駅と駅舎の旅写真館・homeへ

越後岩沢駅 (JR東日本・飯山線)~木造駅舎の旅~

目次
飯山線最後のレトロ駅舎!?
越後岩沢駅へ…
越後岩沢駅・駅基本情報まとめ+
当サイト内関連ページ

飯山線最後のレトロ駅舎!?

 2016年夏、山形と新潟を訪れ、飯山線を経て長野から特急しなので帰路に就くつもりでいた。そこで、飯山線にいい木造駅舎がある駅が無いかとウェブ上で情報を漁った。

 しかし、31駅中、古い姿を留めた駅舎は僅か1駅…、越後岩沢駅だけだった。殆どが建て替えられ、その多くが小さな簡易駅舎になってしまった。100km程度の営業距離のあるローカル線なら、改修されながらも木造駅舎はいくつか残っているものだ。しかし96.7kmに、31もの駅がありながらたったの1駅とは…。ウェブ上で写真を見ただけなので、断言はできないものの、大いに驚かされた。

 このようになったのは、2015年に金沢まで延伸した北陸新幹線の影響も大きい。木造駅舎だった飯山駅は移転し、高架の新幹線ホームを持つ駅舎に建て替えられた。その他の長野支社管内の飯山線6駅は、観光客を意識し「駅舎美化」の名の下に、建て替えやリニューアルが実施された。信濃浅野駅、替佐駅は元々の木造駅舎をリニューアルしたものだが、原形に大きく手を加えていて、まるでレトロ風の新築駅舎のように変貌した。

越後岩沢駅へ…

 旅の2日目、越後岩沢駅には必ず訪問と思っていたが、途中、列車に乗り遅れてしまい、飯山線経由ではその日の内に帰れなくなってしまった。上越新幹線で帰るしか無くなり、飯山線はこの次の機会にと思った。

 しかし“この次”あの木造駅舎はもう無いかもしれない…。飯山線に限らず、新潟県内のJRの駅舎は建て替えが進んでいて、古駅舎の残存率は意外に少ないように思う。なので越後岩沢駅にも建て替えの魔手が伸びてきてもおかしくない。

 越後岩沢駅は幸いにも、上越線との分岐駅の越後川口駅から僅か2駅目だ。時刻表を見て行程を練り直すと、帰路の途上、ちょっと道をそらせば、無理なく訪問できる事に気付いた。

JR東日本・飯山線、越後岩沢駅プラットホーム、廃ホーム跡が残る。
( 飯山線・越後岩沢駅。かつては2面3線だったという。)

 時間があったので一つ行き過ぎた下条駅まで行き、折り返し越後岩沢駅にやってきた。今では1面1線の典型的なローカル線の廃線だが、昔はもう一面、レールが錆びたままの反対ホームがあり、その遺構が今でもはっきりと残っている。

越後岩沢駅、廃ホーム跡と錆びた2番線のレール
( 廃ホーム跡。錆びたレールも残っている。)

 廃ホームはまるで遺跡のように映った。構内通路の階段跡も残っている。

 使われていないとは言え、たまに手入れされているのだろうか・・・?ホーム上の雑草は刈り取られ、咲きそろった花々がきれいで、まるで廃ホームを活かした庭園か花壇のようで悪くは無い。しかし、びっしり生えた苔と錆びきったレールは、駅の衰退を物語っているようでどこか物悲しい。

越後岩沢駅、木造駅舎は雪囲いの板で覆われている。
( 木造駅舎には雪囲いが取り付けられたままだ。)

 駅舎ホーム側の窓には、雪囲いの板が丁寧に掛けられ、冬の雪深さを物語っている。ただ、今は夏。立ってるだけで汗が吹き出る程暑い。雪囲いを纏った駅はやや暑苦しく映る。無人駅となり、冬に取り付け春に外すという作業が面倒なので、年中付けっぱなしなのだろう。

越後岩沢駅、「計量管理事業場」のホーロー看板
(「計量管理事業場」の琺瑯看板が残る。)

 駅舎には、「通商産業大臣指定 計量管理事業場」という小さなホーロー看板が取り付けられたままだった。

越後岩沢駅、待合室に掲げられた古い駅名標。
( 待合室に掲げられた古い駅名標。)

 待合室の扉を開けると、出入口の上に掲げれれた、この駅の古い駅名標一点に強く目が引きつけられた。完全に改修された待合室にあって、唯一、古さを感じさせるものだ。

越後岩沢駅駅舎、大きく改修された待合室。
( 待合室は大きく改修されている。)

