駅と駅舎の旅写真館-railwaystation.jp-

青海川駅~日本海を望む駅~


青海川駅の印象

 信越本線に青海川(おうみがわ)という駅があるのは以前から知っていた。新潟県柏崎市にあり、眼前に日本海が広がる「日本一、海に近い駅 ()」・・・、あるいは人気ドラマ「高校教師」の最終回、ラストシーン前に登場したとか…。今まで行ったことが無かったが、特急白鳥で通った時に、車窓の向こうに海が広がる景色に見とれ、いつか行きたいという思いを強くした。

寒さが厳しい冬、青海川駅への第一歩を標す。

 遂に青海川駅訪問の機会がやってきた。富山旅行の最終日、少々時間は掛かるけど、ついでだと思い富山から青海川駅に足を伸ばしてみようと思った。

 特急はくたかで富山を出て、直江津で普通電車に乗換えた。富山駅を出た時から外は雪景色で、白く霞んだ空に雪が尽きる事無く乱舞する。これからどれだけ寒い所に行ってしまうんだろうと不安に思いながら、車窓を眺め続けた。

信越本線、冬の青海川駅ホームと普通列車
( 信越本線、雪が乱舞する青海川駅へ…。)

 そして青海川駅に降り立った。降りしきる白い雪と、ザザーという大きな波音が私を出迎えてくれた。

青海川駅ホームから荒天の日本海を見る
(眼下の海。)

 外は雪が降り続き、空気は刺すような冷たさで、思わず肩をすくめてしまう。それでも、プラットホームに降り立つと、まず、眼下に広がる日本海を一望した。だけど、荒天で空はただ白く霞み遠景は隠され、まるで駅が閉ざされているかのような心地だ。海は荒れ、幾つもの白波が絶え間なく眼下に押し寄せてていた。

青海川駅、駅名標とホームの背後に荒涼とした日本海が広がる
( 青海川駅。駅名標とホームの背後に、冬で荒涼とした日本海が広がる。)

 列車が去った後は、波音だけが響き渡る静寂が戻る。そして私一人がホームに残った。寒いながらも、荒涼とした海を眺め続けた。

 ここは日本海沿いの谷底にある集落で、30軒程の家屋が寄り集まっている。青海川駅はその最寄駅だ。頭上には、国道と北陸自動車道の橋が、この集落を跨ぐように、まるで天高くにあるかのように掛けられている。 地図を見ると、この辺りにはホテルなど観光施設が意外と多いらしい。だけど、それらとは隔絶されているかのごとくの静けさで、ただ波の音が響いていた。

青海川駅待合室
(駅舎内待合室。)

 無人駅ながらも、頑丈なコンクリートの駅舎がある。荒ぶる海の絶景に心引かれるがさすがに寒く、風雪と逃れ中に入るとほっとする。中は意外に広いが、その割に隅に小さな棚、ベンチ、ゴミ箱などがあるだけで、がらんとし少々寒々しい。トイレ、水道完備で、駅寝ができそうだ(笑)

青海川駅思い出ノート
(駅ノート。)

 青海川駅は「日本海にいちばん近い駅」として有名で、日本各地から多くの人がこの鄙びた駅に訪れている。「高校教師」の放送以来、鉄道ファン以外の来訪者も増えたという。駅ノートの「思い出ノート」には、多くの人が来訪記念に青海川駅に来た足跡を残している。もう何冊も書き貯められていて、それらを有志の一ファンがワープロで打ち直し、再編集したファイルまであった。

青海川駅近くの信越本線旧線の橋脚
(信越本線旧線跡に掛けられた橋。)

 集落の中を少し歩き、川沿いに歩き、海岸に降りてみた。青海川の海岸は海水浴場のようで、海に面して、建物が何軒も建っている。もちろん、雪が降り荒む空の下、海岸には誰も居ない。積もっている雪越しに、ごろごろした大きな石を踏み付けながら歩み進む。

