駅の枯池(+池庭)

駅舎に寄り添うように…
駅の片隅にひっそりと…
日本全国の駅を巡る旅で見つけた、駅の中の池のあるミニ庭園、またはその遺構、つれづれ。


ゆいレール本社敷地内

 沖縄旅行の最終日、旧海軍壕を見た後、タクシーで那覇空港に向かった。しかしすぐに空港に入らず、その手前にある「ゆいレール」こと沖縄都市モノレールの本社敷地内に入った。車両基地もある同社の中枢だが、、その中に、ゆいレールの資料などを展示した「ゆいレール展示館」があり一般公開されている。フライトまでまだ時間があったので、ちょっと立ち寄ってみた。

 見終わって空港ターミナルビルまで歩き始めた。正門が見え、敷地の外に出ようかという頃、右手側に何と池が造られているのを発見! ゆいレール本社敷地内の池庭。

 池の背後がこんもりと盛り上がり、崖のようにごつごつした岩が組まれているのが印象的だ。周囲には木々が植えられ、池の右側には遊歩道のような階段が組まれていた。ゆとりある敷地を上手く利用した野趣溢れる雰囲気だ。もしかしたら回遊できたのかもしれない...。今思えばもっと色々見ておけば良かったが、雨が酷く観察意欲が削がれてしまった。次回には是非...。

だけど、ほとんどの人には車で通り過ぎてしまうだろう場所に、よくこんな池を造ったものだ。

ゆいレール本社正門。シーサー飾られる。

 ゆいレール本社正門。両脇に魔除けのシーサーが飾られているのが沖縄らしい。この門の左側の裏に、池庭がある。

ゆいレール展示館、小荷物扱い窓口の看板など展示品。

 ゆいレール展示館は、ゆいレールの資料はもちろん、一個人の方が寄贈した古い鉄道用品など、小さいながらも展示は充実していて、とても楽しめた。那覇空港から徒歩10分程度なので、帰りのフライトの前など、ちょっと時間を作って訪問してみるのがおすすめ。


[2013年2月訪問](沖縄県那覇市)