駅と駅舎の旅写真館・Homeへ

駅景-No.1~10

駅に降り立ち体感した一期一会の駅風景…


No.1

高山本線・上呂駅(木造駅舎)

車窓から見た、渋く濃い茶色い色調の
木造駅舎が気になった。
どうしても、この駅を見たくて、
帰路の途上で下車した。
日は山の背後に隠れようとしている時で、
駅舎は夕日に彩られていた。

(JR東海・高山本線、上呂駅)
※関連ページ:古く美しき駅舎、上呂駅訪問記


No.2

名鉄尾西線・奥町駅に立つ丸ポスト

大正時代築の駅舎の入口横に、昔ながらの
赤い丸型ポストが佇んでいた。
ある時、駅舎全体を見渡してみると、
その丸ポストが鮮烈な赤を放ち、
素朴な駅舎と強烈なコントラストを
成している様に目を奪われた。
(名鉄尾西線・奥町駅)
※関連ページ:古く美しき駅舎奥町駅訪問記


No.3

山陰本線・湯里駅。「レインボー山陰」ステッカー

鹿児島まで新幹線が伸びた今の時代だが、
この駅に足を踏み入れた時、まるでここだけ
何十年前のまま、時が止まっているかのような
錯覚に陥った…

(JR西日本・山陰本線・湯里駅)
※関連ページ:古く美しき駅舎、湯里駅訪問記


No.4

小湊鉄道/いすみ鉄道・上総中野駅

元旦、列車に揺られて終点の無人駅に降り立った。
駅前は近所の住人で賑やかで、宙には
いくつもの羽根がカーンという音と共に舞い、
大人も子供もその羽を一生懸命追う。
甘酒とみかんが振舞われていて、よそ者の
私にも勧めてくれた。あつあつの甘酒を
すすりながら、ああ、日本の正月っていいなあ
としみじみと感じた。

(小湊鉄道/いすみ鉄道・上総中野駅)


No.5

JR西日本東海道本線・灘駅

震災で多くの建物が倒壊した中、
戦前生まれのこの小さな駅舎は耐え抜いた。
そんな激動を経てきたせいだろうか…
特徴的な半円の窓の影が駅舎内に刻まれると、
荘厳さに似た何かが、この空間には
あるような気がした。

(JR西日本東海道本線・灘駅)


No.6

JR東日本大糸線・有明駅

2005年、冬の雪国の旅。
外は寒く、雪や曇り空の下、列車に揺られた。
有明駅で列車から降り、あたりを見回すと、
天を覆う雲の間から
光が漏れ青空が姿を覗かせていた。

(JR東日本大糸線・有明駅)


No.7

下切駅(JR東海、太多線)に咲く桜の花

東海地方で桜が満開の時期、
ホーム沿いの桜並木でちょっとは知られたこの駅に降り立った。
しかし、期待に反し、この駅だけ、まだ冬であるかのように
桜の花は咲かず、葉さえも生えていなかった。
でも、よく見ると、あまたの枝に埋もれるように、
所々で薄いピンク色の花が咲いていた。
今思えば、それは桜の木々達の最期の輝きだったのだ…

(JR東海太多線、下切駅)
※関連ページ:駅紀行、下切駅訪問記


No.8

長野電鉄・長野線、信濃竹原駅

この駅の顔たる駅舎正面の出入り口を見た時、
古さから来る何ともいえない渋みに圧倒された。
それは、この駅が時代を生き抜いて、
なお、ここに居る事を
私に語り掛けてきているかのようだった。

(長野電鉄・長野線、信濃竹原駅)
※関連ページ:古く美しき駅舎信濃竹原駅訪問記


No.9

南海・高野線汐見橋支線、西天下茶屋駅

この駅で降り立ち、最初に目にした光景は、
民家に囲まれた、行き止まりの小さな空間だった。
駅と繋がった生活の息吹が漂う空間を眼前にし、
異空間に降り立ったような不思議な気分を覚えた。

(南海高野線汐見橋支線、西天下茶屋駅)


No.10

JR北海道・石北本線、西女満別駅

そう言えば、さっきまでは、
雲の上に居たんだなあ…

(JR北海道・石北本線、西女満別駅)
※関連ページ:駅紀行、西女満別駅訪問記