崎山駅の枯池 (平成筑豊鉄道・田川線)



石炭輸送で賑わった駅の…

 九州旅行三日目、平成筑豊鉄道の旅を楽しんでいた。

 田川線の崎山駅に古そうな木造駅舎が残っているので降りてみると、2番ホームの駅名標裏手に枯池があるのを発見した。

平成筑豊鉄道・田川線、崎山駅プラットホーム、駅名標と池庭跡

 木々や花の緑がぼうぼうと盛んに茂る中に、埋もれるように存在している。

平成筑豊鉄道・崎山駅プラットホーム、中の島や橋がある枯れた池庭

 でも橋が架かった中の島があり、島の上には花のような形をしたコンクリートのオブジェまである。たぶんこの花は注水設備で、かつては花びらからこぼれる様に、池に水が注がれていたのだろう。

 今でこそ、緑に埋もれ廃れた様を晒されているが、背後には桜の木があり、松も植えられ、花がきれいで緑豊かな庭園だったに違いない。いまでは僅かに咲くユリが、かつての名残りをかろうじて留めていた…。

[2015年(平成27年) 6月訪問] (福岡県京都郡みやこ町)

崎山駅訪問ノート

平成筑豊鉄道・田川線・崎山駅、傷みが目立つ木造駅舎

 ボロくて衝撃の駅舎だった。駅舎を正面から見ると待合室部分が歪んでいて、右下1階の業務用スペース室内は蔦に侵食されたかのようだった。ガラス窓はあちこちで割れていた。

 駅の開業は戦後の1954年(昭和29年)4月20日、信号所としての開業。2年後の1956年(昭和31年)8月11日、旅客駅に昇格となった。それを思うと、駅舎の右側の駅事務室部分と、左側の待合室部分の感じがちょっと違うのは、もしかしたら、旅客開業が決まった時に待合室部分を増築したからなのかもしれない。そしてそれゆえ、待合室部分だけがゆがんできているのかもしれない…

 プラットホームは列車交換が可能な1面1線で、駅舎の部分を境に千鳥式…互い違いに配置されている。それぞれの番線のレールはプラットホームの倍以上とかなり長い。かつて筑豊地区が、石炭で活気付き、きめ細かに敷かれた路線が石炭輸送で賑わっていた時代が偲ばれた。

(※崎山駅については姉妹ブログの記事
肥前長野駅、日本一のボロ駅舎の称号を返上。そして新たな日本一は・・・
もどうぞご覧下さい。)


~◆レトロ駅舎カテゴリー: 一つ星 JR・旧国鉄の一つ星駅舎