青笹駅 (JR東日本・釜石線)~レンガ造りの小さな駅舎~



童話に出てきそうな小さな駅舎

岩手県遠野市にある釜石線・青笹駅、古いレンガ造りの簡易駅舎

 レンガ積みに平屋根を載せているのが特徴の釜石線・青笹駅駅舎。無人駅で、駅舎と言うよりは待合室ではあるが、単純な造りがかえって面白い。しかし屋根は大きく、待合室はまるで大きな翼の下で護られているかのような雰囲気だ。

JR東日本・釜石線・青笹駅、大きな屋根に守られたレンガ造りの駅舎
JR釜石線・青笹駅、古いレンガの質感が印象的な駅舎

 シンプルだが、駅舎はレンガ造りで、日本の駅舎としてはかなり珍しい部類だ。古びたレンガの質感を見るにつけ、この駅の年月が伝わってくる。そして、そこに掛けられた木の駅名看板やホーローのレトロな駅名看板が、味わい深さを更に引き立てている。古いのだろうが、建築年を知る際に参考となる建物財産表は見つけられなかった。

JR東日本・釜石線・青笹駅、レンガの駅舎は待合室のみの機能

 天井に木の板張りが古さを窺わす。無人駅で、待合室のみの造りで、窓口跡など他の設備の痕跡は無い。 この背後に自転車置場がある以外、これと言った設備は無くトイレさえも無かった。メンテナンスや掃除はしっかりされているようで奇麗だ。

JR青笹駅・釜石線デザインのゴミ箱

 片隅に置かれていたゴミ箱は、釜石線仕様のお洒落なデザインだった。

 青笹駅のプラットホームは、道路一本隔てたやや離れた所にある。かなり変った駅構造だ。一見、待合室すらない棒線駅に見間違えてしまうかもしれない。駅舎とホーム…、両者は関係があるような無いような微妙な距離感が面白い。

JR青笹駅、エスペラント語の愛称が入った釜石線仕様の駅名標

 青笹駅のエスペラント語の愛称は「カパーオ(kapap)」。「河童」という意味で、この地域の河童伝説から取っている。

 釜石線は前身の岩手軽便鉄道が、宮沢賢治作「銀河鉄道の夜」のモデルになったと言われている。作中でエスペラント語の単語が使われた事に因み、釜石線各駅にはエスペラント語の愛称が付けられている。それを掲示したメルヘンチックな駅名標も設置されている。

JR釜石線・青笹駅、ホームに入線したキハ100系気動車4両の普通列車

 去り際、ホームから駅舎を見渡した。小さなレンガの駅舎は、童話にでてきそうなかわいらしさで、まさに銀河鉄道の夜にぴったりなのかもしれない…。

 釜石行きの列車が到着した。ローカル線にしては4両という長く堂々たる編成だった。

 周囲は田園地帯で、空は気持ちいいまでに晴れ渡り青空が広がっていた。駅には終始、のんびりとした時間が漂っていた。

[2006年(平成18年) 8月訪問](岩手県遠野市)

~◆レトロ駅舎カテゴリー: 二つ星 JR・旧国鉄の二つ星駅舎

=[Ad] 書籍=
被災鉄道 復興への道
=====
LINEで送る
Pocket