駅と駅舎の旅写真館-railwaystation.jp-

道後山駅(JR西日本・芸備線、木造駅舎)


1日の列車が3往復の秘境駅、芸備線の道後山駅へ

 早朝、備後落合駅から新見行きの芸備線普通列車に乗った。乗客は私だけだった。

 備後落合駅から一駅、6時55分に道後山駅に到着した。
運賃を払い降りようとすると、運転手さんに
「午後まで列車無いんですけど…」
と申し訳無さそうに言われた。道後山駅のある芸備線の備後落合‐東城間は、1日の列車が3往復のみという日本国内でも屈指の超閑散区間だ。
「1時間位後にそこからバスがあるので」
と答えた。すると
「そうですか。」
と納得したように返事をした。
プラットホームには私以外の乗客の気配は無く、春とは思えないひんやりとした空気が漂っていただけだった。

 私を降ろすと、乗客がいなくなった列車は、次の小奴可駅に向け走り去った。

道後山駅を出る芸備線のローカル列車。
(道後山駅を出る上り列車。1日3本の貴重な1本だ。)

 駅を巡る旅が好きとは言え、さすがに7時間もこの駅にいるつもりは無く、近くのバス停からバスに乗るか、小奴可駅まで歩くかして、この駅から立ち去るつもりではいた。しかし、列車のエンジン音が遠ざかり、沈黙が戻った駅にひとり取り残されると
「ああ、行ってしまったか。午後までなんて長いんだ…」
と、呆然とした気持ちを感じずにはいられなかった。

静寂に包まれた駅に漂う賑やかなりし頃の香り

芸備線・道後山駅を廃ホームに立ち見渡す。
(廃ホームに立ち駅を見渡した。)

 かつては2面2線の旅客用ホームがあったようが、今は駅舎から離れた方のプラットホームは使われていなく、レールは剥がされ廃れきっている。幹線系のプラットホームは、十両以上の編成が収まる長さのものが多く、いまだ威容を感じさせるものだ。しかし道後山駅のものは、そのような路線の半分程度の長さしかないローカル線サイズだ。

芸備線・道後山駅、駅舎ホーム側の味わい深い佇まい。
(味わい深い佇まいの駅舎ホーム側。)

 駅舎をプラットホーム側から見てみた。改札口周辺はモルタルで仕上げられているが、旧駅務室の辺りは木の質感が豊かで、窓枠さえも木製だ。よく昔のままの造りを留め趣き溢れる。

 プラットホームは駅舎より高い位置に設置され、階段で昇り降りするようになっている。ホームの駅舎側の斜面には植木が豊かに植えられ、まるで庭園の中に駅舎があるようだ。道後山駅は無人駅となって久しいが、植木は荒れた感じはしない。誰かがたまに手入れしているのだろう。

道後山駅、駅舎の旧駅事務室は消防車の車庫に。
(旧駅事務室は消防車の車庫となっている。)

 駅舎に近づくと、使い込まれた木の質感がより迫り来るようで、いっそう味わい深さを感じる。

 窓口裏側のかつて駅事務室があった辺りを見てみると、室内に消防車が収納されていて驚いた。駅舎は現在では地元の消防団が車庫として使っているらしい。車庫内の空間に余裕は無く、ガラス窓のすぐ向こうに消防車が鎮座している様はインパクトがある。車庫入れする時は、どうか勢い余って壁を突き破らないで!と心配に思える。まあ、大丈夫だろうが。

芸備線・道後山駅、駅舎内部。「鉄労掲示板」など国鉄時代の掲示物。
(駅舎内部。壁には国鉄時代の掲示物が残る。)

 そして駅舎ホーム側右端の室内を窓越しに見てみた。引戸の向こうは、3畳程度の畳敷きの休憩室になっているのだろう。古さはあり無人化されているものの、荒れた感じはしなく、よくきれいな状態を保てているなと思う。消防団の人が集まりで使っているのかもしれない。

 壁に掲げられた掲示板には「鉄労掲示板 道後山駅班」という表題が添えられていた。鉄労は国鉄時代の労働組合の一つだ。そしてその横の柱には「節電」という貼紙が残り、小さく「国鉄財政再建」と添えられていた。今では衰退してしまったが、昔は確かにこの駅にも駅員さんがいたのだ。隔世の感さえ感じる。

芸備線・道後山駅、駅舎に隣接する木造の古い小屋。
(駅舎に隣接する木造の小屋。)

