Homeへ

三条駅(JR東日本・信越本線、木造駅舎)


三条駅訪問記と写真(新潟県)

信越本線、三条駅駅舎ホーム側

 弥彦線の高架区間から街並みを見下ろすと、雪が僅かに残る中、黒い瓦屋根の住宅が立ち並ぶ街並みが事の外印象的だった。

 東三条駅で信越本線に乗り換え、三条駅で降りた。三条駅の屋根も同じ黒い瓦屋根だ。どっしりとした様で、民家よりも重厚感が漂う。

三条駅、煉瓦製油庫・ランプ小屋

 1番ホーム新津寄りには1912年(明治45年)築のレンガ造りの古いランプ小屋が残る。ここも屋根は黒い瓦がどっしりと載り、使い込まれくすんだレンガとの組み合わせは、小さいながらも不思議な重厚感がある。

信越本線、三条駅(新潟県)のプラットホーム

 三条駅のプラットホームは、かつては2面3線のホームだったが、今では真ん中の線は使われていなくレールが剥がされている。自由通路が駅を覆うように設置されているのが目立つ。

信越本線、三条駅の木造駅舎(新潟県)

三条駅駅舎(新潟県)。外壁は新建材などで大きく改修されていて古さは感じないが、やはり黒い瓦が敷き詰められた屋根は印象的で、昔ながらの木造駅舎の風情を感じる。加えて、やや大きめの駅舎はなおも風格も漂わし、この駅がそこそこの規模の駅と感じさせる。しかし、三条市内には、弥彦線との乗換駅である東三条、上越新幹線と弥彦線が乗り入れる燕三条駅の方が、駅や駅前の規模が大きい感じがするので、それらの駅の方が市の中心駅・代表駅と言えるだろう。なので、三条駅の駅前は住宅が立ち並ぶものの、意外とひっそりとした感じがする。

三条駅駅舎、車寄せ。

 駅舎車寄部分は防寒対策で、正面はサッシ窓で壁が作られているのが雪国の風情を感じる。

三条駅、木造駅舎らしい庇

 駅舎の軒下。壁こそは新しい建材に取り替えられ改修されているが、庇は木造のままで、木造駅舎らしさに溢れる。

三条駅の丸ポスト

 駅舎の脇には丸ポストが置かれている。駅舎前の植栽も見事で、春や夏はもっと冴え冴えしい緑色で彩られるのだろう。

三条駅、改札口、出札口付近

 駅舎内部は改修が行き届き、自動改札機も導入され、古い駅にいるという実感はほとんど湧かない。窓口横にあったと思われる手小荷物窓口跡も埋められ痕跡は無く、自動券売機が置かれていた。

三条駅待合室

 駅舎内には完全締め切りができる待合室がある。改札口が扉の締め切りできなく、常に外気が流れ込んでくる状態なので、寒い冬は特にありがたい。

三条駅。一部、木組みが残る。

 駅舎外観も内部も、壁の板張りは替えられてあまり木造駅舎らしくないが、「駅の骨格」とも言える、木組みはそのまま使われているようだ。

 新しい素材の壁面の間を縫うように、昔からのままであろう木材が張り巡らされている。改札口の時計の上には、木の棒のようなものが出っ張った造りが残っている。昔は何かを掛けていたのだろうか…。

三条駅に付けられた小さな菱形の紋様三条駅、花びらのような小さな紋様

 そして2m位の高さに、所々に点々と小さな紋様のような模様のような飾りが取り付けられているのに気づいた。大きさは長辺10センチ位だ。駅舎内のものは菱形で、更に細かい模様は入れられ、金色に塗られている。外部には花びら状だが、塗装はほとんど剥げてしまい、僅かに金色と思われる塗料が残っているだけだ。

 なんでこんなものが付いているのだろうか…?でも改修される前の壁は、質感溢れる木の板だったのだろう。そんな中、キラッと光る小さな紋様は、しっとりとした木造駅舎が、まるでささやかなアクセサリーしているように地元の人々に映ったのではないだろうか…。

三条駅、「停(本屋)一號」の札。

 駅舎ホームの壁には「停(本屋)一號」と書かれた、建物財産標的な木の板が取り付けられていた。「停」と「号」の文字が旧字でレトロさを感じさせる。結構昔の…、もしかしたらこの駅舎が造られた時から、ずっと取り付けられているのかもしれない…。


[2012年3月訪問]

三条駅・基本情報+

会社・路線名:
JR東日本・信越本線
駅所在地:
新潟県三条市南新保
駅開業年:
1898年(明治31年)6月16日
駅舎竣工年:
駅営業形態:
有人駅(業務委託駅)