駅と駅舎の旅写真館-railwaystation.jp-

上神梅駅(わたらせ渓谷鐡道、木造駅舎)


古色蒼然とした木造駅舎に誘われ…

 国鉄・JR足尾線から第三セクター鉄道に転換された「わ鐡(わてつ)」こと、わたらせ渓谷鉄道の旅を楽しんでいた。

 終点の間藤から折り返して来る時、大間々駅の一つ手前の駅に建っていた、ひどく古めかしい木造駅舎が気になった。大間々駅で降りると、再び下り列車に乗って逆戻りし、その気になる駅「上神梅」で降りてみた。

わたらせ渓谷鉄道・上神梅駅、駅舎プラットホーム側。
(駅舎プラットホーム側。)

 プラットホーム側から駅舎を眺めた。無人駅となり、かつての駅事務室や休憩所といった駅員さんの業務用スペースだった所はカラオケスタジオとして使われているが、外観に味わいを台無しにするような修繕箇所は無く、よく原形を保っていると思われる。窓はかなり年季が入った木枠で組まれている。いや窓枠だけでない。木製の改札口も古びたまま残っている。改札口は駅舎の内部だけでなく、降車用に外部にも設置される。昔ながらの駅の造りを、奇跡的に現代に残しているものだ。

上神梅駅、木製改札口が昔のまま残る懐かしい駅風景…
( 古い木製改札口がそのまま残る懐かしい駅風景… )
わたらせ渓谷鉄道・上神梅駅、古びた木造駅舎が現役。
( わたらせ渓谷鉄道・上神梅駅、古びた木造駅舎が現役。)

 でも何よりも、年月を経て、駅舎の壁じゅうに木目が露わに浮き出ている様が、木造駅舎という木の空間にいる事を強く実感させ、心地よくさえ感じる。年輪ような輪だったり、くねっていたり、うねっていたり・・・、同じ文様は一つとして無い。

 素朴な雰囲気の木造駅舎が未だに現役でも、塗装によって損をしているなと感じる事はよくある。茶色く塗られていれば、木の雰囲気はあまり損なわれていなく、好ましいなと思う。しかし、やっぱり素のままの木の味わいには、より引き付けられるものがある。

上神梅駅、駅舎屋外の造り付け木製ベンチ
( 駅舎外には造り付けの木製ベンチが巡らされている。)
上神梅駅、駅舎出入口に掲げられた駅名看板。
( 出入口の駅名看板もレトロな雰囲気。)
上神梅駅、駅舎内部。窓口跡は塞がれた。
( 駅舎内、改札口と窓口跡付近。)

 無人駅となって久しいのか、出札口など窓口は板で塞がれていて、今では色々な掲示物で賑やかだ。

 わたらせ渓谷鉄道からの業務案内や、観光ポスターなど貼られているが、「わたけいよいとこ新聞」という、子供達が制作した新聞風のわたらせ渓谷鉄道沿線案内が特に目を引いた。
「Aグループは上神梅駅の9時27分の電車にのりこみ…」
で始まっている所を見ると、地元の小学生が自由課題か何かで、わ鉄をとり上げたのだろう(「電車」はご愛嬌!)。運転士さんや駅員さんに関するレポートや、水沼温泉と足尾銅山という、わてつ沿線の2大観光名所の訪問記などが、手書きの文や、イラスト、貼り付けた写真で構成され、子供らしさと手作り感溢れる楽しい内容となっている。そう言えば、私もクラスメイトとこんな学級新聞を作ったよなぁ。遠い思い出が頭の中にふと甦った。何十年も時を遡った木造駅舎に誘われたかのように…。

上神梅駅、学級新聞のような「わたけいよいとこ新聞」
( 駅に掲示された「わたけいよいとこ新聞」)

[2003年1月訪問]

追記: その後の上神梅駅

 2008年に上神梅駅の本屋(駅舎) とプラットホームが、国の登録有形文化財に登録された。

 また、近年では、NHKのTV番組「にっぽん木造駅舎の旅」で取り上げらるなど、趣き深い木造駅舎として知られるようになり、訪問する鉄道ファンも増えてきたように思う。

 2010年の3月に上神梅駅再訪を果たした。幸いにも、木造駅舎に変化は無かったが、カラオケスタジオは退去していて、中はもぬけの殻状態だった。

上神梅駅、大正元年築の味わい深い木造駅舎に再訪
( 2010年3月、上神梅駅を再訪。相変わらず味わい深い木造駅舎… )

上神梅駅基本情報まとめ+

鉄道会社・路線名
わたらせ渓谷鐡道・わたらせ渓谷線
駅所在地
群馬県山田郡大間々町。(※2003年訪問時。現在はみどり市)
駅開業日
1912年(大正元年)12月31日
駅舎竣工年
1912年 ※駅開業以来の駅舎。昭和初期に増築されたとの事。。
駅営業形態
無人駅

わたらせ渓谷鉄道の木造駅舎

足尾駅
貨物上屋、ランプ小屋など駅構内の諸設備もよく残り興味深い。(栃木県)

木の質感溢れる趣き深い木造駅舎

美作滝尾駅 (JR西日本・因美線)
※「男はつらいよ」のロケも行われた木造駅舎。外観、内部とも昔の造りをよく残す。(岡山県)
嘉例川駅 (JR九州・肥薩線)
※訪問者が増えすっかり観光地となったが、100年の駅舎は超然と佇む(鹿児島県)