駅と駅舎の旅写真館-railwaystation.jp-

信濃竹原駅(長野電鉄・長野線、木造駅舎)


使用停止となった木造駅舎が残る駅

信濃竹原駅、板で塞がれた改札口跡

 木造駅舎が残る信濃竹原駅で下車したが、改札口は板で塞がれ「出口はあちら側でございます」という案内が貼り付けられていた。駅舎こそは健在だが、もう使用停止されていたのだった。駅への出入口はホーム端となっている。

長野電鉄・信濃竹原駅、使用停止となった古い木造駅舎

 信濃竹原駅駅舎。年月を経て古びた様が味わい深い。現役時とほとんど変わらない姿なのだろう。数年間、使用停止の状態が続いているらしいが、いまだに取り壊されていない。

 外は雪が降りしきる厳しい寒さで、何度、駅舎の中に逃げ込みたいと思った事か…。健在なのに中に入れない…、まるで抜け殻のような駅舎がうらめしかった。

信濃竹原駅、駅舎出入り口

 駅舎の顔と言える出入口正面に対峙するように立った。1927年(昭和2年)の駅開業時以来の駅舎だ。じっと見つめると、この駅の長い年月を語りかけてきているような、何ともいえない渋味が迫り来るかのような気分にされられた。

信濃竹原駅、駅舎内の窓口跡

 窓越しに待合室内部を覗いてみた。比較的、原型を留めてはいるが、とうに無人駅となり埃っぽく薄汚れた室内が、長期間、誰もこの中に足を踏み入れていない事を物語っている。

 運賃表が窓口上部に掲げられたままで、約3年前に廃止となった木島線の運賃も載っていた。信濃竹原駅から終点の木島駅まで650円なり。

長野電鉄・信濃竹原駅旧駅舎と、背後の駅構内施設

 駅舎背後の駅構内には、駅関連施設の木造建築物が未だに数棟残っている。この駅は長野電鉄の中でも、比較的、規模の大きな駅だったのかもしれない。

信濃竹原駅、車扱貨物に関する注意書き

 その内のいちばん奥にある一棟は貨物上屋跡だ。貨物取扱はとうの昔にやめたのだろうが、信濃竹原駅長の名で、「車扱貨物の積卸時間について」、「車扱貨物の留置時間について」という注意書きが掲示されたままだった。制限時間を越えると貨車留置料を取られるとの事。

信濃竹原駅前、鉄道貨物取り扱いをしていたある建物

 貨物上屋跡の向かいには「鉄道宅貨物取扱所」という日通のホーロー看板が添えられた家屋があった。だが、今では廃屋となってしまったようだ。昔の鉄道駅には日通が付き物だったようで、このようにいまだに駅前にその痕跡を残す駅を見る事もある。

 信濃竹原駅は以前は貨物取り扱いが盛んだったようで、通りかかったお年寄りが、肥料の取り扱いでとても賑わっていたと懐かしそうに話してくれた。ウィキペデアによると、1979年(昭和54年)4月1日で信濃竹原駅、および長野電鉄での貨物営業が廃止されたとの事。

信濃竹原駅、宿直施設跡

 駅舎と貨物上屋跡の間には、宿直施設跡と思われる建物も残る。駅員さんが休憩したり泊り込んだりしたのだろう。そこで働く人々だけが居なくなって、駅舎や各施設と言った建物だけがそのまま残った。この駅が賑やかだった頃の面影を伝えている。でも、駅員さんが建物のなかからひょっこり出てきそう…、そんな現役時さながらの雰囲気が漂っている。

信濃竹原駅ホーム

 信濃竹原駅のプラットホームは2面2線の行き違いできる配線で、先程の貨物上屋跡があるホームに分岐する側線跡もある。

 駅舎から離れたホームで湯田中行きの列車を待った。湯田中の方を見ると、霞んだ空の向こうに、雪を被った山々がそびえているのが薄っすらと見えた。


[2005年1月訪問](長野県中野市)

追記: その後の信濃竹原駅

 元小田急特急車両の10000形・HiSEこと1000系電車を使った観光特急「特急ゆけむり~のんびり号~」の下り列車で、信濃竹原駅がノスタルジックな木造駅舎が残る駅として、停車駅に選ばれた。その際に、普段は封鎖されている待合室も公開されているとの事。

 また2015年(平成27年)には、信濃竹原駅開業88周年を記念した記念硬券切符の発売イベントが、同駅の待合室で行われたという。