小野屋駅、木造駅舎と池庭のある風景(JR九州・久大本線)

木造駅舎、丸ポスト、池庭...、懐かしい駅風景が残るJR久大本線・小野屋駅、

 久大本線の大分県内にある小野屋駅は、木の質感が露わな素朴な木造駅舎が現役で、出入口の横には丸ポスト、そしてその横には、植込みのあるちょっとした庭園風の造りがなされている空間があった。

⇒続きを読む: 小野屋駅、木造駅舎と池庭のある風景(JR九州・久大本線)

石原町駅 (JR九州・日田彦山線)~駅の1ページを秘かに伝える池庭跡~

 日田彦山線の石原町駅で下車してみた。かなりリニューアルされてはいるが、同線の採銅所駅と共通デザインの木造駅舎が残っていると聞いていた。

 駅舎正面の駐車スペースの片隅に、燈篭がある緑豊かな一角があった。まさかと思い見に行くと、やはり枯れ池だった。いつものように観察を始めると、とんでもない枯池という事に気付き驚かされた。訪問駅で駅に残る廃れた池庭跡こと枯池を発見すると、大いに魅かれるのは変わらないが、さすがに100池近くも見いると大きく驚かされる事は少なくなってきた。しかし石原町駅の枯池には久し振りに仰天させられ、しかもこれまでのトップクラスのインパクトだった。 JR九州・日田彦山線、石原町駅の枯池

⇒続きを読む: 石原町駅 (JR九州・日田彦山線)~駅の1ページを秘かに伝える池庭跡~

採銅所駅(JR九州・日田彦山線)

 日田彦山線の採銅所駅は約5年振り2度目の訪問となる。前回は駅の池庭に全く興味が無いながらも、駅前に池があったのを不思議とよく覚えていた。なので、再訪にあたり池をもっとじっくり観察したいと思っていた。

 だが、駅前を探しても池は見当たらなかった。私の記憶の中では、特に意識しなくても目に付く目立つものだった筈だ...。駅前にあるロータリーの中の植込みがどうもあやしい。しかし、深さが無く池跡には見えなかった。それに目立つといっても、ロータリー程の大きさでもなかったような...。

 どうも解らず、たまたま駅にいた地元の人に聞いてみた。すると...

⇒続きを読む: 採銅所駅(JR九州・日田彦山線)

池尻駅(JR九州・日田彦山線)

JR九州・日田彦山線、池尻駅の枯池

 日田彦山線の池尻駅に列車が停車した時、枯池があるのを発見した。木造駅舎が取り壊され更地となった中にポツンと残っているから、車内からでも余計に目に付きやすい。駅舎を取り壊した時に、何故いっしょに撤去しなかったのかと思うが、たいして邪魔にならなかったので、手をつけなかったのだろう。

⇒続きを読む: 池尻駅(JR九州・日田彦山線)

夜明駅(JR九州・久大本線、日田彦山線)

 筑後川沿いの集落の中にある夜明駅は久大本線と日田彦山線の分岐駅だ。約5年前に訪れた事があるが、もっと木造駅舎をじっくり見たくて再訪となった。

 駅舎内の待合室で、何気に窓の外に目を遣ると...、枯池があった。5年前と言えば、駅に興味を持った初期の頃で、あれこれ観察するという事もなかった。なので、枯池はおろか、駅舎の影にあるこの枯池を見つける事ができなかったのだろう。

JR九州・久大本線・日田彦山線、夜明駅の枯池

⇒続きを読む: 夜明駅(JR九州・久大本線、日田彦山線)