白河駅 (JR東日本・東北本線)~大正の洋風駅舎など歴史と風格漂う駅…~



随所に味わい溢れる駅

JR白河駅プラットホームから見える小峰城
白河駅で降り立つと、駅北側にある小峰城が出迎えてくれた。
JR白河駅、ホームから見た駅舎の眺め
そして南に振り向くと、風格ある洋風駅舎がどっしりと構えている。
東北本線・白河駅、駅舎とホームを結ぶ通路から眺めた庭園
築堤上のホームから下り通路を進むと、庭園のような空間があった。改札への木の上屋はまるで中庭の回廊のように優雅だ。
JR東北本線・白河駅、駅舎ホーム側の改札口
ぐるりと回り込むように曲がると改札口だ。ゆとりある空間の取り方が昔の駅さながら。
JR東日本東北本線・白河駅、大正築の洋風駅舎
東北本線・白河駅。大正ロマン薫る洒落た洋風木造駅舎が現役。
JR東北本線・白河駅、歴史と味わい感じさせる洋風駅舎
駅舎正面の細かな装飾、そして軒を支える柱…気品と味わい溢れる佇まいだ。
JR白河駅の駅舎内カフェ、木枠の窓の側のテーブル
待合室だった所は飲食店に。使い込まれ古びた木の窓枠横で回廊が眺められるテーブルが私には特等席。
東北本線・白河駅の木造駅舎、内部の出札口や改札口
白河市の主要駅で、出札口や待合室は現代に合わせて改修。だけど明かり取りの窓は木枠のまま。
JR白河駅、プラットホームの長い木造上屋
ホームは島式の一本のみ。木造の上屋が長く伸びている風景は、どこかノスタルジックでこの駅の歴史感じさせる。

白河駅訪問ノート

 JR白河駅は1887年(明治20年)、東北本線の前身、日本鉄道時代の開業。開業当時は120mほど北に位置していたという。現在の洋風木造駅舎は2代目駅舎で1921年(大正10年)の築。

 東北本線の主要駅ではあるが、街の玄関口の座は東北新幹線の新白河駅に譲った感。そのためか、町の中心部にはあるが、駅はひっそりとしている。日中、列車は1時間に上下各1本しかない。瀟洒さ漂う立派な駅舎を構えながら、どこかゆったりとした空気が流れている駅だ。いや、そんな駅舎がそう思わせているのかもしれない…。今では大御所として鎮座しているかのような雰囲気だ。

[2013年(平成25年) 10月訪問](福島県白河市)

レトロ駅舎カテゴリー: 三つ星 JR・旧国鉄の三つ星駅舎

追記: 白河駅舎が登場したダイハツの車のCMが話題に

 2020年11月から放送されているダイハツ工業の軽乗用車「ムーヴ キャンバス」のCMに白河駅が登場して話題だ。白河駅が登場するのが「COLORING LIFE 駅」篇。とある郊外の駅という設定で登場した白河駅を背景に、女子学生が家路につく場面を切り取った作品。歌手・藤原さくらがカバーした名曲「君は天然色」、そして大正ロマン溢れる駅舎が、ありふれた学生の日常を彩り、どこかほっこりさせされる。

 2021年3月現在、動画は残念ながらダイハツ工業のウェブサイトやYouTube公式チャンネルからは削除されてしまったよう…


Go to my SNS!
Instagram IconTwitter Icon