駅と駅舎の旅写真館-railwaystation.jp-

旧大社駅(国鉄(JR)・大社線)~至高の和風木造駅舎を訪ねる旅~

目次
大社線廃線後、重要文化財となった和風木造駅舎
内部や細部にまで趣向を凝らした「美しき駅舎」
旧大社駅基本情報まとめ+
当サイト内関連ページ

大社線廃線後、重要文化財となった和風木造駅舎

重要文化財となった和風木造の旧大社駅駅舎。
(和風木造の旧大社駅駅舎。大社線廃線後、重要文化財に。)
大社駅駅舎、中央付近
(旧大社駅、駅舎中央部)

 大社線の廃止から20年以上過ぎたが、終着駅だった旧大社駅の駅舎はいまだに健在だ。この壮麗な社寺風の和風木造駅舎は、2代目駅舎として1924年(大正13年)建築された。寺社か老舗旅館かという純和風の外観の大柄な駅舎は、和風駅舎の最高傑作という賞賛を贈っても、まだ言い足りないと感じるほど素晴らしい。もし大社線が健在ならば、日本を代表する鉄道駅舎として、東京駅丸の内駅舎と双璧を成す存在だったに違いない。もちろん今でも十分な価値はあるが…。出雲大社の門前駅として賑わい、かつては東京、大阪、名古屋からも直通列車が乗り入れ、お召し列車さえ入線したという輝かし歴史を誇る。この駅舎にはそんな威厳がいまだに漂っているかのようだ。

 設計は鉄道省職員の曽田甚蔵で、後に大社駅と同じく和風木造駅舎として知られる中央本線の高尾駅北口駅舎も設計した人物だ。大社駅設計の際、明治~昭和初期の建築家・伊藤忠太がお墨付きを与えたと言われるが、当時は25歳と言う若さだから驚きだ。

 説明看板の駅舎見取り図を見ると、中央の多くを3等待合室が占め、その中に出札口がある。右端の部分には、1等・2等待合室と手小荷物窓口がある。左端部分の奥が事務室と後年の出札口と手小荷物窓口、その手前は貴賓室だったという。

 しかし大社線はモータリゼーションの影響もあり、徐々に利用客が減っていき、赤字ローカル線として廃止対象になるまでに凋落してしまった。そしてJR化後わずか3年の1990年4月1日で廃止された。しかし廃止後も駅舎は保存される事になり、2004年には国の重要文化財、2009年には近代化産業遺産に指定された。

大社駅、鬼瓦の動輪マーク
(動輪マーク入りの鬼瓦)
大社駅、亀の瓦
(亀の瓦)

 車寄せ上部の鬼瓦は動輪マーク入りだ。和風建築とは言え、鉄道駅らしさを見せる。

 そして屋根のあちこちに亀の形をした瓦が置かれている。まるで亀たちが屋根を遊び場にしているようで、威厳ある駅舎にどこか親しみを感じさせる。

大社駅駅舎、軒下
(駅舎正面の軒下)

 駅舎正面の軒下。木の窓枠、板張りや天井など古い木造駅舎らしい趣きに溢れている。いくつも並ぶ使い古しされ味わいが増した木製ベンチは、この大社駅など実際に各駅で使われていたものなのだろう。駅舎は築後90年近くになるが、古さはあってもボロさは感じない。大切に手入れされているなと感じる。

内部や細部にまで趣向を凝らした「美しき駅舎」

大社駅、待合室内部と木造の出札口(切符売場)
(旧大社駅駅舎内部。)

 駅舎中央、かつての三等待合室にあたる所に足を踏み入れた。使い込まれた木々が奏でる広々とした空間の中、まるで厨子を思わすような凝った装飾の出札口が真ん中に堂々と鎮座している光景に、一瞬、言葉を失うような衝撃を受けた。レトロで趣き深いという印象を越え、もはや神々しいとさえ思う…。

 天井吊り下げられた6角柱状の照明の一群は、和風シャンデリアの趣きだ。同じ6角柱の照明は駅舎のあちらこちらにある。この照明が灯る夜は、一層、神秘的なムードが漂うのかもしれない…。

 よくこれだけ昔のままの造りと雰囲気を留めているものだと思う。外観は素晴らしいのはもちろんだが、この内面こそ大社駅駅舎の真髄だと思う。

大社駅、装飾が凝った美術品のような木造出札口(切符売場)
( 美術品のような出札口跡(切符売場) )

 かつての出札口、いわゆる切符売場だ。6角形の照明、窓口上部の小さな庇など凝った装飾が印象的で、まさに二つとない骨董品の域。5つの窓口があり、かつての繁栄を偲ばせる。写真には写っていないが、いちばん左側の窓口の上部には観光案内所と書かれた行燈式看板が取り付けられている。後年、出札口が駅舎左端に移された時に設置されたのだろうが、よく壊さないで有効利用してくれたものと感じる。

大社駅、木造出札口(切符売場)内部
(旧出札口内部)

 出札口内部も往時のまま残され懐かしい雰囲気だ。古い回転式の切符収納棚が目に付く。

大社駅駅舎、三等待合室
(待合室全景)

