駅と駅舎の旅写真館・Homeへ

乙川駅~武豊線の駅を見る(4)~


無人駅となったが木造駅舎が残る乙川駅

 数週間程前に訪れた亀崎駅と半田駅の間に、乙川(おっかわ)という駅がある。1933(昭和8)年開業で、最古と言われる亀崎駅の木造駅舎、JR最古の現役木造跨線橋のある半田駅のように、これといったものがあったり、有名な駅という訳でははない。だが、駅南西側の線路沿いに、蒸気機関車が静態保存されているのが車内からでも見られ、気になる存在だ。

 この蒸気機関車はC11 265で、武豊線で活躍し、武豊線のSLさよなら列車を牽引した記念に、半田市民ホール横で静態保存されている。その横には半田市鉄道資料館があり、地元だからふらりと気軽に見に行こうと思った。しかし、この資料館は第1、3日曜日(1月は第2、3日曜)しか開いていな。どうせならC11 265だけでなく、資料館も見たかったので、近場でありながら行く日はかなり制限された。

武豊行き普通列車
( 乙川駅に入線する武豊行き普通列車。)
乙川駅駅舎。
( 武豊線・乙川駅。改装されているが古い木造駅舎だ。)

 ある雨の日曜日、乙川駅で降り立った。跨線橋を渡ると無人駅ながら駅舎は健在だ。トタン壁の外観だが、元々、木造駅舎で、待合室内は古く使い込まれ、木造の雰囲気が感じられる。

 壁に「落書きをしたら通報します」と、半田駅駅長の強い口調の注意書きの紙が貼られている。無人駅ゆえにいたずらなど不心得物の餌食になりやすいのだろう。でもそこまで言うとはかなり落書きが酷かったに違いない。今はペンキで塗られそうは感じさせないが、それでも「Doragon Ashを聞こう」などど落書きされてしまっている。

 これから目指す市民ホールは線路の反対側で踏切を探して渡らなければいけない。小雨の中、踏切を目指して駅前の住宅街の中を足早に歩いた。

 踏切を渡ると、雰囲気はがらりと変わり、周りは工場がいくつも建つ。国道247号線を歩き始めてすぐ、昔の駅名標のような白い木の看板が立っていて、「蒸気機関車展示中」と書かれている。ここが市民ホールの入り口だと解かった。

半田市民ホールに保存されているSL・C11-265
( 静態保存されているC11 265。半田市鉄道資料館も隣接。)

 中に進むと大きな市民ホールの敷地の隅に蒸気機関車・C11-265が佇んでいるのを見つけた。保存状態が良く、車体は黒光りしていてきれいだ。側にはこのC11-265の生い立ちが書かれた看板も設置されている。それによると1944(昭和19)年製造で、最初の6年は岐阜県の国鉄明知線で活躍した後、武豊線や笹島の貨物ヤードで入替に活躍し、1970(昭和45)年6月30日武豊線のSLさよなら運転を担当。総運転キロは1.108.037kmに及び、その多くを武豊線で過ごしたとの事。

 さよなら運転の約3ヶ月後の10月26日に廃車になった。しかし、半田市民からの要望で、半田市に無償譲渡されたという。武豊線に縁が深いだけあって、当時の半田市民の思い入れは並々ならぬものだったのだ。

 周辺は人通りが少なく、どちらかというと閑散としていて、私がいる間、鉄道資料館の係員以外は誰も見なかった。そこまで愛さ功績を称えるなら、もう少し賑やかな所に居させてあげればと思わなくも無いが…。

 C11 265と市民ホールの影で、遠慮がちに建っている小さな建物が半田市鉄道資料館だ。小さいなれど、サボなど武豊線の興味深い資料をはじめ、レールなど鉄道関係の物が所狭しと並べられている。「東海道支線」と書かれた昭和50年(?)の武豊線の時刻表が貼り出され、当時は1時間に1本の運転で、いかにもローカル然とした時間だ。現在は短編成ながら30分に1本の運転で、廃止されたり減便される路線もある中で、また車社会が顕著なこの地域で頑張っているものだ。

 書籍コーナーもあり、私が一番、興味を引かれたのが乙川駅の業務日誌だった。きっとあの木造駅舎の駅事務室で、駅長さんや駅員さんが、今日の駅での出来事を綴ったのだろう。強く興味を引かれ、何十年も昔の乙川駅の息吹に是非触れてみたいと思った。しかし、残念ながら「貴重な書籍」に分類されていて、閲覧は不可能だった。


[2002年2月訪問](愛知県半田市)

追記 : その後の乙川駅

 乙川駅のこの木造駅舎は2006年(平成18年)に取壊し、簡易駅舎に改築となった。

 また、半田市民ホールは取壊しとなり、半田市鉄道資料館とC11-256蒸気機関車は半田駅北側に移設された。資料館の開館日など、詳細はリンク先でご確認下さい。⇒半田市の半田市鉄道資料館紹介ページ

乙川駅新駅舎と駅前の桜の木
( 乙川駅新駅舎。春は桜が美しい駅だ。(2010年4月) )