駅と駅舎の旅写真館TOPへ

新里駅(弘南鉄道・弘南線、木造駅舎)

目次
蔦が絡まる廃虚のような木造駅舎
追記: その後の新里駅
当サイト内関連ページ

蔦が絡まる廃虚のような木造駅舎

新里駅のホームから見える岩木山

 木造駅舎が残るという、弘南鉄道・弘南線の新里駅で下車した。プラットホームに降り立つと、街並みの背後に岩木山がそびえているのが見えた。

新里駅古びた駅舎には蔦が這う

 駅は無人化されて久しく、駅舎はかなり古びていた。ペンキは剥げ落ち、割れたガラス窓は板で塞がれ、壁には蔦が絡みつく。他の無人駅の木造駅舎よりも、廃墟という雰囲気をより強く感じた。

新里駅の枯池

 構内の片隅に草木に埋もれた小さな枯池があった。池自体がとても小さく雑草が生す周囲の風景にすっかり溶け込んでいて、十分な訪問時間が無かったら、きっと見落としていただろう。もう散り始めているが、赤い花が植えられ、ピーク期はこの小さな池がさぞ華やかに彩られていた事だろう。

新里駅、駅舎と蔦・雑草

 駅舎の正面左側あたりの壁にも、蔦がびっしりと絡みついていた。一体、何年、この建物は打ち棄てられたも同然なのだろうか…。駅舎の正面と言えば、駐車場や駐輪場になっている事が多いが、雑草ですっかり覆われ、その内、駅全体が雑草や蔦で埋もれ、いつしか崩れて地に帰ってしまうのではと思わす雰囲気さえ漂う。

弘南鉄道・新里駅の木造駅舎、かなり年季が入り廃墟のよう…

 駅舎を正面から見てみた。趣きを壊すような改修はほどんどされていなく、味わいのある雰囲気を醸し出すが、相当、年季が入っている。ペンキは剥がれたままで、窓はガラスが割れてしまった部分が多いのか、塞がれている所が多かった。

 右の方に出っ張った部分が待合室だ。まるで、この部分だけ、付け足したような構造なのが面白い。駅舎全体で使わわれているのは、この待合室部分のみとなっている。JRでよくある、駅舎の不要な部分を取り壊し、半分の大きさに改修するように、ここだけ残してあとは取り壊されてもおかしくないような雰囲気。それ程、駅舎は傷みが進んでいる…。

新里駅、駅出入口

 駅名看板の下が出入口となっている。その左横に、もう一つ出入口があった。駅員用と思われるが、無人駅となった今、不要となりもう塞がれている。

 気になって格子の間から中を覗いてみた。

新里駅、駅舎内部

 狭い格子の間から室内に目を凝らすと、破れた障子や天井から吊り下げられた和風の照明の笠が目に入った。駅と言うより、まさに民家の玄関。何十年も昔は、ごく一般的だった和風家屋だ。こんな木造駅舎に和風家屋の造りが隠されている事に驚かされた。有人時代、駅員さんが住み込みで勤務したのだろう。

新里駅、待合室

 待合室部分は細長くて狭かった。

弘南鉄道・新里駅、原形を留めた出札口跡

 待合室の奥にかつては窓口があったが、無人駅となり久しく塞がれている。左側の少し低い窓口は、手小荷物取り扱い用の窓口だったのだろうか?

 右側の出札口(切符売場)はカウンターがほぼ原形を残しながら残っていた。塞がれた窓口は木枠のままだ。使い込まれたカウンターの木の板の上には、金銭授受の台がどっしりと残り、支える持送りはギザギザのカットが少し入った洒落た造りになっていた。


[2007年9月訪問](青森県弘前市)

追記: その後の新里駅

 この木造駅舎は2011年後半に改築された。新駅舎はこの旧駅舎の外観を模したものになった。

 また、鯵ヶ沢役場で静態保存されてきた蒸気機関車8620形48640号機が新里駅構内に移設された。そして、12月4日に、48640号蒸気機関車設置と新里駅リニューアルを記念したイベントが開催された。

弘南鉄道の古駅舎

弘前東高前駅
昭和の建物を思わす古い造りを残す有人駅。

廃虚のような木造駅舎

肥前長野駅 (JR九州・筑肥線)
素朴で味わいあるが、荒廃し内部は廃品が占拠。(佐賀県)