駅と駅舎の旅写真館・Homeへ

石勝線楓駅~1日1往復,日曜運休の駅~

目次
楓駅の不思議
久しぶりに楓駅を訪問
楓駅の設備を見る
追記: 楓駅廃止とその後
当サイト内関連ページ

楓駅の不思議

 北海道に楓駅という一風変わった駅がある。札幌-道東を短絡する石勝線の駅の1つだが、特急が飛ばす本線上から分岐した一線隣りの小さな駅舎に、朝1日1往復の列車のみが発着する。楓から新得までは山林が続くばかりで、集落は点在する程度なので、駅はあっても特急列車のみの運転で、普通列車は無い。なので楓駅は普通列車の行き止まり駅となっている。ちなみに、楓駅の東隣の駅は、28.6km先の占冠駅だ。

 ここ数年は、5.7km西の新夕張駅から1日1往復の列車が乗り入れるだけだった。しかし、その列車さえも、2001年7月1日からは日曜運休になってしまった。それらの事から、楓駅の利用客はさぞ少ないのだろうと察せられ、そこまで来ると、存在している事が不思議だ。

 そんな駅、鉄道ファンとして見過ごせるはず無く、1990年台前半の冬に訪れている。ただ、その頃の列車本数は現在の4倍もあった。…と言っても、4往復なので多いうちには入らないが。それでも楓駅はその当時から気になる駅ではあった。

1990年代前半の楓駅。冬の夜…
(夜の楓駅で出発を待つ列車。(1990年代前半))

 夜だったので、手持ちの1992年の時刻表から推測すると、18:56の新夕張発に乗って19:12の楓発で引き返したのだろう。ちなみに、当時はこの一往復が、楓駅に発着する最終列車となっている。楓駅で降りた乗客は数人で、駅周辺は灯りが少なく、とても暗かったという記憶がある。さすが列車本数が少ないだけはあると半ば呆れ、感心してしまう風景だ。しかし、車掌さんは(ワンマン運転で運転手さんだったかも)「集落があるし、あっちの方には物産センターもあるよ」と言っていた。随分夜とは様子が違うんだろうなと思い、いつか再訪しようと決めていた。

 だが、果たせぬまま時が過ぎ、いつの間にか列車本数が2往復、1往復と減ってしまい、楓駅廃止の噂さえネット上で流れるようになった。そして2001年の7月1日からは、1日1往復の貴重な列車さえ日曜運休になってしまった。

 一方で、石北本線、宗谷本線の乗降客が限りなく0に近い6駅が廃止される駅のリストラが実行され、楓駅にも廃止の足音か迫ってきているように思えた。まして楓駅前からは、新夕張を経由する夕鉄バスが一日数本走っていて、代替交通機関の問題も全く無い。むしろ、住民が普段使っている公共交通機関はバスの方だろう。このような状況に焦ったように、遅まきながら楓駅を再訪しようと決めた。

久し振りに楓駅を訪問

 昨晩、釧路から特急まりもに乗り、4:52に追分駅で降りた。約1時間待ち、5:47発夕張行きの3両編成の普通列車に乗り、新夕張でに向った。新夕張からは6:45発の楓行きに接続する。

 6:18に新夕張に到着し、最後尾の車両が6:23に折り返し千歳へ、先頭の車両が6:30に夕張へと散っていき、残った中間の一両が6:45発楓行きで「新夕張-楓」のサボを掲げ出発を待っている。ここに来るまでも乗客はほんの数人とかなり少なかったが、遂に私1人になってしまった。

 新夕張に到着して30分近く乗客を待ったが、結局誰も来ず、私1人を乗せて楓行きワンマン列車は出発した。少し市街地を走り、夕張川を渡るとすぐトンネルに入り、延々と暗い中を走る。5分程でトンネルを抜けると、山間の楓の集落が見え、防雪シェルターに潜ると本線から外れて走り、定刻6:54分に楓駅に到着した。

