嘉例川駅(JR九州・肥薩線)〜百年の木造駅舎への旅〜


夜明け前の嘉例川駅へ…

夜明け前の嘉例川駅

1番列車に乗り夜明け前の嘉例川駅に到着。
 

 隼人駅から6時5分発の肥薩線1番列車に乗った。冬の2月、空はまだ少しも白む気配は無く、2両の気動車は冬の長い夜の中を駆けている。乗客は私を含めてもたったの数名だ。
 6時25分、定刻に嘉例川駅に到着した。まだ真っ暗だ。柱に取り付けられた笠付きの電球が、木々でできた建物を温かに照らし、闇夜の中に駅を浮かび上がらせる。100年の木造駅舎に降り立ったという実感を強くする。そして、しっとりとした雨の空気感の中、家畜の臭いが漂っていた。近所で、酪農を営んでいる所があるのだろう。
 木の改札口を通り抜け、駅舎の中に入った。駅は無人化されたが、出札口や手小荷物受付用の低い窓口は木製のままで、大きく改装された様子は見受けられず、良く原型を留めていると思われる。待合所には2脚の古びた木製ベンチが置かれいる。天井や窓枠も木製で、まさに使い込まれた木でできた空間が心地よい。古いが、ボロくて廃れている雰囲気は無く、古いものが宿す独特の味わいが心地良い。この駅舎が大切に使われている事を感じる。
嘉例川駅の待合所と窓口跡

駅窓口跡と古いベンチが残る待合所。天井は結構高い。
 
肥薩線、嘉例川駅の木造駅舎。前景。

嘉例川駅駅舎。100年を経た古い木造駅舎が現役。

 

嘉例川駅、駅舎車寄せ付近

駅舎出入口。左側に嘉例川駅開業百周年記念碑が立つ。
 
 そして、夜は明けた。外に出て空を見上げると、どんよりとした曇り空で、今にも雨が降り出しそうだ。
 夜が明けた所で、改めて駅舎を見てみる。1903(明治36)年築の駅開業当初からの駅舎で、同じ肥薩線内の大隈横川駅と並んで、鹿児島県内で最も古い駅舎だ。平屋だが、丈は高く大柄に見える。その割りに窓は大きくなく、板張りの部分が多くを占め、車寄せ付近に巡らされされた庇が小さく見えてしまい、武骨な印象を強くする。どこか、倉庫っぽい雰囲気がある。強い個性がある訳ではなく、凝った造形が散りばめられている訳でもない。昔ながらのありふれた木造駅舎だ。だが、今となってはそれが素晴らしい。100年も雨風に耐え続け、なお現役の駅舎は、強烈ではないが、そこに居る程、しみじみとした木の渋みが伝わってくる。駅は緑豊かな集落の中にあり、町の喧騒は程遠く、まるでここだけのんびりとした時間が流れているようで、駅での滞在を一層心地よくする。
 肥薩線は元は本線で、メインルートから外れた鄙びたローカル線というイメージがあり、嘉例川駅もそんな路線にある一ローカル駅に過ぎなかった。だが、九州新幹線の新八代−鹿児島中央間開通に際し、肥薩線は観光路線として着目されるようになり、築100年の趣き深い駅舎の嘉例川駅も、観光スポットの一つとして掘り起こされようとしている。鹿児島中央駅で九州新幹線「つばめ」に接続する、観光特急「はやとの風」が新設され、その停車駅に、何と乗降客が少ない無人駅の嘉例川駅が抜擢されたのだった。用務や駅を基点にした観光目的ではなく、駅舎見学のための停車で、約5分の停車が取られている。5分は短過ぎに思えるが、古くてありふれた木造駅舎に注目が集まり、文化財として価値が見直されるなら、駅舎ファンの私としてはとても嬉しい。
 また、地元の人々に愛されている事が嘉例川駅の魅力を更に深めている。地元の人々は清掃や草刈をボランティアで行っているという。開業百周年には、地元の人々の主催で記念イベントが開催され大変賑わい、駅前には記念碑も建てらた。駅舎内の使い込まれた木の窓口跡には、誰の手によるかは知らないが、綺麗な花が生けられていた。静寂としたこの駅が、まるでこの駅を愛する人々の温もりで包まれている…、そんな事を感じさせてくれる花だった。

[2004年2月訪問](鹿児島県隼人町。※訪問時。現在は鹿児島県霧島市。)

⇒第三回目
登録有形文化財登録後の嘉例川駅訪問記
駅舎細部の造形などより詳しく紹介
(※第2回目のものは未作成です。)

嘉例川駅、駅舎とホーム側

ホーム側から嘉例川駅駅舎を見る。堂々とした佇まいだ。
  
嘉例川駅窓口跡に置かれた生花

無人駅となった嘉例川駅出札口跡に飾られた
地元の人の心づくしの花。古き駅にやすらぎを与える。
  

嘉例川駅基本情報

鉄道会社と路線名:JR九州、肥薩線
所在地:鹿児島県隼人町嘉例川(※訪問時)。現在は霧島市隼人町嘉例川2176
駅開業年:1903年(明治36年)1月15日
駅舎建築年:1903年。※開業以来の駅舎。
駅営業形態:無人駅。※駅業務を行わない名誉駅長がいる事も。
駅舎正面およその方角:
その他:肥薩線は鹿児島本線全通までの1927(昭和2)年10月16日までは鹿児島本線の一部だった。

web拍手 by FC2