駅と駅舎の旅写真館・Homeへ

信濃川田駅(長野電鉄屋代線、木造駅舎)


信濃川田駅訪問記と写真

信濃川田駅、駅名標と桜

 夕方、信濃川田駅で下車した。桜が散り始める時季だが、2番ホーム待合室横の桜はまだ奇麗に花を咲かせていた。

信濃川田駅駅舎とホーム

 信濃川田駅の駅舎をプラットホーム側から眺めた。漆喰や木の古びた質感が存分に感じられる駅舎。ただ、それ程丹念に手入れはされていないようで、トタンの屋根は錆び気味で、赤茶けた色をしていた。

側線跡

 構内踏切を渡ると、須坂方には貨物取り扱い用の側線が残されていた。現在では長野電鉄の廃車体の解体が、この側線で行われているという。天に召される前に最後にその身を休める所…といった感じだろうか?

枯池

 1番ホーム構内踏切近くには枯池の痕跡が残されていた。池の底がの一部が、更に円形に掘り下げられていたが、そこには何があったのだろうか?今ではゴミと雨水が溜まっているだけだが、駅員さんがいた頃は、丹念に手入れされ植栽も豊かに植えられていたのだろう…。

窓が塞がれた駅務室跡

 駅舎ホーム側の旧駅務室あたり。やはり丹念に手入れはされていなく、窓は板で塞がれ、漆喰は薄汚れ、木は古びている。だけど、新建材などでリニューアルされた駅舎とは全く違い、使い込まれた木造駅舎らしい味を感じさせる。とうに無人駅となってい。しかし塞がれた窓の間に「駅長の許可の無いものの入室を禁ずる」という木の札がついたままで、侘しさ誘われた。

信濃川田駅。古びた木造駅舎。

 信濃川田駅駅舎前景。回廊のように軒を巡らせた標準的な木造駅舎と言えるが、漆喰の壁面が目立つのが印象的だ。人気は少なくしばらく列車は来ないが、外国人の親子が待合室にいて、狭い待合室に知らない人と待つというのも何なので、しばらく入るのを控えた。

駅舎待合室

 しばらくすると先程の親子は駅前に来たバスに乗っていった。この駅舎はバス待合室的にも使われているのだ。

 そして、ようやく駅舎内待合室に入る事ができた。内部も大きく改装はされていない様子で、ただ朽ちてゆくままにという感じだ。汚れた漆喰と木の質感が外観以上にインパクトがある。

信濃川田駅の窓口跡

 とは言え、窓口はカウンターだ取り払われ窓は塞がれているが、木が露な様に魅かれる。これで窓口がほぼ完全な形で残っていたら非常に趣き深い雰囲気を放っていた事だろう。

信濃川田駅、2005年当時の窓口跡

 この駅には2005年の1月以来、2回目の訪問で、その時の写真を引っ張り出してみた。当時も無人駅だったが、窓口跡はまだ窓口らしい形状を残していて、手小荷物窓口のカウンターも一部が残っていた。

信濃川田駅待合室内の時刻掲示板跡

 改札口付近上部には古い時刻表の跡があったが、ご丁寧に紙が貼られ塞がれていた。木枠で作られ相当古いものと察せられる。紙をはがしてどうなっているか見てみたい衝動に駆られた・・・。箱のような形状をしているので、もしかしたら行灯みたいに電気が灯ったのかもしれない。

信濃川田駅、側線跡その2

 屋代方にも側線跡があった。前回は雪が積もっていたため、構内の様子を窺い知る事ができなかった。構内がこんなに広いとは思わなかった。2面2線の駅で、2方向に側線がある。木島-屋代間で正式には河東線と呼ばれていた頃は、貨物の取り扱いや保線の拠点などで、重要な駅の一つだったのかもしれない。2002年河東線の信州中野-木島間が廃止されると、運行の実態に合わせ、長野-湯田中間で長野線、須坂-屋代間で屋代線と路線名称が変更された。

構内外れの木造詰所跡

 屋代方の構内隅には鉄道員用の詰所跡、もしくは駅員宿泊施設跡と思われる木造の建物が残されていた。長野電鉄の木造駅舎には、古い詰所が残っている駅が目に付いたが、一部の駅を除きまともに使われている様子は感じられなかった。


[2009年4月訪問](長野県長野市)

追記、その後の信濃川田駅

 2012年(平成24年)4月1日、屋代線廃線により、信濃川田駅も廃駅となった。しかし駅舎はバス待合所として利用されているとの事。

 また構内には、自社発注車両のモ604など、長野電鉄で使われていた車両が何両も搬入されているとの事。しかし搬入されただけで、特に整備はされていないようで、保存と言うより放置の状態にあるとの事だ。