写真はあるが駅舎に関する内容は少なめ。
  • blog記事 : 姉妹ブログ「ある日、旅の空で…」内。当URL外。

北海道

抜海駅 (JR北海道・宗谷本線) 日本最北の木造駅舎にして無人駅。
塩狩駅 (JR北海道・宗谷本線) 山間の塩狩峠付近にある駅。
名寄駅 (JR北海道・宗谷本線) かつては4方向から路線が交わった木造駅舎はドーマーを戴く。
新旭川駅 (JR北海道・石北本線etc) 宗谷本線との分岐駅。駅舎は半分の大きさに改修されたが、それでも大柄。
茶内駅 (JR北海道・根室本線) 一面緑色に塗られるなど改修されているが、大切にされている。
東釧路駅 (JR北海道・釧網本線 他) 根室本線との分岐駅。ブロック積み駅舎。
幾寅駅 (JR北海道・根室本線) 高倉健主演「鉄道員(ぽっぽや)」の幌舞駅。木造駅舎はロケのため改修。
布部駅 (JR北海道・根室本線) ドラマ「北の国から」第1話に登場。改修されたがロケ当時の駅舎が残る。
美馬牛駅 (JR北海道・富良野線) 車寄せのリースが駅舎を可愛らしく見せる。
藤山駅 (JR北海道・留萌本線) 半分の大きさに減築された木造駅舎。乗降客1日1人以下で今後が心配。
江部乙駅 (JR北海道・函館本線) 縦長の窓が印象的。駅構内には3本の梨の木が植えられている。
母恋駅 (JR北海道・室蘭本線) 母の日の記念切符、母恋めしが名物。

東北地方

青森県

津軽新城駅 (JR東日本・奥羽本線) 大きく改修されているが駅開業の明治27年築の木造駅舎が残る。
上北町 (青い森鉄道) かつての上北町の玄関口だった木造駅舎。
諏訪ノ平駅 (青い森鉄道) 他カテゴリー かつては参拝で賑わっただろうやや大きめの木造駅舎。

秋田県

鶴形駅 (JR東日本・奥羽本線) 築堤の高さに合わせた高床式の木造駅舎。駅舎下の1階は駐輪場。

山形県

小国駅 (JR東日本・米坂線) 同線内の主要駅で有人駅。大柄の木造駅舎が残る。隣駅の玉川口駅は廃駅に。

福島県

末続駅 (JR東日本・常磐線) 他カテゴリー 1947年(昭和22年)開業の戦後築の木造駅舎。縦板張りが目を引く。
木戸駅(JR東日本・常磐線) 他カテゴリー 昭和11年築の木造駅舎。二つの池庭跡は必見!

関東地方

茨城県

木戸駅 (JR東日本・常磐線) 他カテゴリー 上下ホームにある池庭跡も印象的。

群馬県

国定駅 (JR東日本・両毛線) 改修されながらも趣きある雰囲気は保たれた木造駅舎。

神奈川県

根府川駅(JR東日本・東海道本線) 他カテゴリー 旧駅舎は関東大震災で崩落・水没。翌年1924年に建てられた木造駅舎が現役。

甲信越地方

新潟県

越後岩沢駅 (JR東日本・飯山線) 木造駅舎は飯山線最後のレトロ駅舎!?
三条駅 (JR東日本・信越本線) 黒い瓦が敷き詰められた大きな屋根が印象的。

長野県

西条駅 (JR東日本・篠ノ井線) 新築のようにリニューアルされたが、味わい深い造りを残す
北小谷駅 (JR東日本・大糸線) 駅舎に窪んで設置された出入り口が印象的なファサード。

北陸地方

石川県の駅舎

倶利伽羅駅
(IRいしかわ鉄道・あいの風とやま鉄道)
新築のように改修されているが、明治41年築の木造駅舎。

福井県の駅舎

牛ノ谷駅 (JR西日本・北陸本線) 大きく改修された木造駅舎が残る。県境駅独特の鄙びた雰囲気。

東海地方

愛知県

半田駅 (JR東海・武豊線) 他カテゴリー 軒の柱など古さを残す。レンガのランプ小屋やJR最古の跨線橋が有名。
牛久保駅 (JR東海・飯田線) 軍需工場工員の利用増のため戦中の1943年に改築された木造モルタル駅舎。

三重県

一身田駅 (JR東海・紀勢本線) 寺内町の玄関口。和風にリニューアルされている。
家城駅 (JR東海・名松線) 昭和10年築。味わいあるが正面の改修が惜しいような。
高茶屋駅 (JR東海・紀勢本線) 貨物ホーム跡は必見。
島ヶ原駅 (JR西日本・関西本線) 改装されてはいるが、前身の関西鉄道以来の木造駅舎が現役。
伊賀上野駅 (JR西日本・関西本線) 車寄せ辺りが改修され趣きは落ちたが、大きな瓦屋根が印象的。
柘植駅(JR西日本・関西本線 他) 草津線との分岐駅。昔のままの渋い車寄せと駅員が作った池庭に魅かれる。

関西地方

京都府

稲荷駅 (JR西日本・奈良線) 他カテゴリー 社殿風駅舎。明治時代のランプ小屋は最古の鉄道建築物と言われ準鉄道記念物。
桃山駅 (JR西日本・奈良線) 明治天皇の大喪列車が到着した駅。木造駅舎は昭和10年築

和歌山県

吉野口駅 (JR西日本・和歌山線) 縦板張りの木造駅舎。近鉄吉野線との乗換駅。
紀伊有田駅 (JR西日本・紀勢本線) 造り付け木製ベンチは木材で改修され昔さながら。
紀伊浦神駅 (JR西日本・紀勢本線) 木造モルタル駅舎。そこはかとなく古さをした待合室が趣き深い。

