タグ: 中央本線 (1)

印象的な中央本線の駅をめぐる鉄道の旅。
東京駅から内陸部を通り、塩尻駅を経由し名古屋駅に至る路線で、総距離約425km、112の駅がある。塩尻以東は中央東線、以西は中央西線とも呼ばれる。二つの大都市圏の路線という色彩もあるが、南信州や木曽路といった山間部は自然豊かなのどなか雰囲気で、古い木造駅舎も残る。



定光寺駅 (JR東海・中央本線)~崖っぷちの秘境駅~

JR東海、名古屋に近い秘境駅、中央本線定光寺駅と庄内川の渓流

幼い頃の定光寺駅の印象は、私の記憶の中にいまだに焼き付いている。20年以上前のまだ昭和だったある日、小学校の遠足で定光寺に来た。崖にへばりついたような所に駅があり、列車から下車した時、下りホームに降り立ち異様に狭いホームを歩かされ..

古虎渓駅(JR東海・中央本線)~通勤路線、名古屋近郊の秘境駅!?~

JR東海・中央本線(中央西線)、名古屋近郊の秘境駅・古虎渓駅

中央本線(中央西線)の名古屋口の沿線は、近年、名古屋のベットタウンとして発展し、多治見以遠、太多線各駅からの利用者も増加した。だが、愛知県と岐阜県の県境をまたぐ高蔵寺-多治見間は、そんな発展とは無縁な山間の自然豊かな風景が続く…

LINEで送る
Pocket