駅と駅舎の旅写真館・Homeへ

折尾駅(JR九州・鹿児島本線、筑豊本線、木造駅舎)


複雑怪奇な駅構造!?

折尾駅・筑豊本線1番ホーム
(折尾駅、筑豊本線ホーム。)

 筑豊本線の起点、若松からディーゼルカーに乗り、折尾駅1番ホームに到着した。背後には高架の鹿児島本線のプラットホームの上屋が見える。

折尾駅構内のJR職員専用の理髪所
(折尾駅構内の理髪屋。)

 改札に向かおうとすると、木の壁の奥に、小さな建物があるのが目に入る。掛かっている看板を見ると「JR職員 折尾駅構内 福祉理髪所」とある。何と!キオスクなど売店がホームにあるのは珍しくないが、床屋は珍しい。しかも職員専用だ。それだけでなく、壁の後ろで、路地裏の一軒家のように、店舗を構えている様が駅にありながら異空間のような雰囲気で面白い。ちょうど今、お客さんが一人入っているのが見える。今日が休みのJR社員の方だろうか。

 この他にも、折尾駅には、1917(大正6)年築の洋風木造駅舎や、有名な駅弁「かしわめし」など、ユニークなものがいくつもある。

 他に、駅のレイアウト・配線は独特の形態をなしている。折尾駅は鹿児島本線の下に、筑豊本線のレールが通っていて、両線のホームが重なる立体交差駅となっている。この立体交差という駅の構造は今でこそ全く珍しくもないが、折尾駅の立体交差は何と日本初との事だ。1891(明治24)年に、筑豊興産鉄道(現、筑豊本線)が開通した時に、九州鉄道(現、鹿児島本線)と交差し、このようになった。

折尾駅配線とプラットホーム位置関係の略図
(折尾駅配線とプラットホームの位置関係の略図。)

 そして、この立体交差以外の場所に、実はもう1つ、JR九州の折尾駅がある。それは鹿児島本線の小倉方、折尾駅手前で分岐し、筑豊本線に合流する短絡線上にあり「鷹見口」と呼ばれる。この短絡線は上記で挙げた立体交差の折尾駅の東側、約150m離れた所を通った後、筑豊本線と合流している。

 この構造は不可解で、解りづらく、初めて乗り換える人は、戸惑わずにはいられないだろう。でも、短絡線上に、元々駅は無く、小倉の方から来て、短絡線を渡り筑豊本線に入る、あるいはその逆の列車は、折尾駅を眼前にして、いわば通過していた事になる。しかし、1988年(昭和63年)に、短絡線上にも駅が設置され、“通過”していた列車が停まるようになったのだから、サービスアップと言った方がいいだろう。1990年代前半に、初めて折尾駅を訪れたが、木造駅舎よりも、むしろこの配線・レイアウトの方が強く印象に残った。

大正6年築の洋風木造駅舎、折尾駅本屋

折尾駅、駅舎を支える古い柱
(折尾駅駅舎内の古い柱。)

 人混みを抜け改札口を出ると、雑然とした中に2本の柱が伸びているのが目に入った。永きに渡り、この駅舎を支えてきたものの一端なのだろう。よくある、どっしりとした柱ではなく、茶色く塗られたレトロな感じのスマートな柱は、白と薄いピンクの碁盤状の天井によく似合っている。土台はコンクリートだ。柱は鉄だろうか?

 外に出ると、駅前に雑然とした光景が詰まってるかのような風景が広がっていた。先程、挙げた鹿児島本線、筑豊本線、そして短絡線が、駅前の3角形状のこの狭い空間を作り出し、その周りを都市の駅らしくビルなど建物が囲む。そんな空間の内側にロータリーがあり、バスやタクシーや車が渋滞にもまれながら行き交う。駅には絶えず人が吸い込まれ吐き出され、人の流れは絶えない。折尾駅は、北九州市内のJR駅の中でも、小倉、黒崎に次いで利用が多い駅だという。そんな利用の多い駅にとって、この駅前の空間は、猫の額程でしかないのだろう…。

大正6年築、折尾駅の洋風木造駅舎
(大正築の洋風木造駅舎、折尾駅。)
折尾駅駅舎、動輪をかたどった飾り
(駅名看板と動輪を模った飾りが駅舎に掲げられる。)

 そんな雑然とした中に、1917年(大正6)年築の洋風木造駅舎が長老のように鎮座する。駅舎は改修され、窓はサッシ枠になっていたり、壁面が淡いピンク色だったりと、古い駅舎っぽい趣きはあまり感じらない。だが、ファサードの動輪っぽい飾りとか、1枚1枚、木で組まれた壁の建物はやはり重厚感がある。そして先ほど見た、駅舎内の柱がやはり印象的に脳裏に甦り、この駅舎の歴史をかみ締めた。

もう一つの折尾駅、鷹見口

 駅舎を撮影した後に、短絡線上の、もう1つの折尾駅に向けて歩き出した。同じJRの折尾駅だが、離れているために、改札内の連絡通路は無く、一旦、外を オリオンプラザという、オヤジギャグのような名前のビルの前を通ると、「JR折尾駅 鷹見口6、7番線のりば」という案内書きの看板を見つた。短絡線上の方のホームは鷹見口というらしい。

 案内に従い、ビルの後ろの奥まった所に入ると、折尾駅・鷹見口を見つけた。乗り換えのホーム間の行き来は解りづらいものの、たぶん数分を要するだけだ。東京駅の京葉線ホームなど、他の広くプラットホームが離れた構内に比べればマシだろう。

折尾駅、鷹見口駅舎
(折尾駅鷹見口駅舎。)

 だけど、僅かしか離れていないのに、まるで別々の駅のように雰囲気は随分違と違う。あの雑然さから僅かに離れただけなのに、鷹見口は人が少なく閑散としている。時刻を見ると、1時間、1~数本だから、まあこんなものだろう。駅舎はコンクリートの2階建てで、閑散としているせいもあり、ローカル線の主要駅といった雰囲気だ。

 ホームの側に出てみると、鹿児島本線を背後に、2面2線のカーブした相対ホームが見える。規模が小さいためか、跨線橋は無く、構内踏み切りとなっている。しばらくして、新鋭の817系電車が入線し、車内からはぱらぱらと人が降りてきた。

短絡線上の折尾駅鷹見口ホームに817系電車が入線


[2002年7月訪問](福岡県北九州市八幡西区)

追記:その後の折尾駅。立体交差解消、大正の駅舎取り壊しへ…

折尾駅駅舎(2010年訪問時)
(2010年訪問時の折尾駅駅舎。)

 折尾駅は立体交差解消、駅周辺整備により、この駅舎は取り壊される事になり、2012年10月に使用停止とりなった。駅構内や周辺も含め大規模な工事が予定され、離れていた鷹見口も集約され、完全に一つの駅になる。なお新駅舎は旧駅舎のイメージを採り入れたデザインになるとの事だ。

JR九州・折尾駅をShare!

JR九州の木造駅舎

採銅所駅 (日田彦山線)
※ローカル線の洋風木造駅舎。香春町が駅舎を買い取り整備し登録有形文化財に。
肥前七浦駅 (長崎本線)
※素朴な木造駅舎。昔の雰囲気を色濃く留めたままの旧駅事務室が待合室として開放されている。