駅と駅舎の旅写真館・Homeへ

山陰桜路~駅・桜旅2007~


山陰最古の駅舎・御来屋駅と桜

山陰最古の駅舎に桜の老木が寄り添う。
太い幹が切られているが、今年も美しく花を咲かす。
駅舎共々、かくしゃくとしている。

御来屋駅(JR西日本・山陰本線)
[⇒御来屋駅訪問記


名和駅近くの桜

駅から一歩ると、坂の上に桜が見事に咲いているのが見えた。
その様子に魅かれ桜の下に歩み寄った。
振り返ると桜のトンネルの向こうには
走り抜ける列車と日本海の風景が
まるで桜の望遠鏡で見ているかのように望めた。

名和駅(JR西日本・山陰本線)


湯里駅旧駅舎跡地と桜

駅舎跡地で記憶を頼りに、かつての出入口付近に立ち桜を眺めた。
駅から出ると桜がこうやって出迎えてくれたんだと、
ありし春を想像し、味わい深かった木造駅舎を偲んだ。

湯里駅(JR西日本・山陰本線)[⇒湯里駅旧駅舎訪問記


三江線、川戸駅改札口と廃ホームの桜

駅も桜も列車が再びやってくるのを待っている。

(JR西日本・三江線、川戸駅)


川平駅、提灯が掛かる桜の木

駅前の桜には提灯が吊るされ、まるで桜祭りの雰囲気。

(JR西日本・三江線、川平駅)[⇒川平駅訪問記


青原駅廃ホームの桜

ふと下車したローカル駅の廃ホーム。
草生し廃れた風景が、
春は桜で華やかに彩られる。 

青原駅、桜のつぼみ。

桜が咲き乱れる中、咲き遅れた花がひとつ。
その様子が可愛らしく、
無数の花の中、その花ひとつに強く心が吸い寄せられた。

青原駅、側線跡の桜

駅員さんや貨車で
かつては賑やかだったであろう側線跡に、
廃ホームと錆びたレール、
そして一本の桜の木が残っていた。

(以上3枚、R西日本・山口線、青原駅)