駅と駅舎の旅写真館・Homeへ

冷水浦駅(JR西日本・紀勢本線)


気になる構造物に引かれ冷水浦駅で降りてみた。

 有田鉄道に乗りにいくため、朝の新大阪発紀伊田辺行きの列車に乗った。前日が夜行列車だったため、車内では深い眠りへと落ち、気が付いたら和歌山を過ぎていた。車内を見渡すと黒い制服を着た学生でぎゅうぎゅう詰めだった。

 眠り眼のまま車窓をボーっと眺めていると、海が垣間見える小さな駅に停車した。そしてゆっくりと、列車が動き出しホームを外れると、突然にホームの残骸のような物が目に入り、側面には「停車場中心」と書かれた停車場中心標があり、目を覚まされたかのように驚いた。次に停車した駅が加茂郷だったので、その駅は冷水浦(しみずうら)という駅だいう事は解った。

冷水浦駅の気になる建築物跡。
(冷水浦駅の外れには、気になる構造物が…。)
冷水浦駅プラットホームから眺める和歌浦湾
(プラットホームからは和歌浦湾の眺めを望めた。)

 その駅、いや、プチ廃墟のような構造物に惹かれ、有田鉄道に乗った後、引き返す途中に冷水浦駅に立ち寄ってみた。下車したら頭がクラクラするような暑さに、早くもうんざりとする。駅は和歌浦湾の奥まった所の、海が垣間見える立地にあるが、対岸は工場が目立ち、あまりいい眺めでないのが惜しい…。これが漁港や街並みだったら、さぞ風光明媚な風景だっただろう。斜面に位置する2面2線の相対ホームで駅舎は無く、ホーム上には小さな上屋がある待合所があるのみだ。

 下りホームに渡り、プラットホームのような残骸を見てみる。年月の汚れが染み付いたような汚れたコンクリートで、車両1両分の長さもなさそうな小さなスペースだ。道床に降りる小さな階段と、錆びついた柵が付いている。この残骸は切り崩された跡が無く、プラットホームにしては車両との間隔が離れているので、プラットホームだったのではなく、業務用の設備や建物があったのかもしれない。

冷水浦駅への急坂
(駅までの上り坂。木の下をくぐると、
上りホームの1番線に出る。)

 側面にある停車場中心標をよく見ると、停車場中心と書かれた下に「367K670M」と小さく書かれていた。この数字は、紀勢本線の起点、亀山から、この冷水浦までの時刻表の営業キロの数字を足した367.7kmに非常に近い数字だ。367K67を切り上げると、まさに時刻表の数字になる。停車場中心標とは、営業キロの算出に利用される駅の基準を示すもので、駅の中心的な建物に置かれるものらしい。だが、この残骸は、どう見ても現在は駅の中心ではない外れにある。もちろん、停車場中心標は、単純に駅の真ん中を示すというものではないが、違和感を感じる。でも、以前は残骸に駅の中心となるような建物があったのかもしれない…。

 駅は斜面の少し高い所にある。下りホームから集落に降りるには、一旦、レールの下をくぐり、上りホームに上がる階段の前に出てから坂を下る事になる。坂の途中には、あの残骸を支える脚が斜面から伸び出ていた。昔の駅構内と言えば、一般的に駅舎と言われる駅本屋を中心に、保線員詰所、貨物用ホームや上屋、駅員宿舎、ランプ小屋(危険品庫)など、様々な建築物で構成されていた。冷水浦駅もかつては色々な施設があったのかもしれない。しかし斜面という立地ゆえ、あのコンクリートの構造物を形成して、駅設備を設置する必要があったのだろう。難しい立地に何とかして、必要な駅施設を作ろうという苦心の跡が窺え興味深い。

 海沿いの集落をちらりと見てから、駅に戻ろうとした。太陽が照りつける急坂を見た瞬間、うんざりした気分に襲われた。この坂を上るのかと…。連日がうだるように暑い夏の盛りに、この短い坂はかなり応え、余計汗だくになった。桜の大木をくぐると、上りホームに出た。早速、上屋の僅かばかりの日陰に下に逃れ、列車待ちの間、扇子を取り出しバタバタと扇いだ。


[2002年7月訪問](和歌山県海南市)