駅と駅舎の旅写真館 [Home]

野馳駅 (JR西日本・芸備線)~年月染みこんだ味わい深い木造駅舎~


野馳駅、駅舎と風景

JR西日本・芸備線・野馳駅。開業の昭和5年以来の木造駅舎
芸備線・野馳駅(のちえき)。昭和5年(1930年)の開業以来の木造駅舎。タクシー会社が入居する。
芸備線・野馳駅待合室、使い込まれ木目浮き出た天井
使い古され木目うねる天井。木造駅舎という異空間…
芸備線・野馳駅の木造駅舎、木のままの窓枠と長椅子
幾人もの人が座りすり減らされた木製の長椅子、そして木枠のままの窓。
芸備線・野馳駅、切符売場も昔のままの懐かしい雰囲気
切符売場も昔のまま。奥からはタクシー会社の人の気配が伝わる。まさに昔の駅の空気感。
JR西日本・芸備線・野馳駅、駅舎ホーム側
駅舎ホーム側も昔の造りを留める。こちらも木の質感が素晴らしい。
JR西日本・芸備線・野馳駅、廃止された反対側ホーム
反対ホームは廃されて久しく遺跡の風情。「右よし」「左よし」構内通路の古い表示が残る

野馳駅訪問ノート

 1930年(昭和5年)11月25日開業時から使い続けられる木造駅舎。それ以来大きな改修される事は無かったのだろう。昔のままの造りをよく留め、使い込まれより渋味を増した木の質感が印象深い。

 駅舎にはタクシー会社が入居し、駅の簡易委託を請け負っている。そのため、これほどまでに古く味わい深い駅舎が、結果としえて見事に活用されている。駅事務室に人がいる光景は、正式な駅員さんではないものの、半世紀以上前の鉄道が賑やかだった頃の駅を思い起こさせる空気感に溢れている。


[2015年(平成27年) 4月訪問] (岡山県新見市)

美作滝尾駅 (JR西日本・因美線)
映画「男はつらいよ」に登場。隅々まで昔のままの造りを留める。1928年(昭和3年)築。
美作千代駅 (JR西日本・姫新線)
1923年(大正12年)築。むせ返りそうなほどの木の質感豊かな木造駅舎