駅と駅舎の旅写真館 railwaystation.jp

八木沢駅 (上田電鉄・別所線)~信州の山々と田園風景に抱かれた小さな駅~


のどかな風景の中の木造駅舎

上田電鉄・八木沢駅から山に囲まれた田園風景を体感。
(八木沢駅で降りると山々に囲まれた田園風景が広がっていた。)

 上田駅から上田電鉄の列車に揺られた。八木沢駅のプラットホームに降り立つと、信州の山々に囲まれたのどかな田園風景が目の前に広がっていた。そして見上げると、そんな風景をも包み込むかのように、果てしない空には雲が広がる。高台にある訳ではないが、塩田平の広々とした風景が体感でる心地良い駅だ。晴れていれば、もっと清々しい眺めを望めた事だろう。

上田電鉄・八木沢駅、パステルグリーンに塗られた小さな木造駅舎。
(パステルグリーンに塗られた小さな木造駅舎が現役。)

 待合室を通り抜け、駅舎の正面に立ってみた。木造駅舎だが、待合室に車寄せ的な出入口を付け足した独特の形状をしている。パステルグリーンに塗られ、古い駅舎を爽やかな印象に見せる。

八木沢駅、木造のトイレ跡
(隣には古めかしいトイレがあった。)

 駅舎の横には、同じ色に塗られた木造のトイレも残っている。どんなに爽やかな色にしても骨董品級の古さは隠し様が無い。しかし、残念ながら!? 扉は木の板を打ち付けられ、もう使われていないのがわかる。

八木沢駅、駅舎前に咲くひまわり
(駅舎に寄り添うひまわり。)

 駅舎やレールの脇など駅の周辺では、ひまわりが咲き誇り夏を謳歌している。

八木沢駅、駅舎出入口
(外から待合室へは中の階段を上がる。)

 待合室はプラットホームの高さに合わせられ、出入口を入ってすぐの所にある3段の階段で上がるようになっている。

 写ってはいないが、写真左側の壁にも扉がある。その扉の向こうは自転車置き場の壁で、現在では全く意味の無い扉だ。だが、八木沢駅はかつて有人駅で、自転車置き場の横には、駅務室的な別棟の建物があったのかもしれない。

八木沢駅、駅舎内部
(待合室内部。)

 待合室内部も外観同様、パステルグリーンに塗られ、古さはありながらやはり明るい印象だ。パステルグリーンこそ、八木沢駅のイメージカラーだ。壁に造り付けの木製ベンチがある程度で、窓口跡など有人駅時代を感じさせるものは無かった。

 壁に据え付けられた箱に電話が入っいるのが目に付く。無料の有線放送電話との事で、上田市内の加入者の所へのみ掛けられるとか…。「公社電話には接続できません」という箇所が時代を感じさせる。放送を謳っている通り、町内放送みたいに使われているようで、放送中は通話はできませんとの注意書きもあった。

八木沢駅、注意書きのホーロー看板
(ホーロー看板の古い注意書き。)

 待合室の窓には「降りる方がすんでからお乗り下さい」と標された、いかにも古そうなホーロー看板の注意書きがあった。その下部はもぎ取られた痕跡があり、「電 眼 時」の文字だけがかろうじて残っていた。字から想像するに、時計やメガネを売っていたお店の広告が、この注意書きに併記されていたのだろう。

八木沢駅の木像駅舎、古く趣きある佇まいはPVなどメディアに何度も登場
(古く趣きある駅舎の佇まいはPVなどメディアに何度も登場。)

 線路を渡り反対側から八木沢駅の駅舎を眺めてみた。年月が染込んだような古き良き風情が味わい深い。窓枠は木製のままだ。レトロな雰囲気だが、何といっても形状が非常に個性的な造りなのが目を引く。待合室の広さに対し屋根が高く、屋根の一部が箱を付け足したようにホーム側に少し飛び出ているのが、少し頭でっかちに見える。この部分には何かを収納していたのだろうか…。でもこの分厚い部分は庇の役割もあるのだろう。

 ミュージシャンのプロモーションビデオなどのメディアで、何度もこの八木沢駅が登場している。のどかな周囲の風景もあるが、この古くて個性的な駅舎がロケ地として魅力的なのだろう。

 下之郷駅の西丸子線プラットホーム跡にも、これとほぼ同型の建物があったが、近年に見違える程、リニューアルされた。上田電鉄の前身、上田交通時代、更に過去を辿ると、上田丸子電鉄、上田電鉄(初代)、上田温泉電軌と変遷しているが、最盛期は、上田駅を中心に倍以上の路線網を誇っていた。しかし、今では別所線を残すのみだ。この形状の駅舎は、上田電鉄の古い時代の小規模駅の標準型駅舎だったのかも知れない。

八木沢駅、駅前の風景。
(駅前の風景。)

 駅の周囲にはこじんまりとした集落となっている。

八木沢駅ホームまでランニングに来た一団
(ランニング中の一団が駅で折り返していった。)

 遠くから学生の掛け声が聞こえてきた。放課後の部活動か何かでランニングをしているのだろうと思っていたら、その声はどんどん駅に近付いてき、しまいには駅舎の中を通り抜け、次から次へとホームに雪崩込んできた。そして、端まで行くと、また折り返していった。八木沢駅がランニングコースの折り返し点になっているようだ。今では静かな無人駅となってしまった。しかしこんな形でも、駅は人々にとって地域のランドマーク、中心のようなものと受け止められているのかもしれないと、一瞬の喧騒が過ぎ去った駅に佇みながら思った。


[2008年8月訪問](長野県上田市)

追記1 : 八木沢駅のメディア登場履歴

音楽プロモーションビデオ(PV)のロケ地など、八木沢駅のメディア登場履歴。

  • いきものがかり、13thシングルPV「ふたり」
  • AKB48、メジャー6rhシングルPV「夕陽を見ているか?」
  • ℃-ute・鈴木愛理、DVD「夏カラダ」
  • 木村文乃、写真集「ふみの」
  • 武井咲、写真集「風の中の少女」
  • 北山詩織、写真集「しーさん」
  • 貫地谷しほり、写真集「二十歳」 の付属DVD
  • 声優・堀江由衣、シングル「夏の約束」
  • 映画「ロストハーモニー」
  • 映画「あの電燈」
  • 吉田山田 11thシングルPV「Today,Tonight」

 これで全部ではないかもしれないが、若い女性タレントのロケが多いのが目を引く。小さな木造駅舎が佇む田舎風景が情感深く、ストーリーやその人の魅力や引き立てる… という事だろうか?

追記2: トイレ撤去など駅整備

 2013年にペンキの塗り替えなど、駅舎が整備された。時期はわからないが、長らく使用停止となっていたトイレが撤去された。駅舎の右隣に、通称「丸ポスト」とよばれる円筒形の古い形の郵便ポストが設置された。

上田電鉄の木造駅舎

中塩田駅
※終点の別所温泉駅と共通デザインの洋風駅舎。荒れていたがきれいに整備された。

地方私鉄の小駅舎

元山駅(高松琴平電鉄・長尾線)
※上屋に小さな切符売場が付いた程度の駅舎。細部の造形が面白い。(香川県)