 駅舎のすぐ隣には、軒続きで離れのような小さな木造の小屋も残っていた。こちらも木の質感が豊かで、かなり古そうと察せられる。

 壁に貼られたままの掲示物を見ると、「整理整頓」「防火用バケツ」「バケツ13ケ」などと書かれている。倉庫だったのだろうか。

芸備線・道後山駅、出札口、手小荷物用の窓口跡が残る。
(窓口跡は昔のままの造りを良く残す。)

 待合室の中に入ると、天井など上部は壁の素材が木ではなく、壁紙などで改修されていた。しかし、窓口跡や出札口、造り付けのベンチなどは見事なまでに原型を留めていた。手小荷物窓口のカウンターは窓口の半分を占め、昔の造りのまま重々しく鎮座する。今でこそ宅急便に取って代わられたが、昔の鉄道小荷物の重要性を雄弁に語る。隣りの出札口のカウンターも木のままだ。

 窓口は大きな掲示ボードで塞がれしまっているが、その陰には昔のままの造りを留めているかもしれない。

芸備線・道後山駅、手小荷物窓口カウンターにはたくさんの折鶴…
(手小荷物窓口には何故かたくさんの折鶴…)

 手小荷物窓口の大きなカウンターは、色々な物を置くのにちょうどいい。隅には不要となった古い木製駅名標が置かれ目を引く。他にも、ぬいぐるみ、古い鉄道路線図、駅ノート、そして折り紙。箱の中に積み上げられた多くの折鶴は、列車を待つ旅人の無聊を表わしているのだろうか。

 このように"物"と言っても、どれも駅の必需品ではないが…。たぶんこの駅を気にかける誰がが置いているのだろう。

芸備線・道後山駅、あるファンがまとめた道後山駅の冊子。
(いちファンがまとめた道後山駅の冊子。)

 数々の物の中から特に目を引いたのが、いちファンがまとめた道後山駅についての冊子だ。駅の歴史から周辺、昔の新聞記事など、とてもよくまとめられ素晴らしい出来だ。できれば記念に持ち帰りたいとさえ思った。

道後山駅、味わい深いモルタルの木造駅舎が残る。
(芸備線・道後山駅駅舎、味わい深い木造モルタル駅舎だが、
消防車の車庫として改修され、シャッターが目に付く)

 外に出て駅舎を眺めてみた。木造駅舎だが木の質感豊かなホーム側と違い、モルタルで固められている。

 例の冊子には、開業当時の新聞記事も掲載されていた。それによると熱心な請願の末、1936年(昭和11年)11月21日に開業した駅で、住人達はとても喜んだと言う。そして赴任してきた駅長は、駅舎を見て「都市駅を凌ぐモダンな駅舎」と驚いたという。

 なるほど、確かに昔の駅舎写真を見ていると、外壁に木の板を使った純木造駅舎と言えるようなものが多く、標準的だったのだろう。それを思えば、石材を使った腰壁にモルタルの壁面は珍しかったと思われる。この駅を見ていると、昭和のレトロで洒落た住宅と言った感じがする。

 しかし、今では消防車の車庫として使われているため、中央部分にシャッターが取り付けられ、いかにも車庫という造りになっているのが、正直、残念な気はする。しかし、無人化された駅の駅舎は、多くが利用目的が無ければ老朽化が進む一方で、そして取り壊される運命にある。それを思うと、車庫という新しい用途を与えられてこそ、このモダンな駅舎は永らえているのだろう。なので、ただ残念と責める事はできない。

 駅舎の全体的な古さに対し、屋根は波形の鉄板に取り替えられていた。まだそれ程古くなく、いかにも丈夫そうで、駅舎を雨漏りから守ってくれそうだ。

芸備線・道後山駅、人の気配はなく秘境駅の趣き。
(駅前の通り。人の気配はしない…。)

 駅周辺を歩いてみた。辺りを見回すと、山林を切り開いた狭い空間の中心に田畑があり、その周囲に家屋が点在し、そして駅があると言った感じだ。しかし、今では住んでいる人はほどんどいないようだ。国道から少し奥まった所にあるこの集落は、人の気配も無ければ、車が通り過ぎる事も無い。1日3往復分の列車本数といい、秘境駅の趣が漂う。

道後山駅の目の前の「国鉄旅行連絡所」の看板を掲げた家屋
(駅の目の前には「国鉄旅行連絡所」の看板を掲げた家屋が…)

 駅の目の前には「国鉄旅行連絡所」という小さな看板を玄関に掲げた家屋があった。しかし、ここも生活の気配がしなかった。

道後山駅、駅舎待合室の古い木製造り付け長椅子
(待合室の古い木製造り付け長椅子。)