 鉄橋沿いに、信越本線の旧線で使われていた橋脚が未だに残っている。特急白鳥で通った時は、旧線時代のままの鉄橋が使われていたと記憶しているが、真新しい木の橋に架け替えられていた。

青海川駅東側にある岬と信越本線旧線トンネル跡
(近くの崖。)

 階段を上がりその橋を渡ってみた。橋の手前には「青海川駅(北国街道、六割坂)」と札が立っていた。北国街道は江戸時代「金の道」として栄え、佐渡で採れた金を江戸幕府へ運ぶ重要な街道だった。この辺りは米山三里と呼ばれ、北国街道最大の難所だったという。辺りの風景を見上げると、険しい斜面に取り囲まれている。そして、海からは強い風が吹きつけたのだろう。歩いていると当時の辛苦をいまだに思い起こさせる心地だ。

青海川駅信越本線旧線トンネル跡
(旧線トンネル跡。)

 その先に小さな岬があり、信越本線旧線のトンネル跡が見えた。近付いてみると、レンガ造りの古めかしいポータルが不気味に黒い口を開けていた。

青海川駅を通過する特急北越
(青海川駅を通過する特急北越。)

 しばらくぶらぶら散策して駅に戻って来た。

 信越本線は日本海縦貫線の一端を担い、貨物列車や特急列車などが往来する重要な路線だ。だけど、青海川駅には普通列車しか停車しない一ローカル駅に過ぎない。新潟からの金沢行きの特急北越も、青海川駅をかすめるように、一瞬で通過した。

青海川駅前の集落
(駅近くの集落。)

 上りホームから青海川駅付近の集落を眺めた。谷底に寄り添うように家屋が集まり、急斜面の上にもにも家屋が立ち並ぶ。

青海川駅、晴れて日本海を見渡す
(そして晴れ上がった…。)

 いつの間にか、徐々に天気は回復していき、到着して1時間ほどで嘘のように雪は止み、雲間からは光が射してくる。北国の冬の天気は気まぐれだ。

 再び下りホームにまわると、眼前に広がった日本海の素晴らしい眺めをしばし堪能した。

青海川駅の柵に使われる古レール
(古レールを再利用した柵。)

 海を眺めながら下りホームを歩いてみた。柵は古レールが再利用され、海風に晒されすっかり錆びついている。ホームの真中辺りはレールに穴を開けポールを通した柵だったが、さらにに進むと、レール同士を溶接した柵があった。

青海川駅と周辺の風景
(青海川駅と周囲の風景。)

 プラットホームの先端の方から青海川駅の風景をカメラに収めた。今はローカル駅に過ぎず、駅と周辺はひっそりとしている。しかしプラットホームは非常に長く、ホーム先端から跨線橋まで歩数を数えたら、何と200歩以上もあった。かつて列車が陸の王者だった頃を思い起こさせた。谷底の小集落とは言え、その頃、青海川駅はもっと賑わっていたのだろうとふと思った。


[2001年3月訪問](新潟県柏崎市)


() よく「日本一、海に近い駅」と言われ有名ではあるが、実際には北舟岡駅(JR北海道・室蘭本線)や、ホームが海に面した海芝浦駅(JR東日本・鶴見線)の方が、より海に近い。現在では名誉的称号のようになっていると言えるだろう。

追記: その後の青海川駅

 2007年(平成19年)7月16日10時13分に発生した新潟中越沖地震で、青海川駅も周囲の崖が崩落し、駅構内が土砂で埋まるなど甚大な被害を受けた。復旧工事では、この訪問当時の駅舎も建て替えられ、2008年3月25日に新駅舎が供用開始となった。

海の近くに佇む駅

下灘駅(JR四国・予讃線)
※瀬戸内海。青春18きっぷポスターに3回登場。(愛媛県)
肥前七浦駅(JR九州・長崎本線)
※有明海の干潟近くに木造駅舎が佇む。(長崎県)