駅と駅舎の旅写真館-railwaystation.jp-

大畑駅(JR九州・肥薩線、木造駅舎)


駅前や周囲に人家は皆無の秘境駅

桜が満開の肥薩線・大畑(おこば)駅
(桜満開の肥薩線・大畑駅)

  4月のある日の夕方、人吉駅から吉松行きの列車に乗り、一駅の大畑(おこば)駅で下車した。かつては難所「矢岳越え」を往来する列車たちが、ひと時、体を休めた広い構内跡では桜が満開だ。

大畑駅プラットホーム上の湧水盆
(今も水を流し続ける湧水盆。)

 プラットホームの端では、湧水盆という花の形をした盆から水が溢れ出ている水場があった。水はとめどなく溢れ出、ホームをも濡らしバラストまで伝い落ちている。蒸気機関車時代、機関車付け替えの合間に、機関士や乗客達がこの水ですすで汚れた顔を洗ったという。天然の湧水との事で、飲んでみたい気はするが、飲用禁止の看板が出ている。

大畑駅の木造駅舎(ホーム側)
(プラットホーム側から見た大畑駅駅舎。)

 大畑駅には、明治42年(1909年)の駅開業以来の木造駅舎がいまだに残っている。駅事務室部分が拡張されるなど、改修の跡は見られるが、それでも昔の趣をとても良く留めた味わい深い外観だ。

 もうすぐ日が落ちようとしている今、人の気配が無くひっそりとしている。しかし、いさぶろう・しんぺい号の運行など、近年の肥薩線活性化で観光客が増えたためか、カラフルな民芸品や記念撮影用のボードが駅舎を賑わしているのが目を引いた。

大畑駅、木製改札口跡と造り付けベンチ
(木のままの改札口と造り付けベンチ。)

 駅舎に近づいてみると、改札口、造り付けのベンチなど、隅々まで木の使い込まれた質感が刻まれ、より味わい深い深さが迫ってくるかのようだ。改札口跡は狭く、ラッチがとても小さいのが印象的だ。山中の駅で、昔から利用者はさほど多くなかったのだろう。

大畑駅待合室、木製造り付け椅子。持ち送りが凝っている。
(待合室内の木製造り付けベンチ。支えとなる持ち送りが凝った形状だ。)

 

 大畑駅名物と言えば、待合室の壁や窓に貼られた大量の定期券、名刺や紙切れの数々だ。全国からの大勢の訪問者が、大畑駅訪問記念に貼り残していったもので、よくもまあこんなに集まったものだと感心させられる。

 しかしそんなインパクトに埋もれながら、窓口跡など待合室は昔のままの造りを垣間見せる。造り付けの木製ベンチを支える持ち送りは、和風建築を思わすような、曲線の形状をしている。すぐに造れるようなものではなく、100年も昔、一つ一つ大工さんが手作業で彫り込んで行ったものなのだろう。もっと簡単に、棒や板切れのようなものでも良さそうなのだが、こんな目立たない所に凝るなんて職人としての美意識かこだわりなのだろうか…?ただ感嘆だ。

 ベンチの表面には幾重もの木目が浮かんでいる。開業以来、大勢の人にひたすら座られ続けたのだろう。まるで削られるように、そして磨かれるように…。古い木造駅舎らしい、そんな使い込まれた質感が素晴らしい。

明治の木造駅舎が健在、JR九州・肥薩線の大畑駅。
(大畑駅。明治の木造駅舎が健在。)

 大畑駅駅舎を正面から見てみた。素朴で典型的な木造駅舎らしい雰囲気だが、肥薩線の他の木造駅舎と同じく、背が高めでずんぐりむっくりとしたデザインだ。ただ利用者数を考慮してか、嘉例川駅など肥薩線の他の駅に比べより小振りだ。木の板の古い質感はもちろん、庇のコンクリート瓦が苔むしている所などにも、この駅の過ごしてきた年月を垣間見る事ができる。

大畑駅木造駅舎、近撮。
(駅舎は木の質感が豊かだ。)

 駅舎に近づき軒下を見ると、ホーム側同様、木の味わい深い質感が更に迫ってくるかのようで、タイムスリップしたかのような心地だ。

 側面に飲料の自動販売機が置かれているが、黒い板で覆われている。いさぶろう・しんぺい号の小休止停車など、観光客の訪問が増え置かれているのだろうが、やはり明治の趣深い木造駅舎に、現代の自動販売機は似合わない。そんな思いを少しでも和らげるために、覆われているのだろう。

大畑駅、駅前の道
(大畑駅駅前の通り。)

 駅前には道が1本通っているだけで、周囲は小高い山や林に囲まれている。この僅かな空間を拓きこの大畑駅を作ったのだ。まさに秘境駅と言える雰囲気だ。住人が姿を現す事も無く、私がいる間、僅か数組の車利用の観光客が訪れただけだった。でも、それ自体も驚きだが。

大畑駅、保線作業員の詰所。
(詰所跡と石造りの給水塔跡。)

