駅と駅舎の旅写真館・Homeへ

完成が近づくJRタワーを見て想う札幌駅の思い出


札幌駅の思い出

「ポンポンポ~ン、 お待たせしました、間もなく3番線に…」
今でも目を閉じて札幌駅を想うと、間延びした電子チャイムの音と、それに続く列車案内の自動音声が最初に脳裏に浮かび、この無機質な駅の構内放送に不思議と胸が熱くなる気分になるものだ。


 私が初めて札幌駅に降り立った時は、すでにプラットホームは高架化され、地下にはショッピング街のパセオがオープンして間もない頃だ。初めて降り立つ私にも、札幌駅が国鉄時代のイメージを脱却し、新しい時代に入ったと感じたものだ。しかし、地上駅の残骸があちらこちらから垣間見え、国鉄時代の残り香も漂ってきたものだった。

 札幌駅と言えば、幾度となく通り過ぎ、私と北海道旅行では切っても切り離せない場所だ。北斗星、トワイライトエクスプレスで一晩を過ごし北海道に一歩を標す地。または帰路、この駅から寝台特急や快速エアポートに乗り込む時は、旅の終わりを強く実感する時でもある。

 そして道内夜行の列車の出発までのひと時を過ごした事は何より思い出深い。「ひと時」と言ったら何だかカッコいいが、実態は、深夜近くの出発時間まで、する事が無くでダラダラと時間を過ごしていただけの話なのだが…。

 お酒もそれ程飲まないため、地元の酒場に入って地酒を愉しむと言った過ごし方も性に合わなかったので、駅のベンチに座って時を過ごす事が多かった。また比較的遅くまで営業している駅内のミスタードーナツにいる事も多かった。値段もそれ程高くなく、特に冬の旅では寒さがしのげるのが有り難かった。

 どんな過ごし方であれ、1日行動した後なので大抵疲れていて、次々と耳に押し寄せる駅の構内放送に、自分の乗る列車の案内はまだかと、うんざりした気分で過ごしたものだった。

 そして出発の1時間間~30分位前になったら自由席の列に加わっていた。それでも出発まではかなり時間はあるが、私と同じ目的…道内特急・急行の自由席が乗り放題のワイド周遊券を利用し、道内夜行を宿代わりに使う旅人が並び始めるので、確実に席を確保するためには早く並ぶ方が安心できた。

まもなく完成、札幌駅JRタワー

 そして北海道初上陸から十数年、札幌駅はまた大きく変化を遂げようとしている。2003年に、「JRタワー」という大規模な商業施設を併設した駅ビルがオープンとなるのだ。「駅」という枠に留まらず、北の都はなおも変化を遂げようとしている。

建設工事中の札幌駅。大丸が入る左側。
( 建設中の札幌駅JRタワー全景。外観はほぼ完成したようだ。)

 2002年、3月に札幌駅に降り立った。オープンを1年後に控え、JRタワー建設工事の真最中だが、外観はほぼ出来上がり、完成時に近い状態の姿を見る事ができた。堂々とした大きな建築物だが、ベージュとオフホワイトのシックで柔らかな色使いで、ヨーロッパのレトロな建築物を見ているような印象を受ける。壮大でも巨大建築物にある威圧感はあまり感じないのはそのデザインのせいだろう。

 建物のこのデザインは3代目の札幌駅駅舎をイメージしたとの事だ。著名デザイナーがデザインした建物中央の青い大時計と、その下にあるガラスのドーム「アピアドーム」とのコンビネーションもレトロデザインの中にも未来的な感じを添え、いい雰囲気を作り上げている。

 建築物の高層ビルの部分には、ホテル「JRタワーホテル日航」、温泉やエステなどあるスカイリゾートスパ「プラウブラン」、オフィスゾーンの「JRタワーオフィスプラザさっぽろ」が入る。建物中央部にはショッピングゾーン「札幌ステラプレイス」、シネマコンプレックス「札幌シネマフロンティア」が入る。西側には北海道初出店となるデパート「大丸」の札幌店が入る。

建設中の札幌駅、JRタワー。
( ガラス張りのアピアドームと洒落た大時計。)

 近年のこのような大規模な駅ビルの主なものに、名古屋駅のセントラルタワーと、京都駅がある。私の印象では、前者は2本の白い塔が均整を取るように遥か高くにそびえ立つ未来的な雰囲気だ。後者は、古来よりの日本情緒残した古都・京都の玄関口にあって、アニメか映画に出てくる要塞のようで、ギラギラと黒光りした様が威圧感とインパクトをより強くしているように感じる。札幌駅のJRタワーはそのどちらでもない。この3つの中で、私は札幌駅のJRタワーのデザインが一番好きだ。

 このJRタワーは、2/22にシネマフロンティアが、3/6に大丸、ステラプレイスなどと順次オープンしていき、5/31にホテルとスパがオープンして、全ての施設が出揃う事になる。JRタワーは次回札幌に訪れる際は、是非とも訪問したいスポットだ。

 新しくなっても、私にとってこれから何度も通り過ぎる旅の駅なのだろう。札幌駅がどう変貌を遂げていくのか楽しみだ。


[2002年3月訪問](北海道札幌市)

復元された札幌駅3代目駅舎
( 札幌駅三代目駅舎。北海道の歴史的建築物を
集めた北海道開拓の村に復元された。