駅と駅舎の旅写真館 railwaystation.jp

諏訪ノ森駅 (南海電鉄・本線)~大正築の小さな洋館駅舎~


ステンドグラスが美しい西駅舎

 浜寺公園駅の洋風木造駅舎を堪能した後、上り列車に乗り、1つ隣の諏訪ノ森駅で下車した。浜寺公園駅がもの静かな雰囲気だったのに対し、こちらはスーパーなどがある商店街の中にあり、街は活気づいている。

 諏訪ノ森駅の配線は2面2線だ。しかし、上りと下りのプラットホームは約60m離れていて、それぞれ独立した構造になっている。地下道や構内通路と言ったホーム間の通路は無く、改札内に入ってしまうと反対ホームには移れない。駅舎もそれぞれのホームに小さな駅舎が設置されている。

 下りホーム側の「東駅舎」は、窓口、券売機、自動改札機を収納しただけの素っ気無い小さなコンクリート駅舎だ。待合室は無く。ホーム上屋の下にあるベンチで列車を待つ事になる。

諏訪ノ森駅上りホーム側の西駅舎。大正8年築の洋風木造建築。
(大正8年築、諏訪ノ森駅駅舎。上りホーム側の「西駅舎」。)
南海本線・諏訪ノ森駅西駅舎。規模は小さい。
(小振りな洋風木造の西駅舎。)

 しかし上りホーム側の駅舎は、1919年(大正8年)に建てられた洋風の木造建築で、「西駅舎」と呼ばれる。窓の形状や石材で造られた袴腰などが印象的な小さな洋館と言った雰囲気だ。築80年を越える古い駅舎だが、丁寧に手入れされているようで、古さは感じない。機能的には、切符のやりとりするためだけの下りホーム駅舎とほぼ同じだ。しかし、つぶさに見ていくと、今どきの小奇麗で無味乾燥な簡易駅舎には無い味わいと気品があり、格の違いをまざまざと感じさせられる。

 諏訪ノ森駅の開業は1907年(明治40年)で、場所は現在の東駅舎付近にあった。開業時は北浜寺駅という名称だったが、翌年に諏訪ノ森駅に改称された。

 1919年(大正8年)に、駅は現在の西駅舎の場所に移転となり、その時に今に残る洋風木造の西駅舎が建てられた。

 相対式のホームを有する構内配線だったが、さすがに大阪都市圏の駅として手狭になっていったようで、1966年(昭和41年)、約60m北に下り用ホームと駅舎が設置され、現在のような駅構造になったという。

諏訪ノ森駅西駅舎、作り付けの木製ベンチ。装飾が洒落ている。
(西駅舎の造り付けの木製ベンチ、装飾が洒落ている。)

 西駅舎は下りホームのものよりかは、少しだけ広い。…とは言っても7~8人も入れば超満員だ。広さは10畳ちょっと位だろうか…?しかしその割に背の高い駅舎で、天井は意外と高い位置にある。

 自動券売機の横に壁の窪みにすっぽり収めたような、木製の造り付けベンチが設置されている。この一角は、周囲のさりげない装飾がレトロで洒落た感じがし、木の造りや質感は歴史ある雰囲気を醸し出す。

 この西駅舎は1998年(平成10年)に国の登録有形文化財に指定された。そして、2003年(平成15年)には、第4回「近畿の駅百選」にも選ばれた。

諏訪ノ森駅西駅舎のステンドグラス。このあたりのかつての海の風景。
(西駅舎のステンドグラス。かつてのこのあたりの海の風景という。)

 西駅舎では、正面出入口上部にある5つ並ぶ採光窓がステンドグラスになっていて、一枚の風景画を奏でているかのようで、洋館が一層映える。松並木のある海の風景で、海の向こうには淡路島が見える。この近辺のかつての海の風景だという。そして、この松並木の美しい海岸は浜寺公園まで続いていたのだ。美しいステンドグラスに当時の様子をしばし偲んだ。

 駅をあれこれ見ていると、おばちゃんが自転車で駅に乗り付け、一番最初に目に入った私に、まくし立てるような大阪弁で質問してきた。南海のプリペイドカードで、スルットKANSAIカードとしても使える「コンパスカード」の残額の処理の仕方が解からなかったようだ。

 一応答えたのだが、納得できなかったようで、今度は同じような口調で駅員さんに質問する。しかし、そのおばちゃんはなかなか解からないようで、駅員さんにマシンガンのように言いたいことを浴びせ続ける。途中で、自分の自転車が気になったのか、自分の側まで持ち込み、なおも食い下がるように駅員さんにまくし立てる。駅舎内に嵐急襲されたかのような雰囲気になり、自転車まで停められてしまい、ただでさえ狭い駅舎が余計に狭くなってしまった。何と言うか・・・、大阪のおばちゃんパワーはやっぱり凄いなあ…。でも、そんな大阪のおばちゃんパワーを不思議と溶け込ませてしまう包容力は、この駅舎が大正の時代から、ずっとこの地に佇み続けているゆえなのだろうと妙に納得していた。

南海本線・諏訪ノ森駅、離れた下りホーム側を見る。
(西駅舎付近から離れた下りホーム側を見る。)


[2003年1月訪問](大阪府堺市西区)

追記: 諏訪ノ森駅の今後

 南海本線の堺市区間の高架化事業に伴い、古く歴史ある諏訪ノ森駅西駅舎と浜寺公園駅駅舎の行く末が危惧されていた。堺市や住民の間で、長い間、論議が重ねられ、両駅舎とも新駅舎の側で保存される事になった。

 そして2019年(令和元年)5月24日の営業を最後に西駅舎の使用を終え、仮駅舎に切り替えられる事になった。

南海本線・諏訪ノ森駅、下りホーム側の東駅舎。
(諏訪ノ森駅、下り専用の東駅舎。(2010年撮影) )

南海電鉄の木造駅舎

浜寺公園駅(本線)
壮麗な洋風木造駅舎は私鉄最古の駅舎。(大阪府)
紀伊細川駅(高野線)
集落見下ろす山間部の秘境駅。 (和歌山県)