 やや左側から待合室や出札口を見てみた。本当に広々とした空間で、赤字ローカル線として廃止された路線の駅舎とは思えない程だ。でも最盛期は出雲大社に参拝する人々でごった返していたんだろう。待合室の片隅で目を閉ると、そんな遠い昔の賑わいが、一瞬頭の中に甦ってくる…、そんな感覚を覚えた。

大社駅駅舎、手小荷物窓口取り扱い室。
(待合室隅の手小荷物窓口跡)

 片隅には手小荷物窓口が残っていた。カウンターも窓の引戸も木の質感あるそのままの造りを留めている。手小荷物窓口は出札口や駅事務室と一体化している事が殆どだが、外の説明看板の見取り図を見ると、手小荷物窓口取り扱い室として独立した一室だったようだ。まさにターミナル駅の風格感じさせる造りだ。

大社駅、かつての一等二等待合室
(待合室に隣接する展示施設はかつての一等・2等待合室。)

 駅舎右端、手小荷物窓口の手前にかつての一等・二等待合室があり、現在では鉄道用品や記念切符などの展示スペースとして使われている。

 1・2等と上位等級の待合室だが、高級感は無く簡素だ。そして、広さは先程の三等待合室の4分の1程度しかなく、狭苦しささえ感じる。でも昔は1等2等車はそれだけ一握りの人のためのものだったと感じさせられる。ここが1等・2等待合室として使われたのは昭和初期あたりまでと半世紀以上も前なので、さすがに改修されたのだろう。しかし、どんな内装だったのだろうか…。

大社駅、屋外に並ぶ改札口、手小荷物窓口
(屋外の改札口)

 駅舎左側に改札口がズラリと並ぶ様が壮観だ。かつては団体の利用も多く、乗客がここから一気に吐き出され、駅前は人々で一杯になり、そして列となって出雲大社に続いていた事だろう…。

 駅舎のこちら側の壁にも、手小荷用の窓口があった。手小荷物専用室に面していて、先程の窓口とはちょうど反対側になる。恐らく内側の窓口は受付専用、外側のものは受け取り専用だったのではないだろうか…?

大社駅、木の質感溢れるホーム側
(駅舎ホーム側)

 駅舎ホーム側も木造駅舎らしい、使い古された木の温かみのある雰囲気があった。

 そんな眺めの中、内部の出札口の窓口のような形をした精算所が一つだけぽつんとと設定されているのが目を引く。あの厨子のような出札口のちょうど裏側だ。

大社駅構内:プラットホームと駅舎
(旧大社駅プラットホームと駅舎。)

 駅構内もプラットホームやレールも残され、現役時を髣髴とさせる。ホームは団体列車や東京などからの直通列車への対応のためか長い。

ウサギが描かれた構内通路の蓋
(構内通路の蓋も残る。)

 跨線橋は無かったようで、島式の2・3番線と駅舎が面した1番線を行き来するには、レールを横切る構内通路を通らなければいけなかった。構内通路まで往時の造りをしっかりと残しているが、ホームから通路に下りる階段を塞ぐ鉄板には、何とウサギと稲の絵が鋳られていた。遊び心溢れるちょっとした演出に、子供だけでなく大人も顔を綻ばせ、長旅の疲れをほんのりと癒していたものだろう…。

大社駅から続く出雲大社への参道
(旧大社駅から出雲大社への参道)

 いつまでも見ていたいが、ここから徒歩約10分の一畑電車の出雲大社前駅に向けて歩き出した。松が立ち並ぶ風情ある道は、参道の面影を偲ばせるが、大社線が廃止された今、出雲大社前駅周辺を除いては、参拝者向けの店舗はほとんど無いように思う。

 大社駅がいくら出雲大社を控えた立派な門前駅でも、10分という歩行時間は一畑の出雲大社前駅の方が本殿にはるかに近く便利と感じさせるには十分な距離だ。もし5分でも近い位置にあったら、大社駅…いや大社線の運命は違うものになっていたかもしれない…。しかし車社会でローカル線が危機に瀕する現代、こんな夢想は無意味だろう。しかしあの素晴らしい駅舎が残ったのが責めてもの希望。廃線という結果は返す返すも残念だが、後世に大きなものを遺したと思い歩き続けた。


[2011年4月訪問]


【旧大社駅とは対極の駅舎でライバルでもあった、一畑電車・出雲大社前駅訪問記はこちらへ】

旧大社駅・基本情報+

鉄道会社と路線
JR西日本・大社線。国鉄の分割民営化が1987年の4月1日なので、JR線としては僅か3年。
駅所在地
島根県出雲市大社町北荒木441-3(※現在。廃線時は島根県大社町)
駅開業年
1912年(明治45年)6月1日
駅舎竣工年
1924年(大正13年)※今の駅舎は2代目。
駅廃止年
1990年(平成2年)4月1日
その他
9時~17時。入場無料。詳しくは「出雲市観光協会ホームページ・旧大社駅」へ。

和風木造駅舎

加賀一宮駅 (北陸鉄道・石川線)
2009年、末端区間の鶴来間‐同駅間が廃止時に廃駅。白山比咩神社の最寄り駅で、大社駅と同じく門前の駅だった。廃止後、放置状態が続いたが、整備保存される事に。