駅と駅舎の旅写真館 railwaystation.jp

津軽新城駅(JR東日本・奥羽本線)~雪の中に佇む明治の木造駅舎~


青森の厳しい冬に耐え続ける明治の木造駅舎

 青森駅から奥羽本線の列車に乗り、2駅の津軽新城駅で下車した。真冬を迎えた駅は、雪で真っ白でなおも雪が降り注いでいた。雪が滅多に積もらない地域に住む私は驚く事しきりだ。

JR東日本・奥羽本線、津軽新城駅プラットホームと駅舎

 駅は2面3線の構造で側線もあり、片隅には除雪車が留置されてた。

青森県、津軽新城駅、雪に埋もれる1番線と駅名標。

 寒さが厳しい2月、1番ホーム背後は除雪されず雪の壁と化していた。駅名標が雪に埋もれつつ、かろうじて姿を覗かせている。

奥羽本線・津軽新城駅2,3番線上の待合室

 島式の2、3番ホーム上にはログハウス風の新しい待合室が設置されていた。中に入ってみたら、やたらと細長く狭苦しい室内で、先客がいたらかなり気を使いそうな雰囲気だ。

 ホーム上に、私と同じく一眼レフをぶら下げた人がうろついているのが見えた。同好の士と言った風情だ。駅巡りの旅をしていて同好の士と居合わせるのは珍しいなと思っていると、他にもホーム大館方の端でカメラを構えた人が数人いた。益々不思議に思っていると、そう言えばもうすぐ寝台特急日本海が通過していく時間だなと思い納得。昨日、ちょうど同じ頃、私も日本海に乗って終点の青森を目指していた。定期運行取りやめ1ヶ月を前にして、車内からは日本海の雄姿を写そうとする何人もの鉄道ファンを目にしたものだった。この時間に津軽新城駅で降りたのも行きがけの駄賃、何かの縁と思い、私も日本海を狙う事にした。

奥羽本線・津軽新城駅駅舎ホーム側

 駅舎は駅開業の1894年(明治27年)以来という木造駅舎が未だに使われている。しかし新建材で大きく改修され、正直、外観からは古き良き趣きというものは感じない。

終点の青森を目指し津軽新城駅を通過する寝台特急日本海

 ホーム青森方で頃合を見計らい待っていると、数分遅れで寝台特急日本海が現れ、あと僅かの終着青森を目指し走り抜けていった。特に厳しい今季の冬の気候で、2月前半は何日も運休日が発生してしまった。そんな中、よく無事に来てくれたものだ。

奥羽本線、雪がしんしんと降る津軽新城駅

 寝台特急日本海通過後、駅舎を眺めた。雪は止むことなく、しんしんと降り続くばかりで、駅舎の姿を霞ませる。

青森市、跨線橋から見た津軽新城駅前の眺め

 跨線橋から駅前を見てみたら、住宅が立ち並ぶ街並みはすっかり雪に覆われていた。青森駅の次で、利用客は1日500人を越える。この辺りの主要駅ではない駅にしては利用客は多いほうだ。

除雪作業中の津軽新城駅。

 ひとまず駅舎を通り抜け外に出てみた。するとヘルメットを被った作業着姿の人々が、除雪作業の真っ最中だった。

奥羽本線、駅開業の明治以来の木造駅舎、津軽新城駅

 少し待って駅舎の前景を撮影した。人の動線に合わせて除雪をしているためか、雪の捨て場が無く動線から外れた所を雪の集積場にしているためか…、人の通り道にならない所は雪が高く積もり、駅は雪の山で囲まれているかのようだった。

 明治の木造駅舎で、それらしい形状ではあるが、やはり正面も改修され外壁は新建材ですっかり覆われてしまい、古さはゆえの味わいはあまり感じさせない。車寄せの柱は古い木の質感を感じさたが…。雪の間から垣間見える緑色の屋根と外壁の水色と白色の塗り分けが特徴的だ。左側にはトイレが増築されていた。

津軽新城駅窓口と自動券売機。

 業務委託駅で早朝、夜間以外は駅員がいる。

 窓口も完全に改修されていて、手小荷物窓口跡と思しき所は2台の自動券売機が置かれていた。

津軽新城駅駅舎、待合室

 改修された待合室の中心にストーブが置かれ、凍えた乗降客を暖めてくれる。

津軽新城駅、待合室の丸太の柱。

 そんな待合室で丸太の柱が一際目を引いた。ペンキが厚く塗られているが、あちこちに傷が付き、そして切り裂かれたようなひび割れは、まるで今にも悲鳴が上がりそうな痛々しさで、長年、この駅を支えてきた証だろう。しかし私が思う以上に頑丈で力強いに違いない。傷だらけになりながら尚もこの駅舎を支えている様に迫力を感じる。まさに津軽新城駅の大黒柱というに相応しい風格がひしひしと伝わってくる。

 しかし、後で思うと、これと同等か大きな木造駅舎はあるのに、何でこの駅にはこんな柱があるのだろうか?あれこれ推測してみた。何十年も昔、軒下ぎりぎりまで待合室を拡大する改修を施した。すると建物の基幹となるような重要なこの柱が出てしまった…、そんな所だろうか?

津軽新城駅で留置される特急スーパー白鳥・789系電車

 ホームに出ると、特急スーパー白鳥で使われる789系電車が3番線に停車していた。スーパー白鳥は隣の新青森駅始発だが、1面2線で留置線が無いため、津軽新城駅で留置されているらしい。

津軽新城駅、明治からの歴史感じさせる木造駅舎の柱

 駅舎の大部分は改修された。しかし、軒を支える柱は白く塗られながらも、木目が露わに浮き出て質感が豊かで、まっすぐな柱の上部にはちょっとした装飾が施され、昔ながらの造りを留めている。「これぞ古き木造駅舎!」と感嘆させられる風情だ。最初、この駅舎に抱いていたた改修されすぎてつまらないなという印象は完全に変わり、立ち並ぶ柱に明治の趣きを堪能していた。


[2012年(平成24年) 2月訪問]

津軽新城駅基本情報まとめ

鉄道会社と路線
JR東日本・奥羽本線
所在地
青森県青森市大字新城字山田
主な歴史
1894年(明治27年) 12月1日
開業。当時の駅名は「新城駅」
1915年(大正15年) 9月11日
津軽新城駅へと駅名変更。
1991年(平成3年)
外壁など駅舎改修
2003年(平成15年) 4月1日
業務委託化
駅舎竣工年
1894年(明治27年) ※駅開業以来の駅舎 。2014年に築120年に!
駅営業形態
業務委託駅

青森県駅巡りの旅

芦野公園駅旧駅舎(津軽鉄道)
太宰治の「津軽」にも登場した駅。洋風木造の旧駅舎は喫茶店として利用。
津軽今別駅(JR北海道・海峡線)
JR東日本の津軽二股駅と隣り合う。北海道新幹線の奥津軽いまべつ駅へと生まれ変わった。
弘前東高前駅(弘南鉄道)
昭和戦後の香り漂うレトロな駅舎。