駅と駅舎の旅写真館 [Home]

美瑛駅(JR北海道・富良野線)~秋深まりゆく石造りの駅舎~


丘の町の石造り駅舎

富良野線・美瑛駅、白樺並木のあるプラットホーム
プラットホームに足を踏み下ろすと、白樺並木に出迎えられた。北海道の駅らしさ溢れる風景だ。
富良野線・美瑛駅、駅舎ホーム側、軒柱の古レール
石造りの駅舎から古レールが伸び出、木の軒を支えている。
JR北海道・富良野線・美瑛駅、古い造り残す待合室
待合室は改修されているが、天井の縁がカーブ掛り碁盤状に木が組まれたりと古い造りを残す。
JR北海道・富良野線、美瑛駅、石造りの洋風駅舎
石積みのレトロで洒落た洋風駅舎は、丘の町・美瑛の玄関口にぴったりだ。
JR北海道・美瑛駅、20年前とは大きく変わった駅前の風景
駅前は小奇麗に整備さ、まるで新興住宅地のよう…。20年前とは隔世の感。
JR北海道・富良野線、美瑛駅、色づく駅舎横の白樺
散りゆく白樺が、次の季節への移ろいを駅に伝える。北海道の冬は駆け足でやってくる。

美瑛駅訪問ノート

 駅の開業は1899年(明治32年)。駅舎は1952年(昭和27年)築の石造り駅舎。石は地元で産出された美瑛軟石を使っている。昔の駅舎と言えば、日本では木造が主流だが、そんな中、石造りの駅舎が造られるとは珍しい。

 美瑛町は、波打つ丘陵に拓かれた畑や牧場が、ヨーロッパの田舎風景のような美しさで、今や「丘のまち」として、北海道有数の観光名所になっている。そんな町の玄関口となる駅が美瑛駅で、イングランドにありそうな石積みの洋風駅舎は、そんな美瑛のイメージにぴったりだ。

 私が美瑛を初めて訪れた1989年、まださほど有名でなく、ライダーやユースホステルを渡り歩くような旅人に知られている程度で、観光施設らしいものは、写真家の故・前田真三氏の写真館「拓真館」くらいだった。記憶の断片に残っている駅前は、きれいに整備された今とはまるで違う。昔は駅前の古びた個人商店で、レンタサイクルを借り、丘を巡ったものだ…。

 この訪問は10月末で、観光的にはオフシーズンだったが、それでも美瑛駅では観光客の姿がちらほら見られ、人気の観光地になったものと実感した。


[2010年(平成22年) 10月訪問] (北海道上川郡美瑛町)

ケンブル駅(イギリス・ナショナルレール)
イングランドの田園地帯、コッツゥオルズ地区にある。ライムストーンを使った駅舎。
高畠駅 (山形交通) (※姉妹ブログより)
廃線後も石造りの駅舎が保存されている。現在のJR高畠駅とは違う場所にある。