駅の枯池(+池庭)

駅舎に寄り添うように…
駅の片隅にひっそりと…
日本全国の駅を巡る旅で見つけた、駅の中の池のあるミニ庭園、またはその遺構、つれづれ。


下白滝駅の荒れた庭園跡と古駅舎(JR北海道・石北本線)

 丸瀬布駅からタクシーで下白滝駅に乗りつけた。線路両側を小高い山に挟まれた空間の駅前には牧場がある以外、建物はほんの数軒だ。

石北本線・下白滝駅。駅舎改札口横の荒れた一角。

 開業の1929年(昭和4年)以来の古い木造駅舎が残るが、元々の木材とは違った素材の板が所々にあてがわれ補修されている。年月を経た木材と交じり合い、駅舎の継ぎはぎ感が印象的だ。

 改札口跡の横の、背の低い松が植えられた一角が気になった。枯枝が積み上げられ、随分と荒れている...。

下白滝駅、駅舎横の枯れた池庭跡。多くの枝が棄てられている。

 気になって近づき良く見ると、松の前の穴には、たくさんの枯枝が棄てられていた。この穴...、恐らくは池だったのだろう。松はこの池に添えられたささやかな植栽だ。

下白滝駅の枯池、内部。

 池の縁はかすかにこんもりと盛り上がり、かつてここが池のある庭園だった面影をかろうじて残している。こびりついた苔が年月を感じさせる。

 更に探るように池の内部をじっくり見ようとしたが、枝が多すぎてよく解らない。しかし、池の縁取りに岩が使われている事は、なんとかわかった。

石北本線・下白滝駅の荒れた池庭跡と木造駅舎

 きっと池庭に水が湛えられていた頃は、古い木造駅舎とあいまっていい風情だったのだろう。周囲には木々や花々なんかが植えられていたのかもしれない...。

 しかし一年の3分の1以上が雪で覆われるだろう極寒の地に、よく池のある庭園なんかを作ったものだと思う。でもそんな寒い地だからこそ、雪が消え、草木の緑が深まり、太陽の光を反射する池のあるこの小さな庭園を見て、春の訪れを喜んだのではないだろうか...、駅員さんも地元の乗客たちも。

石北本線・下白滝駅、池庭跡とプラットホーム。

 この池庭はプラットホームの駅舎横の目立つ位置にある。かつては停車した列車の中からでも、良く見えたのではないだろうか...。


[2013年5月訪問](北海道遠軽町)

下白滝駅訪問ノート

石北本線・下白滝駅の木造駅舎と周囲の風景。秘境駅感漂う...

 1日1往復の列車しか停車しない上白滝駅と共に、石北本線の白滝と名の付く駅群「白滝シリーズ」の駅の一つ。現役の白滝シリーズの駅の中では、古い木造駅舎が残るのは、この下白滝駅と上白滝駅の"上下白滝コンビ"のみ。駅舎の古き良き趣きという点では、上白滝駅に一歩譲るかなという印象。しかし上白滝駅は、駅前の集落に十数件の建物があるので、秘境駅感では下白滝駅の方が上かなと思う。

 2016年3月のダイヤ改正で、この下白滝駅と上白滝駅、そして旧白滝駅と、白滝シリーズ3駅が廃止される方針と報道された。

※追記: 2016年2月、下白滝駅をはじめ廃止直前の白滝シリーズ3駅を巡る旅に出て、補完ブログに各駅の冬の風景や駅間徒歩の様子など、その時の旅行記を掲載。下白滝駅の訪問記はこちらまでどうぞ!