西幡豆駅(名鉄・蒲郡線)~名鉄のローカル線、小さな木造駅舎が残る駅~



片流れ屋根が印象的な小さな駅

 蒲郡線の駅巡りをしていて、古い木造駅舎が残る西幡豆駅で降りた。

名鉄蒲郡線・西幡豆駅、小さな木造駅舎が残る

 小さくほぼ箱状の単純な造りながら片流れの屋根になっていて目を引く。

 2000年代あたりから、名鉄では無人駅など末端部の小駅にも駅集中管理システム導入を進めていて、それに伴い小さな駅にひっそりと残っていたような古い駅舎が多く取り壊されてきた。しかし蒲郡線では導入の予定も無いという。それは、蒲郡線の存廃が問題になっていて、多額の費用を掛け導入した所で、廃止となってしまえば無駄になるからと取れなくも無い・・・。蒲郡線は名鉄に僅かに残ったローカル線の風情が楽しめるとは言え、そういう事情があることを思えば複雑だ。

 西幡豆駅の駅舎はいつ建てられたのだろうか?駅の開業は1936年(昭和11年)の7月24日。西幡豆駅両端の東幡豆駅‐三河鳥羽駅間が電化されたのが1946年だが、ウィキペディアに電化前の西幡豆駅の写真が載っている。その写真に現駅舎が映り込んでいるので、おそらく開業当初からの駅舎なのではないだろうか…。

名鉄蒲郡線・西幡豆駅、駅前の構内売店跡

 駅舎の向かいには構内売店の跡が残っていた。このように名鉄の駅に付随した駅前商店のような売店は、かつては三河一色駅、吉良吉田駅の駅前でも見られた。吉良吉田駅前のものは2008年までは営業していた様子だ。「構内」という響きが気になるが、名鉄の認可を受け、地元の業者が駅売店として営業しているのだろう。

名鉄蒲郡線・西幡豆駅の木造駅舎、待合室

 待合室は狭い。プラス切符売場と最小限の設備だ。しかし無人化され、窓口跡は埋められ、掲示物が貼られていたり、自動券売機が置かれていたりした。

名鉄蒲郡線・西幡豆駅、待合室に飾られた絵画

 待合室の窓の上には、付近の海や山などを描いた風光明媚さを感じさせる風景画が何枚も掲示されていた。その中にうさぎ島と猿ヶ島を描いたものもあった。

 三河湾沿いを走る蒲郡線は、かつては観光路線として名鉄に位置付けられていた。うさぎ島などの観光事業も手がけ、直通特急も運転されていた。しかし、レジャー利用客が減少すると、それらの事業からは手を引いた。車社会が進んだこの地域において、残ったのは学生など車を運転する事ができない少数の人々が中心となり、ついに蒲郡線の存廃までもが問題になるようになってしまった。

名鉄蒲郡線・西幡豆駅の木造駅舎、改札口跡付近

 かつての改札口付近はとても狭い。すれ違いが難しそうで、乗降する人々がぶつかってしまいそうだ。

名鉄蒲郡線・西幡豆駅の木造駅舎ホーム側

 駅舎をホーム側から眺めてみた。側面には古い手押しポンプがある井戸の跡、防火水槽も残り、レトロな雰囲気漂う。

名鉄蒲郡線・西幡豆駅、プラットホームと駅舎、古いトイレ

 近くの踏切から西幡豆駅を眺めてみた。小さな木造駅駅舎に古めかしいトイレ、そして短めのプラットホーム… ローカル線小さな駅の風景を留めていた。

[2009年(平成21年) 1月訪問](愛知県幡豆郡幡豆町)

~◆レトロ駅舎カテゴリー: 二つ星 私鉄の二つ星駅舎