タグ: 長野電鉄(1) 駅と駅舎の旅写真館

長野県の私鉄、長野電鉄の印象的な駅をめぐる鉄道の旅。
現在は長野駅から、須坂駅、信州中野駅を経由し湯田中駅に至る長野線のみの運行だが、21世紀に入り、木島線、屋代線が廃止になった。長野市の通勤路線だが、後半区間は山々やりんご畑など信州らしいのどかな風景の中を走る。
特急ゆけむりやスノーモンキーが話題だが、いい木造駅舎が多い事でもおススメのローカル線だ。


松代駅 (長野電鉄・屋代線)~構内踏切横の緑豊かな枯池~

長野電鉄・屋代線・松代駅、構内通路踏切横の池庭跡

長野電鉄屋代線の主要駅のひとつ、松代駅の島式ホーム端の構内踏切の所に、木々や草が茂ってる緑豊かな一角があった。もしやと思って見てみると、やはり枯池があった。とは言っても、草木でぼうぼうで…

信濃川田駅 (長野電鉄・屋代線)~木造駅舎の旅~

長野電鉄・屋代線・信濃川田駅、古色蒼然とした木造駅舎

長野電鉄の駅をいくつか巡った後、夕方に屋代線の信濃川田駅に降り立った。桜が散り始める頃だが、2番ホーム待合室横の年季が入った桜の木は、まだ奇麗に花を咲かせていた。信濃川田駅の駅舎をプラットホーム側から眺めた。漆喰や木の古びた質感が味わい深く…

信濃竹原駅 (長野電鉄・長野線)~開かずの駅舎の味わい深さよ…~

長野電鉄・長野線・信濃竹原駅、閉鎖されながらも古い木造駅舎が残る

木造駅舎が残る信濃竹原駅で下車したが、改札口は板で塞がれ「出口はあちら側でございます」という案内が貼り付けられていた。駅舎こそは健在だが、もう使用停止されていたのだった。駅への出入口は駅舎が無いかの如く、ホーム端となっている…