Homeへ

直江駅(JR西日本・山陰本線、木造駅舎)

~旧駅舎~


直江駅訪問記と写真

直江駅の閉ざされた改札口跡

 出雲市駅から一つ米子寄りの直江駅で下車した。駅舎は残っているが、もう閉鎖されていると聞いていた。しかし、いざ列車から降りて、改札口がポスターや新建材で塞がれているのを見て、一体どこから外に出ればいいのかと戸惑った。直ぐに「出口」と書かれた跨線橋を示す看板を見つけはしたが…。

直江駅、跨線橋上の券売機など

 跨線橋を上がった所に、切符回収箱や自動券売機があった。ここが現在では駅の出入口として機能してる。直江駅は簡易的な橋上駅と言えるだろう。券売機の横に、窓口らしきものはあるが、現在では無人駅となっている。駅改札内の跨線橋横にも、もう一本跨線橋があり、こちらは自由通路と言え、線路の南北どちら側にも出られるようになっている。

直江駅の「旧駅舎」と言える木造駅舎。

 直江駅の「旧駅舎」。改装されてはいるが、軒を巡らした昔ながらの造りを良く残す木造駅舎だ。この地域の他の木造駅舎のようにJR西日本のコーポレートカラーを意識したのか、青い瓦になっていて、先端の瓦には白い「JR」の文字が入っている。「直江駅」の駅名看板も掲げられ、一応駅舎は健在と言えるが、列車の乗降客は中に足を踏み入れる事が出来ない。

直江駅駅舎、木の柱

 古びた木製の軒や柱に、この駅の歴史を感じる。

直江駅旧駅舎入口の貼紙

 では、この駅舎は何故、取り壊される訳でなし、残されているのだろうか?そう思って見ていると、サッシ窓に「会議室のため無断入室はご遠慮下さい」という貼紙がしてあり、入口は南京錠で固く閉ざされていた。貼紙の末尾には、この建物の借主(持主?)である住民の自治会と思しき組合の名前が書いてあった。どうせなら、駅舎の待合室は開放すればいいのにと思った。確かに窓口的なものは橋上の一箇所に集中させた方がメンテナンスやコストは楽なのかもしれないし、防犯上、待合室を開放しておくのが不安なのかも知れない。だけど、駅舎側から駅に出入りしたい場合、運よく1番線からの発着ならば、階段を昇降する手間が省けるし、今日のように冬の寒い日に列車を待つ場合、寒さをしのげる。島式の2、3番ホーム上には待合室はあるが、1番線には待合室は無い。微妙に住民のためになっていないのが気になった。 

直江駅駅舎とは反対側の駅出入口

 こちらは駅舎と反対側の出口。小さなロータリーが作られ、ロータリー中央には、住宅地造成の記念碑が立っている。周辺には比較的新しい住宅が多かった。


[2006年1月訪問](島根県簸川郡斐川町)