駅と駅舎の旅写真館・Homeへ

亀崎駅(JR東海・武豊線)-現役最古の駅舎-

~シリーズ:武豊線の駅を見る (1)~


愛知県初の鉄道、武豊線の略歴

 明治の頃、関東と関西を結ぶ鉄道、中山道幹線建設が計画され、中部地区にそのための資材を運ぶ路線として武豊線が計画され、1886(明治19)年3月1日に武豊‐名古屋間が開業した。

 関東と関西を結ぶ幹線鉄道は工事の困難さから東海道経由に変更となり、1889(明治22)年に東海道本線が全通した。後に、武豊線の大府-名古屋間は東海道本線に組み入れられ、大府‐武豊間は東海道本線の支線となった。そして、1909(明治42)年に線路名称制定で武豊線という名前が付けられた。

 武豊線沿線は近年、名古屋のベットタウンとして発展していて、JR東海関連の不動産会社は、亀崎駅徒歩十数分の所に住宅地を開発し「ジェイタウン半田のぞみヶ丘」と名付け販売している。将来は2005年開港予定の中部国際空港へのアクセス路線として期待されている。また、沿線では、複線・電化を要望する声が強い

  武豊線は普段あまり注目されない地味な路線だが、愛知県初の鉄道という歴史ある路線で、その歴史を感じさせるものが未だにいくつも残り、大いに注目に値する路線だ。


亀崎駅訪問記と写真

 長い歴史があり、かつ発展著しく将来性のある武豊線の駅で、「ジェイタウン半田のぞみヶ丘」の玄関口の亀崎駅の駅舎は、1886(明治19)年と記述された建物財産標が残っている事から、現役最古の駅舎と言われている。地元にこんなに凄い駅があるとは最近まで知らなかった。旅に行こうとするとつい遠くに行こうとする。遠くばかりに目が向いていると、近くのものに気付きにくくなるものだ。

 中高生で賑わう日曜日の武豊行きの列車に乗り、島式ホームの亀崎駅で下車した。早速、跨線橋の向こうにある駅舎に目が向く。最古という事でイメージを膨らませていたのだが、築数年なのではと思える程の奇麗な木造駅舎で、それ程古さは感じない。

亀崎駅駅舎、現役最古の駅舎?
(亀崎駅。現役最古の駅舎と言われている。)
亀崎駅駅名板
(木の駅名看板)

 跨線橋を渡り、改札を出る前に駅舎の横で立ち止まった。木の色をイメージしたこげ茶色のペンキが塗られていて、古びているようには見えない。壁に触れてみると、ペンキ越しにザラザラとした木の感触がして、コンクリートのように固くひんやりしない。軽く叩いてみると、コンコンと紛れも無い木の反響があった。

 正面に回り改めて間近に見てみた。最近の白っぽい色の小奇麗なローカル線の駅舎とは違って、こげ茶色の木造駅舎は渋い独特の味を感じさせる。駅舎に取り付けられた駅名板も木製で、JRのロゴが入っているが、違和感は全く無い。1世紀以上も武豊線とこの地を見守るように生き続けてきた古老のようなこの駅が、未だに現役で、古さを感じさせない程大切に手入れされ、使われ続けているのは素晴らしい事だ。駅入り口右側には冬で枯れた桜の木が駅舎に寄り添っている。次は桜の時期に来て見るのもいいかもしれない。

  ホームに戻る前に改札内の駅舎の裏にあるトイレに入ろうとしたら、左手に黒くくすんだ井戸と、タイル張りの小さな洗面台があり、どちらもかなり古そうだ。井戸にはすっかり黒く錆び年季を感じる手押しポンプが備え付けられている。

 その後方には駅舎と同じ色をした木造の小屋が建っていた。小屋の入り口の脇には洗濯機が置かれ、屋根には洗濯バサミがたくさん付いた物干しがぶら下がる。この小屋から駅舎裏の従業員出入り口までの間は、渡り廊下のように屋根で覆われ繋がっている。駅ながら、不思議と生活の匂いがする空間だ。ただの倉庫か休憩所か何かだろうが、妙に気になった…。

 後日、亀崎駅を再訪した時、駅出入口横のキオスクのおばあちゃんに、駅舎裏にある木造の小屋は何なのかと聞いてみた。元は駅員の当直施設として使われたそうだが、今は泊り込みは無く、駅の施設として使われていると教えてくれた。


[2002年1月訪問](愛知県半田市)

亀崎駅、待合室。
(待合室と出札口。)
亀崎駅、駅舎裏の駅員宿舎と古井戸
(駅裏手の古井戸と木造の小屋)

⇒約8年後、数回目かの亀崎訪問記はこちらへ。より詳細に亀崎駅を紹介しています。桜の時季です!
亀崎駅再訪記」(※古く美しき駅舎 内。)