 待合室は徹底低に改修され、古さをほとんど残していない。窓口跡があったと思われる部分は跡形なく埋められただの壁となり、作り付けの長椅子が設置されていた。

飯山線・越後岩沢駅、改修されているが昔の形状を良く残した木造駅舎。
( 改修されているが昔の形状をよく残した越後岩沢駅の木造駅舎。)

 駅舎の正面にまわってみた。木造駅舎だが、外壁は新建材に張り替えられ、右端には倉庫が設置されたのか、シャッターが取り付けられている。それでも、国鉄やJRの前身の鉄道省が1927年(昭和2年)に十日町線として、越後川口駅からこの駅まで開通させた時以来の古い駅舎だ。

越後岩沢駅駅舎、木造の車寄せは昔の造りをよく残す。
( 木造の車寄せは昔の造りをよく残しレトロなムード漂う…。)

 大きく改修されているが、車寄せは木のままの造りを残す。新建材で覆われ、ちょっと前に建てられた家屋のような雰囲気になった駅舎にあって、古さを感じさせる。柱の下部がコンクリートで四角柱のように厚く覆われ、どっしりとした柱に仕上げられているのが独特で印象的だ。

越後岩沢駅、荒れた花壇だが野花が咲き誇る。
( 荒れた花壇には野花が咲き誇る…。)

 駅舎の左前には、荒れた花壇が残っている。放置されて久しいのだろうが、雑草が生い茂る中に、色とりどりの野花が咲き誇る。誰かが植えた花々が、なおも季節を忘れずこうして咲くのだろうか・・・。小さな草原の中の花畑を見ている心地で、不思議と心引き付けられた。

越後岩沢駅、側線には除雪用モーターカーが留置。
( 側線には、ロータリー付きの排雪用モーターカーが留置されている。。)

 越後川口方にある側線ホームには、プレハブの倉庫が設置されていた。中から除雪車モーターカーのロータリーが僅かに姿を覗かせていた。

飯山線・越後岩沢駅、こじんまりとした駅前。
( こじんまりとした駅前。)

 駅から300メートル弱程歩くと、国道117号線に出る。小高い山々に囲まれた中、家屋が点在するこじんまりとした街並みだ。駅前に越後交通の岩沢駅前バス停がある。

越後岩沢駅、真っ直ぐ削られていない車寄せの柱…??
( なぜか真っ直ぐ削られていない車寄せの柱!?)

 駅に戻ってきて改めて駅を眺めると、昔ながらの形をした木造駅舎と、どっしりとした柱を持つ木のままの車寄せはやはり印象的に映った。新建材で外壁こそ改修されているが、飯山線最後の古駅舎の風格を十二分に漂わしている。

 よく眺めると、向かって左側の柱が真っ直ぐでなく、角が削られようになっていて、直線でないのに気付いた。あれ?何でと不思議に思った。こういう柱の場合、きっちりと四角柱に加工された木が使われている場合がほどんどだ。模様が彫り込まれている場合もあるが、この柱の場合はそんな感じでもなく、四つの内の三つの角が削り取られた様になている。もう一方の柱はちゃんと四角柱に加工されている。

 腐食した部分を削り取ったのだろうか…。

 いや、それとも木を切り出す時に、失敗してしまったか、端の半端な部分がきれいな四角柱にならなかっただろうか…。それでも、一応、柱として使うには問題無いし、廃棄するにはもったいないから、「えい、使ってしまえ!」という事になったのかもしれない。大工さん達のそんな息遣い、それとも「まあいいよ」と許容した大らかな国有鉄道の担当者の空気が伝わってくるかのようだ。


[2016年8月訪問]

越後岩沢駅・基本情報+

鉄道会社・路線名
JR東日本・飯山線
駅所在地
新潟県小千谷市大字岩沢
駅開業日
1927年(昭和2年) 6月15日
駅舎竣工年
1927年 ※駅開業以来の駅舎
駅営業形態
無人駅
その他
・越後交通の長岡駅前-小千谷‐十日町線が、岩沢駅前から十日町まで飯山線にほぼ沿うルートで運行されている。ただ十日町駅には乗り入れないので、市街地のバス停を利用するといい。十日町本町3丁目バス停から十日町駅までは西に500m弱。
・駅前に農家レストラン・喫茶「より処 山紫」がある。詳しくは公式サイトFacebookページまで。

新潟県の駅を巡る旅

青海川駅(JR東日本・信越本線)
※プラットホームから日本海を一望できる「日本一、海に近い駅」として知られる。
三条駅 (JR東日本・信越本線)
※ 改修されているが黒い屋根瓦が印象的な木造駅舎