Homeへ

紀伊有田駅(JR西日本・紀勢本線、木造駅舎)

~簡易版~


紀伊有田駅の写真

紀伊有田駅、石積みが残るプラットホーム。

石積みの造りが残るプラットホーム。

紀伊有田駅、改修された木造駅舎。

紀伊有田駅駅舎。木造駅舎は大きく改修されたが、側面は古い木のまま。

紀伊有田駅、改修された待合室のベンチ。

 待合室内の木製造り付ベンチ。古いものの上に新しく木材を載せるという形に改修。

紀伊有田駅駅前

 駅は学校や集落から少し奥に入った所にある。駅舎のかたわらや駅前に植えられた桜の木々が、今度は春に来たいと私に思わせた。駅から7、8分歩くと海に出る。

紀伊有田駅を訪問して…

 改修されてはいるけど、一応木造駅舎という事で、大した期待もせずに下車してみた。しかしその期待をいい意味で裏切る古い味わいを残す駅舎だった。

 石積みのプラットホーム、僅かに古さを残す駅舎外観も興味深かったが、特に驚いたのが、待合室内の木製の造り付けベンチだった。このようなベンチが改修される場合、古いものは取り払い、新しいものに交換するというパターンが多いように思う。そういう場合、大抵、素材は新しいものになり、味わいはいま一つ…。

 しかしこの駅では、古いベンチの構造を残し、その上に新しい木材を載せるというとてもユニークな改修方法が採られている。しかも、新しい方は古いものと比べても違和感の無い造りになっている。ザラザラとし、真新しさを感じさる木材の白々しさが眩しく私の目に映った。

 この木製ベンチがこれから何人もの駅利用客に座られ、年月を経て、どれだけいい味を醸し出すようになるのだろう…、それを見にまたいつか、この駅に訪れたいと思う。


[2013年1月訪問]

紀伊有田駅・基本情報+

鉄道会社・路線:
JR西日本・紀勢本線
駅所在地:
和歌山県東牟婁郡串本町有田
駅開業年:
1940年(昭和15年)8月8日※開業以来の駅舎。
駅営業形態:
無人駅。