駅と駅舎の旅写真館 railwaystation.jp

紀伊浦神駅(JR西日本・紀勢本線)~駅舎と駅前をぶらぶら探索~


改修された白い木造駅舎が味わい深い…

 2013年年明けの紀勢本線の旅で最後に訪れたのが、木造駅舎が残る紀伊浦神駅だった。駅舎は傾く太陽の光を浴びながら佇んでいた頃だった。

JR西日本・紀伊浦神駅駅舎ホーム側

ホームから列車が離れた後、駅舎を見てみる。改修されていて木の質感溢れるいでたちという訳ではないが、木の柱や建物下部にコンクリートの装飾が施されているのが目を引いた。

紀伊浦神駅プラットホーム

 プラットホームの幅は国鉄・JRの島式ホームとしては狭く、中小私鉄を思わす。普通より1~2m程狭く細長いといった印象だ。この旅で下車してきた紀勢本線の駅には狭い幅のホームが多く感じた。この辺りのローカル駅はみなこのような感じなのかもしれない。

 駅舎へはホーム端の構内踏切を渡り、更に構内通路を通らなければいけなく、随分と遠回りさせられている気分でめんどくさい。

紀伊浦神駅「再確認」の表示

 駅舎の軒下に差し掛かると、軒を支える木の柱に赤色で「再確認」と書かれた看板が取り付けられているのを発見した。有人駅時代の表示だろうが、一体何の確認をしたのだろう…。

紀勢本線、紀伊浦神駅、味わい感じる木造モルタル駅舎

 紀伊浦神駅の駅舎は、壁をモルタルで改修された木造駅舎が現役だ。改修されと言っても、何十年と長い年月が過ぎているのだろ。使い込まれ、味わいのある雰囲気を漂わせていた。

紀伊浦神駅の花壇

 無人駅となっているが、駅舎の手前にはきれいに整えられた花壇があった。地元の人々が手入れしているのだろうか…?ただ冬の今、花は咲いていなかったが。

紀勢本線・紀伊浦神駅、駅舎待合室

 駅舎内部は外観同様、白く再塗装されるなど内部も改修されているが、昔の趣をよく留めているのがとても印象的で、予想外だった。出札口こそシャッター付きのものに改修されている。しかし、造り付けのベンチと手小荷物窓口の台はほぼ原形のままだ。そして壁には木の骨組みが露出しているのが昔の駅舎らしい。味気なく改修されてしまう駅が多い中、ここまで残っていれば、木造駅舎好きの私としては上出来と思う。それに古いと言ってもひどく寂れた雰囲気は無い。手入れが行き届いているのだろう。かつての改札口には使われていない乗車証明書発行機がさび付いたまま放置されていた。 

紀勢本線・紀伊浦神駅、待合室の木製造り付けベンチ

 白いペンキが厚く塗られているが、まさに昔のままの造り付け木製ベンチは、まさに木造駅舎らしい。ペンキ越しに木目が浮き出ているの。そしてベンチの脚が床面に向かって緩くカーブをしながら先細りしていく造りが面白い。まっすぐに加工した脚の方が手間が掛からなさそうなのに、細かい所に凝るものだ。

紀伊浦神駅、駅舎待合室の天井

 そして更に面白いのが天井が漆喰で固められている点だ。中央の蛍光灯が設置されている場所には、円形の照明の台座も残っている。

紀伊浦神駅窓口跡(出札口、手小荷物窓口)

 出札口跡と手小荷物窓口跡。出札口はシャッター付きとなりカウンターも新しいものに替えられていた。紀伊浦神駅が無人化されたのが1985年だ。そして30年近くも、ずっとシャッターは閉じられたままなのだろう…。

紀伊浦神駅、津波時の避難経路

 待合室の壁には津波の避難経路と場所を標した紙が掲示されていた。今回、紀勢本線で下車した駅では、このように避難経路を掲示していたり、駅の海抜を標した表示があったりと、津波への警戒を呼びかける表示が目立ったのも印象的だった。東日本大震災を目の当たりにし、多くの区間で海が近い紀勢本線沿線の街では、特に危機感が強いのだろう。

駅前へ…

紀伊浦神駅、駅前

 駅前はのどかなローカル線らしい雰囲気だ。駅から海は近いが、少し奥まった入り江近くにあるため、駅前を少し歩いただけでは海の気配は感じられない。

紀伊浦神駅、駅前の干物屋

 だけど駅前を歩くと、サンマや小魚を盛大に並べ天日干ししている干物店があり、魚の匂いがほのかに漂う。ああ海に近いんだなと実感…。

紀伊浦神駅プラットホーム上、謎のレール跡

 さあ、もうすぐ列車が来るからもうホームで待ってようと思った。何げにホームにいると、中ほどでレールが埋まっているような所があって何だろうと不思議に思った。少し考えると、これはホーム切り欠いて作った構内通路の階段だったのだろうなと気付いた。この階段・通路跡と思われる所の行き着く先は駅舎改札口のほぼ正面だ。そして先程の「再確認」の赤文字…、それは構内通路を渡る際に注意を促すものだったに違いない。今でこそ、ホームと駅舎を行き来するには遠回りをしなければいけないが、駅員さんがいた頃は、少なくとも駅員さんは…、もしかしたら乗降客も最短経路の構内通路で行き来していたのかもしれない。

 小さな疑問を解決し、すっきりした気分でこの駅を離れ、帰路に着いた。


[2013年(平成25年) 1月訪問]

紀伊浦神駅基本情報まとめ

鉄道会社と路線
JR西日本・紀勢本線
駅所在地
和歌山県東牟婁郡那智勝浦町大字浦神
駅開業日
1936年(昭和11年)12月11日
駅舎建築年
1936年(昭和11年)※駅開業以来の駅舎
駅営業形態
無人駅
紀伊有田駅
改修されているが、新調された木製のベンチが素晴らしい!(和歌山県串本町)
一身田駅
古い木造駅舎だが改修され和風の外観に。(三重県津市)
冷水浦駅
和歌浦湾が垣間見える駅。謎の構造物がある。(和歌山県海南市)
=[AD: 関連アイテム]===
木造駅舎の旅 (鉄道遺産シリーズ)
時代と歩んだ国鉄列車 DVD-BOX 全5枚セット【NHKスクエア限定商品】
鉄道アーカイブシリーズ 紀勢本線 きのくに線の車両たち [DVD]