楓駅駅舎と車止め。
(新夕張発の列車が楓駅3番線に到着。乗客は私だけ…。)
楓駅と一日一本の列車。
(楓駅駅舎と3番線を見下ろす。)

 国道274号線の沿線に立地し、道の反対側には、団地、ヨーロッパの城風の建物の北海道物産センターの屋根などの建物が見える。昔は炭坑の町だったというが、閉山となり、今は山に囲まれた静かな集落だ。確かにあの時、車掌さんが言っていた通りで、何も無いということはなかった。折り返しまであまり時間は無いが、プラットホームの上で、7:02発新夕張行きになる列車を待っている人は誰もいなかった。

 楓駅でしばらく写真撮影をし、駅舎後方の楓駅全体を見渡せる跨線橋に立った。占冠側には、今では信号所として使われている2面2線の相対式ホームが見下ろせる。

 列車が停まっているホームの様子を見ていると、この時間ならローカル線の主要顧客の学生がいてもおかしくないが、1人として見掛けない。楓駅だと、帰りの足がないので、当然バス利用だろう。このまま乗客ゼロなんだろうと思っていたら、何と中年男性1人が列車の中に消えていった。少し時間を空け、中年男性、中年女性が続いて列車に乗り込んだ。雰囲気から察するに、地元の人達で、私のような鉄道ファンではない。夕鉄バスよりも運賃が安いなど、ここからJRに乗る人にしてみれば、利点が全く無いわけではないのだろう。ただ、帰りはバスなど他の手段なのだろうが…。

  列車の運転手さんが出てきて、跨線橋にいる私に向かい、声では届きそうも無いので、ゼスチャーで「乗らないのか」と合図をしてくる。私もぜズチャ-で腕で大きく×印を作り「乗りません」と合図する。それを見た運転手さんが再確認するように腕で×印を作る。私も再確認のため腕で×印を作る。運転手さんは納得し、列車の運転室に向った。1日1往復なので運転手さんも乗り遅れが無いように気を使うのだ。「乗りません」と一言伝えておけば、気を使わせずに済んだと反省・・・。そして、定刻の7:02に、数人(たぶん3人)という少ない乗客を乗せ、列車は楓駅を離れた。楓駅の始発列車と最終列車が、同時に出てしまったことになる。

楓駅の設備を見る

 夕張線登川支線廃線跡を訪ね、9:30頃、再び楓駅に戻って来た。楓駅は、元々、紅葉山(現;新夕張)と登川間の唯一の中間駅として、今よりも、やや西側に位置していた。しかし、1981年(昭和56)10月の石勝線開通に先駆け、同年6月30日に、夕張線登川支線は廃止された。そして、石勝線開業時に、楓駅は現在の位置に移設された。

楓駅待合室
(楓駅待合室。現状では空しいほど広い。)

 今日の列車は終わってしまったが、駅舎には鍵が掛けられることなく、待合室の中に入り一休みできた。コンクリートの中は奇麗で、10脚のベンチが規則正しく並んでいる。昔は発車前にはこのベンチが埋まったかも知れない。でも現状を考えると明らかに過剰になってしまったものだ…。

 ゴミ箱はごみが溢れる事も無く、隣の汲み取りのトイレは臭ってくるという事もない。利用者は少ないが、掃除はきちんとされているようだ。利用者がいないから汚れないのという見方もできるが。ベンチに座って休んでいると人の気配がした。黄色いヘルメットを被った保線員さんが、ホームの先端で何か作業をしてすぐ帰っていった。

楓駅の時刻変更を告げる張り紙
(7/1からの楓駅発着列車の時刻変更を
伝える駅舎内の貼り紙。日曜運休
ということが赤ペンで強調されている。)

