駅と駅舎の旅写真館 railwaystation.jp

木戸駅 (JR東日本・常磐線)~謎のお城と驚きの枯池~

~駅の枯池(+池庭)~

駅舎に寄り添うように…
駅の片隅にひっそりと…
日本全国の駅を巡る旅で見つけた、駅の中の池のあるミニ庭園、またはその遺構、つれづれ。


車窓の外に見えたモノ…

 JR東日本・常磐線の下り列車に乗車中、楢葉町の木戸駅に停車した。反対側の上りホーム側を見ると、お城のミニチュアが置かれているのが目に入った。ミニチュアと言っても、人の背丈の高さはあろうかという大きさでかなり目立つ。思わず目がぐっと引き付けられてしまう程のインパクトがある。

JR東日本・常磐線・木戸駅、城と濠を模した枯池

 上り列車で折り返している時、再び木戸駅に停車した。やはりあの城に目が行ってしまう。下り列車の車窓より間近で見る事ができ、何気に見ていると、城の周囲が浅く掘られコンクリートで整えられいる事に気付いた。それはまるで池であったかのように...。

 城のミニチュアが置かれているとだけでも印象に残るのに、まるで濠を模した、あるいは水上の城を思わせるような凝った展示していたなんて...。そうなると、俄然、このお城のの興味が増し、予定を変更して、数駅過ぎた所で再び下り列車に乗り。木戸駅に降り立った。

駅舎側1番線にも枯池が!

 何とか木戸駅に下りる時間を捻出したため、時間的に余裕は無い。列車が駅舎側の1番ホームへの到着だったため、駅舎を手短に撮影して、城のミニチュアのある2番線に向かおうとした。すると、駅舎横にも小さな枯池があるのに気付いた。まさかあの城の他にもう1つ池の跡があったなんて…。意外すぎる収穫に驚く事しきりだった。

JR東日本・常磐線・木戸駅、1番線・駅舎横の枯池。

 池の中程にデンと石が居座り、池の底面からは雑草が生い茂っている。池の横は丘を模したのか、コンクリートがこんもりと盛り上がった造形だ。その上には松や燈篭などが配され、どこか日本庭園的な造りもある。よくある水が抜かれた枯池と思ってこの池を見ていたが、とても凝った仕掛けがあるのに気付き、目を見開き唸らずにはいられなかった...。

JR常磐線・木戸駅、駅舎横にある枯池、水路! ?

 それは丘のような造形の部分に、浅い溝が設けられ、枯池へと下るように繋がっていたのに気付いたからだった。起点となる丘側の溝の端には、プラスチックの管が見える。注水口だろうか...。そう、その「溝」とは水路...、いや川なのだろう。注水口から丘の上を緩やかに下るように浅い水路が伸び、そして枯池と繋がっている。

JR常磐線・木戸駅の池庭跡、池に続く水路

 ~丘の上から水が川を下るように流れ、やがて水を湛えた池に注がれた。池の中では金魚がスイスイと泳いでいる...~

 この池が現役の頃はそんな感じだったのだろう。そんな事が頭の中に自然と思い浮かび、とても楽しい気分になってくる。きっと乗降客たちもそうだったのだろう。たかが駅の飾りのはずの池に、これほどまでに凝り遊び心に満ちたたものを造ったとは…。しかも上りホームには、ミニチュアの城を配した池まである。二つのユニークでインパクトのある池庭を発見した驚きは、3倍にも4倍にも達する心地だ。駅の中の池庭・枯池を見るようになって、まだ多くを見てきた訳ではないが、ユニークさで西の横綱を池谷駅(JR四国・高徳線)なら、東の横綱こそこの木戸駅だろう。

あの城とお堀の枯池

木戸駅、2番ホーム側枯池、お城の濠を模している。

 もっと見ていたかったが、上り列車の時間が迫ってきたので、急いで跨線橋を渡り反対ホームに向かった。あまり時間が無いながらも、城のミニチュアの前に立った。他の枯池のように水が張られた池だったとは断言できないのかもしれない...。しかし、単に城のミニチュアを展示するのに、わざわざ周りを掘ってコンクリートで整えるのは無駄だし、石垣の下の方だけが色が薄くなっているのは、かつて水に浸かっていたのでは思わせ、隅に排水口と思われる管があるなどの理由で、私はかつてここには水が張られていたのではと思っている。

 同じ列車を待っていた地元のおばさんが言うには、この木戸駅のお城は、かつてこの地域にあった城をイメージして作られたものだという。

JR常磐線・木戸駅、2番ホームのお城と濠を模した枯池


[2006年(平成18年) 1月訪問](福島県双葉郡楢葉町)

☆このページをシェアする。

=[AD: 関連アイテム]==
えきたの 駅を楽しむ〈アート編〉
珍駅巡礼
[↑↑ページ上部へ]