駅の枯池(+池庭)

駅舎に寄り添うように…
駅の片隅にひっそりと…
日本全国の駅を巡る旅で見つけた、駅の中の池のあるミニ庭園、またはその遺構、つれづれ。


柳井港駅 (JR西日本・山陽本線)~急行停車記念碑のある池庭跡~

 JR山陽本線の柳井港駅下車し、松山の三津浜港行きの船に乗る前の僅かな時間、駅を観察していた。すると駅舎横のトイレの前に、枯池があるのを発見した。

JR西日本・山陽本線、柳井港駅のトイレの側にある枯池(2005年)

 レンガで縁取られた台形状の直線的な形状で、真上には植物棚が配されている。洋風っぽいと言え、駅の池では珍しいタイプだろう。洋風と言っても、瀟洒な感じはせず素っ気無く、浴槽っぽいとも言える。植物棚の花が咲いた時はまた風流なのかもしれないが...。

柳井港駅、ヨンサントオダイヤ改正での急行列車停車記念碑。

 台形状の池の先端には、レンガの小さな碑が設置されていた。刻まれていた文字を見ると
 「柳井港駅 急行停車記念 
    昭和四十三年十月一日」
と書かれていた。昭和43年10月...このダイヤ改正は、白紙ダイヤ改正と言われるほど大規模なもので、国鉄が「ヨンサントオ」と称し広く広報活動を行ったという。そのヨンサントオ白紙ダイヤ改正により、柳井港駅に急行が停車するようになったのを記念して造られた記念碑で、池は記念碑の一部のような形で同時に造られたのだろう。

 柳井市内にある駅としては、隣の柳井駅の方が市街地にあり中心駅と言える。それなのになぜ優等列車をわざわざ柳井港駅に停めたのだろうと思う。恐らくは、柳井港から出る瀬戸内海の対岸・松山行きなどの船舶への乗換客を見込み急行を停車させたのだろう。

 しかし今現在、柳井港駅に停車するどころか、通過する定期の急行列車さえも無くなってしまった。

 モニュメントは噴水のような排水設備でもあったようだ。池の水が抜かれてしまった今でも、壊れてしまったためか、頂上からはチョロチョロと水が流れ出て、モニュメントを伝い濡らし、池の底の排水溝まで続いていた。

 「急行停車の喜びも今は昔...」
枯れ上がった池を見て、そんな古文のような1節が、ふと心の中を過ぎった。

 
[2005年6月訪問]

再訪記

柳井港駅の枯池。埋められていた...(2011年)

 駅に残る廃れた池庭の跡「枯れ池」に興味を持ち出した頃に発見し、とての印象的だった柳井港駅の枯池をもう一度見てみたいと思っていた。そして6年振りとなる2011年の夏に再訪を果たした。

 相変わらずあの池跡と急行停車記念碑はあった。しかし、池は土で埋められ砂場のようになっていた。雑草まで生えていて、おそらくこれを見た人は、廃れた花壇があるとしか思わず、よもや池だったとは想像だにしないだろう。暗くなり落ちて怪我をする危険があるため埋めたのだろうか...。かと言って費用を掛けてまで、特に壊す必要が無いためと思われるが、ヨンサントオ白紙ダイヤ改正の記念碑を壊すに忍びなかったのかもしれない。

 記念碑の上に注水設備があった事は前回に気づいていたのだが、改めて観察してみると、それが思わぬ物であった事に気づいた...。

 記念碑の裏手を何気に見てみると、人形の首が転がっていてドキッとさせられた。更に回りを見ると、30センチばかり離れた所に、胴体も枯葉の上に寝かされたように放置されていた。胴体の方をよく見てみると...、小便小僧だ。いくら陶器とは言え、首と胴体が狙ったように真二つに壊されたままの姿を見てしまうと、まるで殺人事件の第一発見者にでもなったような、一瞬心が凍りついたような心境になる。恐らく、私が前回訪問した6年前から...、いや、もっと前からずっとこのまま放置され続けているのだろう。壊れてなお微笑みを浮かべる小便小僧が不気味さをより印象付ける。そして、かつて駅利用者が和ませたであろう者の忘れ去られた末路だと思うと、何と哀れなと思わずにはいられなかった。

柳井港駅の枯池、壊れて遺棄されたままの小便小僧

[2011年7月訪問](山口県柳井市)