 道を進んでいくと、保線員の詰所と思しき木造の建物が残っていた。その背後には、蒸気機関車の給水塔だった石造りの円柱状の構造物が見える。

 ここから駅を離れ少し進むと、道は二手に分かれていた。う~ん…どっちに進もうか悩まされた。その一方に進んでみると、まさに山の中の道路だった。一分程歩くと何かの作業場らしき建物が見えたが。今日は休みなのか、既に廃業したのか、無人で明かり一つついていない。集落まで下りてみたかったが、先に見えるのは鬱蒼としてた山林の中に続く道のみで、すぐに人里が現れる雰囲気ではなかった。空は暗くなりはじめ、こんな寂しげな夜道を戻らなければいけないと想像すると不安になり、足は自然と駅の方に戻っていた。

大畑駅、車止め。
(大畑駅車止めまで歩いた。)

 大畑駅は険しい地形を乗り越えるためのループ線の途上にあるスイッチバック駅で、駅から出発する列車は来た方向に引き返す形になる。では行き止まりになっている筈の、更に先はどうなっているのだろうと思って先に進んでみた。錆びた2線分のレールはいまだに残り、ゆるくカーブした後に車止めがあった。しかし、もう一線は更に延び続ける。その先には何があるのだろうかと思いながら歩いた。

大畑駅からの人吉盆地の眺め。
(車止めを越えると人吉盆地を一望のもとにする絶景が…。)

 レールは直に途切れた。そして山深い景色が開け、人吉盆地を見下ろしていた。まさに絶景だ。人はこんな所を切り開き定住して、そして鹿児島までレールを通したのだと思うと、肥薩線がいかに凄くて、そしてそれを造り上げた人々がいかに偉大かを思い知らされる。

 天気が良いと、もっと広々とした素晴らしい眺めが望めるのだろう。そして山桜咲く春、緑眩しい夏、燃える紅葉の秋、雪で白く染まる冬…、四季折々の絶景が楽しめる事だろう。ここを展望台として整備すれば、大畑駅の新しい名物になるのではないだろうか…。

大畑駅側線跡の隅にある桜並木
(大畑駅構内に咲く桜。)

 構内に留置される車両がすっかり無くなり寂しくなってしまっても、先人が植えた桜は春になると忘れずに咲き誇る。夜の帳が降りる暗がりの中、艶やかに咲く様が昼とまた違った魅力があり印象的だ。

大畑駅構内、鉄道工事殉職病没者追悼紀念碑
(鉄道工事殉職病没者 追悼紀念碑。)

 桜並木の奥に入った所のループ線の入口辺りには、SLの動輪と「鉄道工事殉職病没者 追悼紀念碑」という碑がある。道無き道を切り開いた先人達の苦難を思い、私も静かに手を合わせた。

夜の闇の中、暖かな灯りに包まれ…

大畑駅、夜の待合室
(大畑駅待合室。)

 駅舎に戻ってくるとと、待合室には電気が灯ってた。オレンジ色の灯りが、定期券と名刺がたくさん張られた古い待合室を温かに照らし、訪問者をノスタルジック感溢れるような…はたまた異世界のような不思議な空間へと導く。

秘境駅・大畑駅駅前、ムード溢れる夜。
(夜になりひっそりとする秘境駅…。)

 暗くなっていくと、至近に民家が無い大畑駅前はどんどん寂しい雰囲気になっていく。もう観光客の気配も無く、時折吹く風が木々をざわつかせ、私の足音がなるだけだ。そんな夜の秘境駅のムードに酔いしれるような、不安を感じるような気分が複雑に入り混じっていく。

夜の大畑駅、行燈式駅名標と駅舎
(完全に夜の闇が覆い、照明が駅を浮かび上がらせる。)

 駅舎ホーム側の行灯式の駅名標が灯っているのに気づいた。下車した時に気づいていたが、随分古そうなので、閑散とした無人駅ではもう点かないだろうと思っていたが…。浮かび上がった大量の定期券や名刺と共に、独特の雰囲気を醸し出している

夜の大畑駅、スイッチバックに入線する列車。
(人吉行きの最終列車。)

 人吉行きの単行列車が軽やかにループ線を下り、スイッチバックし大畑駅に入線してきた。これが人吉行きの最終列車だ。この駅で下車した人は居なく、乗車したのは私だけだった。片手で数えられる僅かばかりの乗客を乗せ、列車は大畑駅を後にした。


(2012年4月訪問)

大畑駅・基本情報+

鉄道会社と路線
JR九州・肥薩線
駅所在地
熊本県人吉市大野町
駅開業年
1909年(明治42年)12月26日
駅舎竣工年
1909年※開業以来の駅舎
駅営業形態
無人駅
その他
・駅から徒歩約五分の所に「大畑梅園(人吉梅園)」がある。2月下旬~3月上旬辺りが見頃で、例年2月には「人吉梅まつり」が開催される。また、近年では桜の開花時期に「大畑駅さくら祭り」が開催され、コンサートなどイベントが行われている。
(詳しくは人吉温泉観光協会のイベント情報のページなどで。)

木造駅舎と秘境駅

上白滝駅(JR北海道・石北本線)
列車は1日1往復、国道沿いの小集落の中にあり、秘境駅度は意外と低い!?
紀伊細川駅(南海・高野線)
山間区間の斜面に立地。駅前からは山に囲まれた集落を見下ろす絶景。

肥薩線、その他の現存木造駅舎

肥薩線、今に残る明治・大正の木造駅舎を巡る旅
嘉例川駅、大隅横川駅、真幸駅、白石駅etc…をダイジェストで紹介。