駅の枯池(+池庭)

駅舎に寄り添うように…
駅の片隅にひっそりと…
日本全国の駅を巡る旅で見つけた、駅の中の池のあるミニ庭園、またはその遺構、つれづれ。


えちぜん鉄道・永平寺口駅、池庭の移り変わり

 永平寺口駅に始めて訪れたのは、1990年代前半だ。まだ京福電気鉄道時代で、分岐していた永平寺線が健在で、東古市駅と呼ばれていた頃だった。

2006年4月

 そして桜の花咲く2006年4月、2回目の訪問を果たした。その頃、永平寺線はとうに廃止となり、駅名は永平寺を強調する永平寺口駅へと再び改名されていた。そして何より、経営が京福電鉄から第3セクターのえちぜん鉄道に移管されていた。

 何かと変遷しても大正築の洋風木造駅舎は健在だった。その駅舎の出入口と反対側の裏側に、池庭があるのに気付いた。

えちぜん鉄道・永平寺勝山線、永平寺口駅の池庭。(2006年)

 金魚が中にいて猫から守るためか、竹のカバーで半分位が覆われいるのが目を引く。そして池の中央あたりに灯篭を模した照明を兼ねた給水ポンプがあった。

2008年10月

永平寺口駅の池庭、夜のムードある風景。

 約2年後、夜に訪れたら照明が暖かに池を照らし、昼間とは違ったムードのある雰囲気に。

2014年11月

 そして6年振りに訪れると、池はとうとう枯れてしまっていた...。

永平寺口駅、そして池庭は枯れてしまった...

 2014年の4月でレトロな洋風木造駅舎は使用停止となり、線路を隔てた反対側に新駅舎が竣工し、駅の機能はそちらに移転した。幸いにも、レトロな旧駅舎は地域の交流施設として保存・再利用される事になった。しかし、池は管理する人がいなくなってしまったせいだろうか...。夜の闇の中、灯篭に照らされ闇夜の中に鈍く浮かび上がる様が、ただ懐かしく思い出された。


(福井県永平寺町)

永平寺口駅訪問ノート

永平寺口駅新駅舎とレンガ造りの旧京都電燈古市変電所

 レールを隔てて反対側に建てられた新駅舎は、洋風の旧駅舎のイメージを採り入れたものになった。そして、周囲にはロータリーが整備されるなど、旧駅舎時代とは見違える現代的な明るい雰囲気に。しかし、北側にはレンガ造りの旧京都電燈古市変電所が残されるなど、旧駅舎も含め、古いものと新しいものが混在した駅風景が印象的だ。