駅と駅舎の旅写真館・Homeへ

藻琴駅(JR北海道・釧網本線、木造駅舎)

目次
藻琴駅訪問記と写真
基本情報+
当サイト内関連ページ

藻琴駅訪問記と写真

釧網本線・藻琴駅、小さな校舎のような古い木造駅舎。
(釧網本線・藻琴駅。小さな校舎のような木造駅舎が残る。)

 釧網本線の藻琴駅は、オホーツク海の近くに立地する。田舎の小さな校舎ような素朴な木造駅舎は、雪とオホーツク海からの風に長年耐え続けてきたと思うと、味わいもひとしおだ。

 無人駅だが、旧駅務室跡に喫茶店「トロッコ」が入る。釧網本線は北海道東端のローカル線ながら、1980年代後半、無人駅となった古い木造駅舎に飲食店が相次いで開業し、時としてグルメラインとも称される。「ていしゃば」が入る北浜駅などと共に、グルメライン一端を担う駅のひとつだ。

藻琴駅、無人駅だが廃れた雰囲気は無い。
(無人駅となっているが廃れた雰囲気は無い。)

 「トロッコ」が入居していて、有人駅のように人がいる時間が多いためだろうか…、それとも手入れが行き届いてるお陰もあるのか…、廃れて寂しい雰囲気となってしまっている事が多い他の無人駅の木造駅舎に比べ、どこか生き生きとした有人駅らしい雰囲気を感じる。

藻琴駅、車寄せに掛かるレトロな琺瑯の駅名看板。
(レトロな琺瑯の駅名看板。)

 車寄せには古い看板でよく使われる琺瑯(ホーロー)という素材が使われた駅名看板が掲げられる。何十年とこの駅に掲げられいるのだろ。錆び付きながらも木の車寄せに掲げられた様はレトロさをより醸し出す。笠付きの裸電球も、味わいのある雰囲気を添える。

藻琴駅、改修された窓口跡。内部は飲食店に。
(改修された窓口跡。内部は飲食店「トロッコ」に。)

 藻琴駅の旧駅務室飲食店に転用され大きく改装されている。改装後、荷物用の窓口はお店の出入口になり、出札口は新しいものが作られた。かつては簡易委託で、恐らくはトロッコの店員が切符を売っていたのだろうが、、それも1992年に廃止され、完全に無人化されてしまった。

 ちょうど昼時で、トロッコで昼食をと思っていた。しかし稼ぎ時の昼に人の気配は1つもしない。残念ながら本日は休業の様子だった…。

藻琴駅、待合室。
(待合室。)

 藻琴駅の待合室は、同じ釧網本線内にある近隣の木造駅舎、鱒浦駅、止別駅、北浜駅に比べ、やや広くなっている。同線の中でも、昔は利用客が多い方だったのだろう。窓枠はサッシに取り替えられているが、天井など内部は木のままで、木造駅舎らしい造りをよく残していた。

藻琴駅、ホーム側の駅名看板。
(ホーム側の駅名看板。)

 駅舎ホーム側のかつての改札口の上にも駅名看板が掲げられていた。何かを一つ一つ並べ、ひらがなで「もこと」という文字が形作られていた。よく見ると、それは貝殻だった。オホーツクにいちばん近い駅と称される北浜駅ほどではないが、この駅から海までは直線距離で300mほどで意外と近い。この貝殻は近くの岸で拾ってきたのだろうか?直接は見えないが、オホーツク海に近い駅なんだなと感じさせられた。


[2006年2月訪問]

藻琴駅・基本情報+

鉄道会社と路線
JR北海道・釧網本線
駅所在地
北海道網走市字藻琴38番地1
駅開業日
1924年(大正13年)11月15日
駅舎竣工年
※駅開業と同年と言われるが、nhkの「にっぽん木造駅舎の旅」では1937年(昭和12年)と紹介。
その他
・釧網本線の網走駅-知床斜里駅間の駅巡りの旅には、網走バスの小清水・斜里線が補完として使えるかもしれない。藻琴駅最寄のバス停は藻琴駅前。
時刻など詳しくは、網走バス・路線バス時刻表のページから小清水・斜里線へ。
・2014年公開の映画「抱きしめたい」のロケ地となり、主演の錦戸亮と北川景子がトロッコで食事をするシーンも登場したとの事…。

JR北海道、木造駅舎の旅

抜海駅 (宗谷本線)
日本最北の木造駅舎にして無人駅。
上白滝駅 (石北本線)
停車する列車は1日に上下1本ずつの秘境駅。
渡島沼尻駅 (函館本線・砂原支線)
信号所として開設された際、仮乗降場として旅客も取り扱いを開始。