タグ: 駅・桜旅(1) 駅と駅舎の旅写真館

桜の花びら舞い散る駅。そんな駅が全国あちこちにある日本という幸せ
日本全国、列車で駅をめぐる旅をしていると、特に地方や田舎のローカル線の駅では、桜が植えられている駅が本当に多くあるものと思う。桜が咲き乱れる駅の風景は、まさに日本の春の美しさそのもの。


桃山駅 (JR西日本・奈良線)~明治天皇の大喪列車を受け入れた由緒ある駅の今~

JR奈良線・桃山駅、改修された木造駅舎に古い上屋が風格を添える。

京都駅からJR奈良線の普通列車に乗った。車内は地元民よりも、色々な国の人が目立ち混み合っていた。外国人観光客が急増する京都を象徴するような風景に身を置き列車に揺られた。伏見稲荷の最寄りの稲荷駅で大量の観光客が下車すると、二駅で桃山駅だ…

因原駅 (JR西日本・三江線)~桜咲く荒れた廃止ホーム~

JR西日本三江線・因原駅、木造駅舎には運送会社が入居

三江線の石見川本駅からバスに10分ほど乗り、因原インフォメーションセンターというバス停で降りた。「道の駅インフォメーションセンターかわもと」の最寄バス停で、道の駅でおみやげをいくつか買うと、因原駅を探しに裏手に歩いた…

列車でゆく桜満開の山陰路~駅・桜旅2007~

JR山陰本線・御来屋駅、山陰最古の駅舎と桜の老木

桜満開の山陰路、ローカル線の列車に揺られきままに下車し、咲き誇る桜を愉しむ旅。JR西日本、山陰本線~三江線~山口線へ。山陰最古の駅舎と桜の老木、駅舎と共に列車が再びやってくるの待つ桜、打ち棄てられたホーム跡を華やかに彩る桜…

桜前線は北へ・・・、東北路をゆく~駅・桜旅2006~

JR花輪線・小屋の畑駅、列車のライトに照らし出された夜桜

えちぜん鉄道の駅に咲く桜を堪能して、一ヵ月後、桜前線は北へ駆け抜け、東北に春の訪れを伝えていた。
古ぼけて寂れた待合室を覆わんばかりの見事な八重桜は今まさに花盛り…

飯田線南部、桜駅めぐり(2)~桜で彩られる日常の風景~

JR飯田線・小坂井駅、夕陽に彩られる桜とプラットホーム

茶臼山駅の駅舎は味気無い簡易駅舎に建て替えられてしまった。しかし桜は相変わらず枝いっぱいの花を咲かせている…

飯田線南部、桜駅めぐり(1)~奥三河の無人駅で愛でるように桜を愉しむ旅~

JR飯田線・長篠城駅、桜越しに眺めた駅構内

城西駅で列車から降りるとまず桜の木に目が引き付けられた。咲き誇る桜は、まさに天に向かって伸びているかのようだ…

駅・桜旅2006 (1)~4月、えちぜん鉄道へ~

えちぜん鉄道・三国線、鷲塚針原駅、桜と走り去る列車

長い冬から解き放たれ、今年も、春の使者が駅を訪れた…(勝山永平寺線・永平寺口駅)

太多線・下切駅~ありし日の春の風景を想う…~

岐阜県可児市、太多線・下切駅(JR東海)。プラットホーム沿いの桜並木で知られた駅だが…

岐阜県の多治見駅と美濃太田駅を結ぶ太多線の駅の一つ、下切駅で下車した。単線上に一面のホームがあるだけの無人駅と、典型的なローカル線の駅だ。この駅は、ホーム沿いに何本も桜が植えられている事で、この地域の鉄道ファンにはちょっとは知られた存在だ…

谷汲口駅 (樽見鉄道)~春は桜の園となる桜の名駅~

岐阜県揖斐川町、樽見鉄道、桜咲く谷汲口駅

樽見鉄道の沿線には、東海地方でも有数の桜の名所が2つあり、まさに桜ラインと呼べるようなローカル線だ。1つが終点・樽見駅下車の樹齢1400年の薄墨桜だ。薄墨桜の開花時期は約10万人以上の乗客、収入の約15%をもたらす大きな収入源だ。「桜ダイヤ」と称される特別ダイヤが組まれ…

野田城駅(JR東海・飯田線)~古びた木造駅舎と桜並木が美しい駅~

JR東海・飯田線・野田城駅、昭和7年築の木造駅舎が現役

4月、飯田線の本長篠方面の列車に乗り、野田城駅に停車した。上りホームに何本もの桜の木が寄り添うように並び、満開でピンクの花をぎっしりと咲かせている。一瞬で車窓は桜色に染められ、桜の園に停車したような気分だ。その美しさに車内のあちこちから感嘆の声が漏れた…


Go to my SNS!
Instagram IconTwitter Icon