兵庫県

法華口駅 (北条鉄道) 大正築の鄙びた木造駅舎は改修されパン屋が入居。
長駅 (北条鉄道) 小さな木造駅舎。2015年11月に婚活サポートNPOが入居した。
太市駅 (JR西日本・姫新線) 3分の1は新築のように改修されたが、残りは木の質感溢れる不思議な雰囲気。

中国地方

岡山県

玉柏駅 (JR西日本・津山線) 駅務室部分が削られ半分の大きさに減築されたが、不思議と趣きは残る。
弓削駅 (JR西日本・津山線) 玉柏駅などと共に、同線の前身の中国鉄道らしさ感じる駅舎。改修されている。
誕生時駅 (JR西日本・津山線) 明治の開業時以来の木造駅舎だが、改修され新築同然に。
美作河井駅 (JR西日本・因美線) 窓口跡は古い昔の造りをよく留めている。構内片隅にターンテーブル跡。

広島県

備後安田駅 (JR西日本・福塩線) 窓口跡のカウンター、造り付けベンチなど待合室は木造駅舎らしさを残す。
東城駅 (JR西日本・芸備線) 旧東城町玄関口のやや大きめの木造駅舎。以西は1日3往復しかなく駅は静か。
備後落合駅(JR西日本・芸備線,木次線) 他カテゴリー 3方向から路線が交わる山間の要衝駅ながら寂れ、秘境駅の趣き。
尾関山駅 (JR西日本・三江線)他カテゴリー 待合室+α程度のコンパクトな木造駅舎。三次市街地の北端にある。

鳥取県

名和駅 (JR西日本・山陰本線) 斜面の狭い土地に建つ木造駅舎。内部には飲食店が入居していた。
安部駅 (若桜鉄道) 他カテゴリー 理髪店が入居して改修。それ以外の部分は古い木造駅舎らしい造りをよく残す。
丹比駅 (若桜鉄道) この駅にも理髪店が入居するが、待合室は原型をよく留め昔のままの雰囲気。

島根県

東松江駅 (JR西日本・山陰本線) 増築+改修の魔改造で原形を留めない木造駅舎。

山口県

通津駅 (JR西日本・山陽本線) 小さな木造駅舎。
神代駅 (JR西日本・山陽本線) 瀬戸内海近くにリニューアルされた木造駅舎が残る。
四辻駅 (JR西日本・山陽本線) 植栽が豊かな築堤上に建てられ、松も寄り添い庭園の中にあるような雰囲気。

四国地方

香川県

善通寺駅 (JR四国・土讃線) 明治22年(1889年)築。大きく改修されているが、車寄せは昔のままの造り。
塩入駅(JR四国・土讃線) 他カテゴリー 新建材で改修された木造駅舎。植木が整えられた池庭跡が目を引く。

高知県

坪尻駅 (JR四国・土讃線) JR四国としては珍しく大きく改修されていない木造駅舎。秘境駅として有名。

九州地方

福岡県

南久留米駅 (JR九州・久大本線) 半分の大きさに縮小・改修されたが、不思議と昔ながらの趣を十分に残す。
石原町駅 (JR九州・日田彦山線) 他カテゴリー 同線の採銅所駅と似たデザインだが、改修箇所が多い。池庭跡は必見!
銀水駅 (JR九州・鹿児島本線) 木造駅舎らしい外観が残る。
崎山駅 (平成筑豊鉄道・田川線)他カテゴリー 石炭輸送最盛期を偲ばす駅だが、無人化され駅舎は傷みが激しい。
善導寺駅 (JR九州・久大本線) 包丁で切ったかのようにスパッと半分化された痕跡を残す木造駅舎。

佐賀県

上有田駅 (JR九州・佐世保線) リニューアルされた木造駅舎。有田陶器市期間中は駅員がいて、特急が停まる。
三間坂駅(JR九州・佐世保線) 大正築の木造駅舎は改修され新築のように。2016年3月ダイヤ改正で無人駅に。
永尾駅 (JR九州・佐世保線) 出入り口が斜めの位置にされるなど改修されたが、趣は残る。
山本駅 (JR九州・唐津線、筑肥線)他カテゴリー 改修は控えめで趣ある雰囲気。かつては乗換え駅として賑わったという。
厳木駅 (JR九州・唐津線) 無人化後、転用され一部が大きく改修されているが木の質感豊か。
肥前浜駅 (JR九州・長崎本線) 改修され正面に車寄せが3つあるようなユニークな形状。

熊本県

一勝地駅 (JR九州・肥薩線) 駅務室は観光案内所になるなど改修されている。
坂本駅 (JR九州・肥薩線) 嘉例川駅などと似た肥薩線標準タイプの駅舎。かつては商工会が入居。
渡駅 (JR九州・肥薩線) 大きく改修され内部は商工会議所が利用。軒下隅に乗降客用の小さな待合所設置。

レトロ駅舎カテゴリー

現役レトロ駅舎格付け

旧駅舎(非現役駅舎)


  • 格付けは「古い」「古そう」という以外は厳密な基準無く主観的に選んでいます。
  • 格付けは現状をもとに決めています。なので、改修などで駅舎に変化があった場合、ウェブ上で写真を確認した上で、格付けを変更する場合があります。しかし訪問記は以前のままなので、内容と格付けがかみ合っていない場合もあります。
  • 各訪問記の形式が、紀行文的、写真+コメント、ほぼ写真だけだったりと、作者の気まぐれにより違っています。統一感が無く見苦しい点はあるかと思いますが、どうかご了承下さい。

last-updated on 2020/06/03