  駅舎前にある小さな駐車場の横から、左手に通路が伸びている。そこを進むと、先程跨線橋から眺めた本線上にある2面2線の相対式ホームが目の前に現われ、そして1番線に達した。一人前の立派なプラットホームだが、旅客列車の乗降扱いは無く、信号所として使われ1日数本のすれ違いがあるだけという。比較的新しめで、鉄筋で組まれたホームの上には、アスファルトが敷かれている。1番ホーム側に建物があり、駅舎かと思ったが、「新夕張保線区楓中間休憩所」言う看板が掲げられていた。3番線も含め、駅の施設そのもには鄙びた雰囲気はあまり無い。

 1番ホームの反対側に2番ホームがある。番線つけ方が変則的で、北側から、駅舎のある3番線、3番線と通路で繋がり少し占冠側に離れた本線上の1番線、反対側の2番線となっている。1番ホームから2番ホームに渡りたいが、駅内の跨線橋や構内踏切は無い。線路を渡るのは危ないので、保線の休憩所の横を通り、一旦駅の外に出て、新夕張行きを見送った跨線橋を通り、大回りをしなければいけなかった。

本線上にある楓駅1、2番線
(写真左から、楓駅の1、2番ホーム。
旅客扱いが無く実質的には信号所。)
本線上の楓駅駅名標
(1番ホームの楓駅駅名標。行き止りの3番線の駅名標には
記述されていない隣駅「しむかっぷ」が入れられている。)

 跨線橋を渡ると高台で、左に曲がると、2番線へ下る階段があった。階段はシェルター状の屋根に覆われ、冬の雪深さを物語る。だが、駅としてはまともに利用された事が無く…、というか元々信号所としての利用しか想定していなかったのだろう。雑草が今が盛りとばかり生い茂る。入口のサッシ扉のガラスが割れ、薄暗い空間がぱっくりと口を開けている様は廃墟の趣きさあえある。雑草を掻き分け、その中に足を踏み入れ、所々壊れているシェルター状階段の中を下ると、ようやく2番ホームに立つことが出来た。ホーム上をうろうろしていると、釧路行きの特急スーパーおおぞらが1番ホームを一瞬で通過し、占冠方面に消えていった。

楓駅2番ホームへ降りるシェルター状の階段
(2番線への階段の入口。)
楓駅2番ホーム
(本線上の2番ホームに立つ。)

 楓駅から、夕張線登川支線跡を探りながら歩き、昼頃に新夕張駅に着いた。暑い中をひたすら歩き続けていたので、半ばへたり気味で、待合室のベンチに座り扇子を激しく振って休んでいた。

 その時、近くで、駅員さんと中年女性が話していて、日曜日がどうのこうのという会話が耳に入ってきた。ああ、そういえば、この人、楓駅側の跨線橋から見た、新夕張行きの列車に乗った中年女性と背格好や服装が似ているなと思い出した。この人は、今や貴重な楓駅の日常的な利用者なのかもしれない。なので駅員さんや運転手さんとも自然と顔見知りになっているのだろう。用事を済ませて帰る所だが、帰りの列車は当然無いので、ここでバスを待ってるようだ。余計不便になって、楓駅の利用者も、つくづく大変だなと感じた。


[2001年7月訪問](北海道夕張市)

姉妹サイト「my旅BOX-鉄道旅行と旅」内関連ページ: 「北海道廃線跡紀行-夕張線登川支線

追記: 楓駅廃止とその後

 2004年3月13日、楓駅は遂に廃止となった。但し、旅客駅としの廃止で、楓信号所としては現在も現役。

 駅舎と3番ホームは同年内に取り壊しとなったものの、3番線のレールは保線車両の留置線として残っている。また本線上の1、2番線のプラットホームや設備は、信号所として使われている事もあり、そのまま残っている。

廃駅~路線は現役でも廃止されてしまった駅~

新垂井駅跡(国鉄東海道本線)
1986年廃止。勾配緩和のための下り線専用の迂回で、下り列車しか停車しなかった。
南下沼駅(JR北海道・宗谷本線)
2006年廃止。利用客減のため廃止。
笠寺道駅跡(名鉄・瀬戸線)
1944年休止、1969年廃止。2010年過ぎまで駅舎が民家として残存していた。