 待合室の木製造り付けベンチは、かつては多くの人が座り賑わったのだろう。擦り減らされ、木目がいくつも浮き出ている様が、かつての賑わいを感じさせる。

 再び道後山駅の冊子を手に取り、目を通した。道後山駅は、約9km北東にそびえる道後山への登山やスキー場などへの行楽客を期待し、1936年(昭和11年)に開業したという。そのため当時、この地は八鉾村植木という名だったにも関わらず、あえて道後山という駅名にされたという。

 この駅からは道後山行きのバスも運行され、広島からの急行列車も停車したりなど、県内有数の観光地の玄関口として、とても賑わっていたという。また1952年(昭和27年)には、駅のすぐ裏手に高尾原スキー場という小さなスキー場が開業した。

 こんなひっそりとした駅にも、こんな華やかな時代があったのだ。この待合室にも行楽客の歓声が響いたのだと深い感慨を覚えた。そしてその分、時代の移り変わりとはなんと残酷なんだろうと、現実が心を過ぎった。

道後山駅待合室、道後山と周囲の山並みを描いた絵画
(待合室には山並みを描いた絵画があった。)

 待合室の窓の上の方には、山並みが描かれた絵画が掲げられていた。おそらくは標高1268mの道後山と、その周囲の山々の雄姿なのだろう。今日は残念ながら小雨降る天気で、空は白く霞んでいる。しかし、駅は廃れても、そこから見上げる山々は変らずそびえ、そして駅を見下ろしているのだろう。これからも…。

歩きつつ…、振り返りつつ…

 もう少し、ここに居たいが、そろそろ出なければいけない。地図を見ると、国道314号線に出るには、踏切を渡り駅裏手のスキー場跡地前の道か、駅前に広がる田畑を外周し集落を通る道があるが、後者を選んだ。

芸備線・道後山駅の枝垂桜。標高600mを越え、寒く開花はまだ…
(枝垂桜があるが、開花はまだ先になりそう。)

 道後山駅から少し離れた所で、駅舎の方に振り返った。すると、小さな枝垂桜が植えられているのが目に入った。昨日巡った姫新線沿線では、ソメイヨシノが散り始めていたが、この枝垂桜はまだ咲く気配さえもない。600mを越える芸備線最高所のこの駅に春が訪れるのは、まだ先のようだ。

集落の中にある道後山駅開設記念碑
(駅近くの道後山駅開設記念碑。)

 少し歩くと杉林に入り、その足元に研修施設のらしき建物があった。だがこの日は使われていないらしく、静まり返っている。

 その入口辺りに「記念碑」と書かれた石碑があるのを発見した。読んでみると道後山駅の開設記念碑で、この地区の人の熱心な請願により、駅設置が実現したという事が書かれている。「歓喜極なし(=歓喜はとどまる所が無い)」と標された一句に、道後山駅開業が当時の人々にとって、どれほどまでに凄まじい喜びだったかを改めて実感させられた。

道後山駅前の集落。駅の方に振り返る。
(道後山駅前の集落。遠くに駅舎が見える。)

 すぐに杉林を歩き抜けると、また数軒の家が立ち並ぶ集落の中に入った。空き家もあるが、人が住んでいる気配のある家屋があり、不思議とホッと胸を撫で下ろす気分になった。

 田畑の向こうには、道後山駅の駅舎が見えた。遠ざかり小さくなった駅舎を見ると、印象深い駅だっただけに尚更名残惜しさが湧き上がり、次の駅へと歩みを止めさせた。


[2015年4月訪問]

道後山駅、基本情報+

鉄道会社・路線名
JR西日本・芸備線
駅所在地
広島県庄原市西城町高尾
駅開業日
1936年(昭和11年)11月21日
駅舎竣工年
おそらく開業当時なのでは…
駅営業形態
無人駅
その他
備北交通の路線バス・小奴可(日野原線)が、芸備線の超閑散区間の駅巡りに役に立つかもしれない。運行区間は日野原‐小奴可‐八幡駅‐東城駅前を通るルート。この路線の道後山駅に近いバス停は日野原で、駅から徒歩約20~30分程度。1日4本、日曜祝日運休と、こちらも本数は少ないので、「備北交通・路線バス」のページでご確認を。
ただ、バス停は必ずしも駅直近にある訳ではないようで、現地でよく確認しておいた方がいい。小奴可停留所の場合、駅前には入らず、私は乗り逃すという失敗をしていまった。

改修されながらも不思議と味わいを感じさせる駅舎

南久留米駅 (JR西日本・久大本線)
※駅舎が半分の大きさに減築されるも、木造駅舎らしさはよく残される。(福岡県久留米市)
太市駅 (JR西日本・姫新線)
※出入口付近は新築のように改修されたが、他は木の質感豊かな木造駅舎。(兵庫県姫路市)