駅と駅舎の旅写真館、Homeへ

飯田線南部・桜駅めぐり(2)


大海駅

大海駅、桜の横を特急伊那路が通過

三河東郷から一駅、北に戻り、大海駅で下車した。
車内放送では、列車交換のため数分の停車と案内されていた。
ホーム端の築堤に咲く桜にレンズを向け待っていると、
特急伊那路が桜の横をゆっくりと通過していった。

大海駅駅名標後ろの桜

1番ホームの駅名標後ろでも、桜が見事なまでに花開いていた。
白い花が多くを占める中、濃いピンク色の花が
くっきりと咲いていたのが鮮烈に映った。

大海駅、業務用ホームの桜

 構内には何本かの側線が残り、
駅舎の反対側には、貨物用か保線用だったと思われるスペースが残っている。
そこにも、大きな桜の木が満開の花をさかせていた。
だけど、もう使われていないがらんとした場所に佇む姿は
「ポツンと…」という言葉が似合う、
どこか寂しげな雰囲気を漂わせていた。

大海駅駅舎と桜

駅舎横の桜も見事だった。


茶臼山駅

茶臼山駅駅名標と桜

 茶臼山駅の駅舎は味気無い待合室のみの簡易駅舎に建て替えられてしまった。
しかし桜は相変わらずの枝いっぱいの花を咲かせている。

茶臼山駅、ホーム上に落ちた桜の花びら

プラットホームには、数え切れない程の桜の花びらが降り注いでいる。
時折、風が駅を通り抜けると、桜の花びらがふわっと舞い上がり
北の方に軽やかに駆けていった。

茶臼山駅、駅舎横の桜の吹き溜まり。

 駅舎横には、落ちた桜の花びらが寄せ集まっている所があった。
ああ、誰かが掃き集めたのだなと思って見ていた。
その時、優しい風が吹いた。
すると駅前に散り落ちていた桜の花びら達が、一斉に舞い上がり、
風の形を作っているかのように、静かに同じ方向に流れていった。
そして最後に、くるくると小さな渦を作りながら
あの駅舎横の桜の吹き溜まりに同化した。
散り果てた桜は、仲間と共に終の棲家を目指して旅をしていたのだ。

茶臼山駅自転車置き場

 普段は何とも無いありふれた駅の光景も、桜によって美しく彩られる。