美作千代駅 (JR西日本・姫新線)~木造駅舎の旅~


むせ返る程の木の質感をまとう木造駅舎

姫新線・美作千代駅、大正築の木造駅舎

 「レトロ駅舎スタンプラリー」で対象駅となっている美作千代駅に下りた。8年振りの訪問だ。大正12年築の木造駅舎は、押し縁下見板の板張りが特長だ。壁面板一枚一枚が使い込まれた古い木のままで、90年という大いなる年月を感じさせる佇まいだ。無数に浮かぶ木目や風化し古びた木の質感に溢れ、むせ返りそうになる程の木の味わいが迫り来る。銀色のサッシ窓が惜しい気がしないでもないが、そんな現代的なものを、まるでもとともしない。

美作千代駅、駅名看板と車寄せ

 駅舎正面には小さな車寄せが付いている。「千代駅」と書かれた、木から切り出した駅名看板も味がある。良く見ると「代」の字の辺りから、年輪が渦巻くように広がってい。この木は何歳だとうろ数えてみたい気もするが、輪が沢山過ぎる。この看板も古いのだろう。年月を経た駅名看板は、この古い木造駅舎にとてもよく似合っている

美作千代駅、車寄せの木の柱

 車寄せを支える柱はすっかり風化し、なおも支えようとしている。心強い。

美作千代駅、駅前ロータリーと駅舎

 駅舎前はロータリーがある。ロータリーの中心は直径3メートルはありそうな広い植え込みのスペースとなっている。色々な木々が植えられているが、無人駅のためか、やや荒れた印象…。

美作千代駅、待合室。

 美作千代駅は無人駅で、待合室は窓口跡などが改修されている。しかし、天井や木の造り付けベンチ、白い漆喰など、昔ながらの駅らしさをよく残す。

美作千代駅、手小荷物窓口跡と出札口跡

 古い木製ベンチの後ろには、手小荷物窓口跡がある。カウンターは鉄板に替えられているが、すっかり錆び付き茶色くなっている。

美作千代駅、廃ホーム跡。

 かつては2面2線の相対式ホームだったが、反対ホームは廃止され、レールは剥がさている。そうなってかなりの年月が経っているのだろう。ホーム跡の上の木はすっかり成長し、道床跡を覆わんばかりに枝が伸びている。

美作千代駅、廃ホーム跡の畑。

 廃ホーム跡の新見寄りは払い下げられたのか畑になっていて、葱や小松菜などが育てられていた。

美作千代駅、駅舎ホーム側。

 駅舎ホーム側。こちらも昔の木造駅舎らしい佇まいを存分に残し味わい深い。

美作千代駅、旧駅務室。

 ちょっとかつての駅務室の中を覗いてみた。こちらも大きな改修はされていないようだ。

  以前に来た時はカーテンが閉じられ、いかにも人に棄てられた建物という雰囲気で、もの寂しさを感じたという記憶がある。木の質感が豊かで趣き深い木造駅舎だけに尚更そう感じたものだった…。

  しかし今回は真ん中に椅子やテーブルが置かれ、室内は掃除されているようで汚さは感じなかった。そんな中に置かれた、古いダルマストーブがいい味を出している。地元の人が集会所みたいに使っているのだろうか…?

美作千代駅、昔の写真の展示。

 そして駅舎のホーム側の窓には、昔の美作千代駅の写真が飾られ、ミニギャラリーのようだ。昭和初期の駅員さんの集合写真、原木を積んだ貨車、駅前ロータリー完成記念、昔の駅前の様子、平成に運転されたSL列車…どれも何気ない風景ながら、この駅の歴史を感じさせる心に残る一枚だ。

 そしてNHK「にっぽん木造駅舎の旅」でこの駅が取り上げられた事も紹介されていた。

 無人駅となって廃れかけと思った駅舎だが、地元の人々に愛され、そしてこれからもこの地に変わらず佇み続ける…、そんな雰囲気がしみじみと感じられたのが嬉しかった。


[2012年11月訪問]

美作千代駅・基本情報+

鉄道会社と路線:
JR西日本・因美線
駅所在地:
岡山県津山市領家
駅開業年:
1923年(大正12年)8月21日
駅舎建築年:
1923年(大正12年)※駅開業以来の駅舎。
駅営業形態:
無人駅

岡山県の木造駅舎

美作滝尾駅(JR西日本・因美線)
駅本屋の外観はもちろん、駅事務室内や貨物上屋も必見。
建部駅 (JR西日本・津山線)
かつては横に木造の駅員宿舎も残っていた。
玉柏駅 (JR西日本・津山線)
半分の大きさに減築されたが古い木造駅舎らしさはよく残る。