駅巡りの旅の新たな武器を手に入れた



「駅鉄」悩みの種…

 駅舎巡りとか全駅訪問とか、駅巡りの旅が趣味領域となっている鉄道ファンは、よく「駅鉄」などと言われるようです。

 しかしローカル線となると、日中の列車の間隔が3時間以上も空く区間が少なからずあります。2時間位だったらダラダラと過ごし、逆にそれがいい思い出になるのですが、3時間にもなると、さすがにきつい場合もあります。

 近年では列車の削減で、5~6時間空く区間も続々と出てきています。去年2020年の夏に旅した宗谷本線名寄~稚内間もそうですし、最近公表されたJR西日本のローカル線の列車本数削減も気になります。

 駅訪問の補完手段として、部分的にバスを使う事もあります。しかし過疎化が進む田舎だと、バス路線さえも廃止になり、結局、鉄道以外の手段が無い地域も。それにバス路線があっても本数が少なく、運悪く時間が合わないケースが多いんですよね…

 1時間位…、距離にして4~5㎞程度だったら駅間徒歩も楽しものです。しかし一回の駅間徒歩でそれを超えると、さすがにきつさが勝り、労力の割に満足度は低くなる傾向があるので、2時間近くを要する駅間徒歩は経験した事がありません。

 そんな状況なので、中には現地ではきっぱり列車という手段を捨て、レンタカーで駅巡りをする人も。


 コアな駅鉄の人は、一度位はこう考えたも人が多いのではないでしょうか?
「自転車を折り畳んで鉄道で旅し、列車が少ない区間は次の駅まで自転車で行けたらなぁ…」
と。
そこで買っちゃいました!
念願の折りたたみ自転車を。

駅巡りの新たな相棒、折りたたみ自転車・DAHON(ダホン)K3

駅巡り+鉄道の旅の新たな相棒、折りたたみ自転車・ダホンK3

 買ったのはミニベロ(小径車)や折りたたみ自転車で有名なDAHON(ダホン)のK3。列車乗車時は自転車をコンパクトに折りたたみ袋に収納する「輪行」という旅のかたちを取る事になります。

(※ダホンの日本の公式ウェブサイト)

駅巡りで活躍する?折りたたみ自転車・ダホンK3

 折りたたみ自転車は、ホームセンターで売ってるような数万円の安い車種もあります。だけど、もうちょっといいのが欲しいと思い、専門店でK3を買いました。自転車を購入するのは四半世紀前の北海道キャンプ旅以来。

 折りたたみ自転車は駅間の移動では大きなメリットですが、収納時の移動では大きな足かせとなります。ダホンK3の重量は公称7.8Kg。この位なら、私が海外に行く時のキャリーバッグよりやや軽いと思えば、まあ何とかと言った感じ。

 あと、20インチ以下のホイールのミニベロって、運転のし易さとかどうなのかなと不安でした。ダホンK3は14インチ径で、傍から見て明らかに車輪が小っちゃいです。しかしショップでK3に試乗すると、意外なほど違和感無くよく走ったので、購入の決め手になりました。

 小径車なので、折り畳んだら大型コインロッカーに入りそうなほど小さいです(まだ試していないですが…)。折り畳み設計なので、ロードレーサーやMTBと言った、普通の大きさの自転車で輪行するよりはるかに楽で、2分あれば展開や収納ができます。


 折りたたみ自転車での駅巡りは、長年、くすぶっていた構想でもあります。何で折りたたみ自転車だったかと言うと、免許は持っているのですが、ペーパードライバーです。何よりも乗り鉄として、列車の旅は絶対に捨てたくなかったので、レンタカーや自家用車は私の駅巡りの次の手段にはなり得ませんでした。

 どうせなら駅間の移動は、街や沿線の空気感ものんびり愉しみたいので、歩くより少し早くて止まりたい所で気軽に足を止められる自転車は私にぴったりです。

折りたたみ自転車・DAHON K3と丸ポスト

 手にして約2週間。色々、乗っています。運動不足を感じたり、試しに輪行袋に入れかついで重さに閉口したりと、こんな事で大丈夫なのかと、正直、早くも心が折れそうです(笑) でも、ちょっとずつ慣らしています。


「輪行となると、列車乗車の時に車端部にまず自転車を固定しなきゃいけないから、席取りは厳しいなぁ…」
「カメラや旅道具を収納したバッグパックに、約8Kgもある自転車が加わるのはしんどそう…」
「それに、駅への上下車のどちらかは列車にこだわりたい性質なので、そういうマイルールとの折り合いもどうしたものか…」
新たに数々の悩みも湧き上がってきています。

 しかし、毎回、旅に自転車を持っていくつもりは無く、輪行&駅巡りの旅を実際にやってみて、どうしても無理だったら、K3は日常使いか、その他の旅で使えばいいやという程度の緩い気持ちでいます。


近々、試しに日帰りで輪行で駅巡りの旅に出る予定です。

あぁ…、早く一日に列車が3往復しかない木次線難関区間にあるJR西日本最高所の駅、三井野原駅から一気に自転車で駆け下りたい。あるいは、普通列車が一日一往復しかない日豊本線の宗太郎‐北延岡間の駅を巡りたい!


Go to my SNS!
Instagram IconTwitter Icon