タグ: 羽越本線(1) 駅と駅舎の旅写真館

JR東日本・羽越本線の印象的な駅をめぐる鉄道の旅。
新潟の新津駅から秋田駅を結び、貨物支線を含めると総距離274.4kmの路線。全61駅。多くの区間で車窓から日本海の眺めを堪能できるローカル線。興味深い駅があるが、中でも山形県の女鹿駅は、一日の列車本数僅かで、海に近いが林に閉ざされ秘境駅ムード溢れおススメの駅だ。


女鹿駅(JR東日本・羽越本線~秘境駅に埋もれる池のある庭園跡~

羽越本線の秘境駅、女鹿駅構内に埋もれる枯池

5月の連休明け、女鹿駅への再訪を果たした。一日の列車本数が僅か1ケタという少なさで、朝の9時、下り列車は午後まで待たなければいけなかった。仕方なく、隣の吹浦駅から歩くしかなかった。小雨降る中、日本海を眺めつつとぼとぼ歩き続けた…

女鹿駅~たった数秒、視界を掠めた秘境駅を訪ね…~

山形県遊佐町、夜の闇に包まれ秘境駅ムード溢れる女鹿駅

青森発大阪行きの特急白鳥に乗車し、車窓に広がる日本海と雪景色を眺めている時だった。雪深い林の中を走っていると、突然「女」「鹿」という黒い文字が目の中に飛び込んで来た。ハッとして振り向くと、その文字が書かれた小さくて粗末な建物とプラットホームが後方に飛び去っていく様が見えた…