タグ: 予讃線 (1)

JR四国・予讃線の駅をめぐる鉄道の旅。
高松駅から松山駅を経て宇和島駅までを結ぶ総距離327kmの路線で、全95駅。有名な駅は、プラットホームから瀬戸内海を一望のもとにできる愛媛県の下灘駅。青春18きっぷのポスターに3度も登場。予讃線に古く趣きある駅舎は残念ながら…。しかし、ちょくちょくと面白い駅舎があり、興味が尽きない路線。



予讃線・下灘駅の荒れた日本庭園跡

JR四国・予讃線・下灘駅、駅舎横にひっそり残る池庭跡

青春18きっぷのポスターやプラットホームから瀬戸内海を望める事で有名なJR予讃線、愛媛県の下灘駅を訪れ、駅構内や周辺を歩いていると、駅舎の横に荒れ果てた庭園の跡を発見した。この庭園の遺構、よく見ると池もあったようだ…

予讃線・堀江駅の池庭跡~列車もう来るけど、反対ホームまでダッシュで見に行く~

JR四国・予讃線・堀江駅。貨車の廃車体を使いまわした簡易駅舎。

かつての国鉄・仁堀連絡船を偲ぶように、呉線の安芸阿賀駅からか阿賀港まで歩き、呉・松山フェリーに乗り、夕暮れの瀬戸内海を渡り堀江港に到着した。港から5分歩くとJR四国・予讃線の堀江駅だ…

伊予和気駅 (JR四国・予讃線)~あの名駅舎のそっくりさん駅舎!?~

JR四国予讃線・伊予和気駅、平成築の新しい洋風駅舎

伊予鉄道のある駅でタクシーを拾った。ひと丘超え、暫くすると狭い道の中に入った。意外とこじんまりとした所のようだ。そして、タクシーは目的地のJR四国予讃線・伊予和気駅に着いた。私は駅舎を見て 「おお、確かに似ている…」と思わず口から出てきた…

予讃線・下灘駅~瀬戸内海を見渡す駅…栄枯盛衰の残り香~

青春18きっぷの販売時期になると、JRの駅に宣伝ポスターが掲示されたり、パンフレット置かれたりする。鉄道で旅する若者や、日本の美しい自然風景の中を列車が走るシーンが多いが、これがひとり旅や列車に揺られのんびり旅をしたいと思わせ写真ばかりだ。そんな風景に添えられるキャッチコピーもムードを一層高める…

伊予鉄道郡中線・郡中港駅とJR予讃線・伊予市駅

味わい深い木造駅舎が残る松前駅でふらり降りてみるなど、伊予鉄道郡中線の初乗りを楽しみ、終点の郡中港駅に到着した。小さな駅舎を持つ有人駅だ。街中にあるが、これが国鉄の駅なら…