駅と駅舎の旅写真館・home

JR・旧国鉄の保存・残存・復元駅舎(旧駅舎)

駅舎(駅本屋)としては使われなくなったが、まだ存在しているJR・旧国鉄系の駅舎: 旧駅舎。 

建て替え、廃線、廃駅など、現役引退の理由も様々ですが、「第二の人生」として、歩む道も様々です。


※訪問記には、訪問後に現役引退となった駅舎、現役引退後に訪問した駅舎の両方が混在し、
 以下のように区別しています。


北海道

奥行臼駅 (JR北海道・標津線) 素朴な木造駅舎。ホームも含め往時のままに保存。別海町指定文化財。
知来駅 (国鉄・湧網線)[*現役引退後] 廃線後、駅舎はゲートボール場施設として転用。
下白滝駅 (JR北海道・石北本線) 待合室はほぼ昔のままの造り。上白滝駅、旧白滝駅と同時に廃止。
神居古潭駅 (国鉄・函館本線) 旧線跡に復元された。まわりは景勝地として知られる。
鷹泊駅 (JR北海道・深名線) 廃線後、倉庫として転用されているがようだが、傷みが進んでいる。
沼牛駅 (JR北海道・深名線)[*現役引退後] 廃線から21年、ネット上の募金で修復工事、現役時の姿を取り戻した。
札幌駅 (JR北海道・函館本線) 洋風の三代目駅舎。「北海道開拓の村」に実物より縮小の上、復元。
室蘭駅 (JR北海道・室蘭本線) 洋風木造駅舎は保存され多目的スペースに。駅備品も展示。

東北地方

岩手県

浅内駅 (JR東日本・岩泉線) まだ残存との事。
岩手刈屋駅 (JR東日本・岩泉線) まだ残存との事。

福島県

翁島駅 (JR東日本・磐越西線) 貴賓室もあった洋風駅舎。猪苗代緑の村に移築、そば屋・駅舎亭として営業。
熱塩駅 (国鉄・日中線)[*現役引退後] 山荘風の洋風木造駅舎。日中線記念館として保存・公開。

関東地方

群馬県

軽井沢駅 (JR東日本・信越本線) 現駅舎横に、旧軽井沢駅舎記念館として復元。

東京都

国立駅 (JR東日本・中央本線) 解体されたが部材は保管。現駅舎前に再建される事に。

中部地方

富山県

東岩瀬駅 (JR西日本・富山港線) 同線で唯一保存されている。起源の富岩鉄道時代からの木造駅舎。

近畿地方

滋賀県

長浜駅 (国鉄・北陸本線) 現存する日本最古の駅舎。「長浜鉄道文化館」として整備・公開。

京都府

二条駅 (JR西日本・山陰本線) 旧大社駅に劣らない堂々たる和風木造駅舎。梅小路機関車館に移築保存。

奈良県

奈良駅 (JR西日本・関西本線、他) 寺院の雰囲気を取り入れた洋風駅舎駅舎。曳家し保存、観光案内所として活用。

兵庫県

三木駅 (三木鉄道) 駅舎と構内跡が三木鉄道記念公園として整備・公開。

中国地方

島根県

直江駅(JR西日本・山陰本線)[*現役引退後] 木造駅舎は地元住民の集会所となっているようで、乗降客は利用不可。
大社駅 (JR西日本・山陰本線)[*現役引退後] 屈指の和風木造駅舎。大社線廃線後も大切に保存され重要文化財に。

九州地方

熊本県

上熊本駅 (JR九州・鹿児島本線)[*現役引退後] 熊本市電の上熊本駅前駅の駅舎として、一部が移築されている。

未訪問の駅舎

この項目には、現役時、もしくは現役引退後のどちらかにでも訪問した事がある駅のみ掲載しています。私が訪問した事がない保存・残存・復元駅舎については、別ページに「未訪問駅覚え書き」としてまとめています。どうぞあわせてご覧下さい。

JR・旧国鉄の保存・残存・復元駅舎をShare!

日本の名駅舎・格付け

現役駅舎

三つ星クラス駅舎:
(JR・旧国鉄) (私鉄)
二つ星クラス駅舎:
(JR・旧国鉄) (私鉄)
一つ星クラス駅舎:
(JR・旧国鉄) (私鉄)
星無しクラス駅舎:
(JR・旧国鉄) (私鉄)

非現役駅舎: 旧駅舎

保存・残存・復元駅舎:
(JR・旧国鉄) (私鉄)
今は無き懐かしの駅舎:
(JR・旧国鉄) (私鉄)