駅と駅舎の旅写真館・Homeへ

合戦場駅(東武鉄道・日光線、木造駅舎)


合戦場駅訪問記と写真

東武鉄道・日光線、合戦場駅。開業の1929年以来の木造駅舎。
( 東武日光線・合戦場駅、開業の1929年以来の木造駅舎。)

 合戦場駅駅舎。これと言ってユニークな造形や際立った個性がある訳ではないが、素朴さが良く、長年、使い込まれ味わいのある木造駅舎だ。1929年の開業当初からの駅舎とか。大手私鉄に数えられる東武鉄道だが、末端部のローカル区間になると、この合戦場駅だけでなく、現役で頑張ってる古い駅舎が多く、一日で訪問しようとすると目移りしてしまう程。

東武日光線・合戦場駅、駅舎車寄せ付近
( 車寄せ。)

 車寄せを支える柱が一本だけ真新しいものに交換されていた。金属製とか他のものでも良かったはずなのに、わざわざ木製のもう一本の方と同じ形のものにするとは、東武もやる事が律儀だ。

 合戦場という駅名は、室町時代の1523年、この地で合戦が起こった事に由来する。

合戦場駅、煙突など廃材が放置される。
( 廃材が放置される。)

 駅舎横の物陰には、ごみ焼却炉の煙突など廃材はひっそりと放置されていた。

合戦場駅、駅構内の農園!? キャベツが育つ。
( 駅構内の農園!?)

 そして、何故か駅の敷地内でキャベツやネギが育てられていた。きっと、地元の人が土地を勝手に拝借し、東武側もそれを黙認しているのだろう…。

東武鉄道の古駅舎らしい造りを残す窓口跡。
( 東武鉄道らしい造りを残す窓口跡。)

 窓口跡。現在は無人駅となっているが、出札口跡とそれより低い台の手小荷物窓口跡も健在だ。

 窓口下部の波状の壁面は、東武の木造駅舎でよく見られる装飾だ。細長い円筒を縦長に切って、内面を表にして一本一本貼り合わせていったもの…、という言い方が近いだろうか…?別にこのような装飾にしなくても、フラットな木の板で塞いでも支障はないだろうが、あえてこのような手の込んだ装飾にするとは、駅空間に対する東武のちょっとしたこだわりに思える。

合戦場駅、駅務室内部
( 駅事務室内部。)

 駅務室を窓越しに覗いてみた。やや汚れているが、電話ややかんなどがあったった。それに整頓されていたりで、人の出入りが時々ある事を物語っている。 

合戦場駅プラットホーム。かつては2面3線だった。
( プラットホーム。)

 プラットホーム。かつては2面3線だったようだが、今は2面2線のみ使われている。

東武鉄道・日光線、合戦場駅改札口付近
( 改札口付近。)

 かつての改札口付近。乗降車駅証明書発行機がデンと居座っている以外は、昔ながらの木造駅舎の風情をよく保っている。

東武日光線・合戦場駅、木造駅舎ホーム側。
( 駅舎ホーム側。)

 立ち去る前に惜しむように駅舎をホーム側から眺めてみた。使い込まれくすんだ壁面がいい渋味を放ち、強く私の目を引きつけた。

 古駅舎の宝庫と呼べるほどの東武鉄道のローカル区間だが、ここ数年で建替えの波が押し寄せてきている。そして、この訪問から2年過ぎて、合戦場駅も木造駅舎の横に仮駅舎が出現しているという噂がウェブ上で流れている。また趣きある駅舎が、ひとつ失われてしまうのだろうか…。


[2005年3月訪問]
栃木県下都賀郡都賀町(※訪問時)。現在は栃木市)

追記: その後の合戦場駅

2007年(平成19年)7月、新駅舎が供用開始となり、その後、開業以来のこの木造駅舎は取り壊された。新駅舎は小さな駅事務室があるだけの簡易駅舎だ。

東武鉄道、駅巡りの旅

東武鉄道小泉線・伊勢崎線、木造駅舎めぐり
篠塚駅、西小泉駅、世良田駅…
堀切駅の池庭
茂みにひっそりと存在する金魚が泳ぐ小さな池