タグ: 大井川鐵道(1) 駅と駅舎の旅写真館

大井川鉄道の駅をめぐる鉄道の旅。
静岡県のローカル私鉄で、金谷駅‐千頭駅間の大井川本線、千頭駅‐井川駅間の井川線を運行。
本線は39.5kmの路線に19駅を擁する。蒸気機関車牽引のよるSL列車や、大手私鉄で活躍したレトロな車両が人気だが、古く趣きある木造駅舎が多く残る。折角来たなら、少しでも降りて堪能しなければもったいない!地名駅は名物「日本一短いトンネル」で有名。


青部駅 (大井川鐵道・大井川本線)~木造駅舎と桜と古豪車両… レトロな春の風景~

大井川鉄道、桜咲く青部駅。レトロな旧南海電鉄の車両と木造駅舎

元近鉄の特急型車両16000系の各駅停車に乗り青部駅で下車した。プラットホームに沿って並ぶ桜の木々と、その向こうに広がる茶畑に出迎えられた。現在は一面一線の棒線駅だが、レールが剥がされた小さなホーム跡が残っている…

地名駅 (大井川鐵道・大井川本線)~木造駅舎と名物?日本一短いトンネル~

初めてとなる大井川鉄道の旅で、あれこれと下車し駅巡りを楽しみ、木造駅舎が残る地名駅で下車ししてみた。千頭の方を見ると、コンクリートの構造物が列車の門のように路線上に設置されていた。少しカーブがかかった上部には、髪の毛のように雑草が生い茂って…


Go to my SNS!
Instagram IconTwitter Icon